赤福氷の販売開始予定日と食べられる店舗は?中には赤福餅が入っているのか!?【三重県伊勢】

d624dabfecc7ef3842e572b2dc6c77c5_s

 

「赤福氷」をおすすめな理由

有名な伊勢名物のお菓子「赤福餅」が中に入った、ぜいたくなかき氷です。夏期限定で赤福のお店や百貨店で提供され、粒が細かい山盛りの氷の上に、涼し気な緑色の抹茶の蜜(シロップ)がかかっています。

かき氷をスイーツとして認識していませんでしたが、夫と夏に伊勢に参拝に行った時注文して以来、夏の涼を楽しむ上品な和菓子として親しむようになりました。

「赤福氷」の楽しみ方


View this post on Instagram

ι(`・-・´)/さん(@7945_i)がシェアした投稿

「赤福氷」は税込520円です。「名物赤ふく」と書かれたどんぶり椀に、山のように氷が盛られています。上からたっぷりの抹茶の蜜がかけられていて、氷や赤福餅を食べやすいスプーンがささっています。

赤福餅はお餅の上に餡が乗っていますが、赤福氷は餡とお餅が別々に氷の中に入っています。通常の赤福餅が入っているのではなく、氷に合うように風味やかたさが調整されています。

抹茶のシロップと餡が邪魔し合わないように絶妙にマッチしていて、氷やお餅も一緒に食べるのがおすすめです。

フレーバー・メニュー

赤福氷は抹茶味のシロップがかかっている一種類のみです。赤福には赤福頃い以外にも涼を楽しむ和菓子として、春や夏限定商品として「冷やしぜんざい」もあります。

冷やされたこしあんに、赤福餅と粒の大きな小豆が入っていて、同じく520円です。「赤福氷」は赤福の店舗まで行かなくても百貨店などで提供されることがありますが、ぜんざいは五十鈴川店など四店舗のみの提供です。

「赤福氷」販売開始予定日と食べられる店舗

お伊勢さん周辺にある赤福の店舗で、飲食スペースがあるお店のみで頂けます。大阪など他府県でも、百貨店などで赤福の飲食スペースが設けられている店舗では、夏季限定で提供されることがあります。

赤福のホームページの店舗案内で、「お召し上がり」と表記されているお店は、赤福氷を店内で食べることができます。

「赤福本店」の基本情報

店舗名:赤福本店
住所:三重県伊勢市宇治中之切町26番地
電話:0596-22-7000
営業時間:午前5時~午後5時(繁忙期時間変更有)
全国の赤福:店舗案内はこちら
「赤福氷」の販売開始予定日はこちら

『赤福本店』の場所

 

 

「赤福本店」のもてなし


View this post on Instagram

ひろにゃんさん(@hiro_or1h)がシェアした投稿

伊勢市の赤福本店の店先で「赤福氷」を注文しました。お店の雰囲気は、和服(着物)を着こなした女性店員さんがこまやかにお店に目を通しながら動かれています。何を注文しようか迷っている私達の横にも来られ、「ご注文はお決まりですか」と、座って目線を同じにしながら、笑顔で声をかけてくれました。

「赤福氷」が気になるけれど、これは抹茶のシロップがかかっているだけなのですか、などと質問すると、中にあんこやお餅が入っていることを丁寧に答えてくださいました。

結構ボリュームがあるので、2人で1つ頼んでみるのも良いかもしれない、と言って頂き、赤福氷と赤福餅の2個セットを注文しました。接客の良さはまさに日本の「おもてなし」の精神を表わしているなと思いました。

海外からのお客さんも多いと思うので、こうしたお店がお伊勢さんの名物で良かったと、何度行っても好印象を抱いています。

一番おいしかったもの

やはり「赤福氷」がおいしかったです。そこまで暑い日ではなかったですが、せっかくお伊勢さんまで来たので、赤福餅を食べて行こうと夫婦で決めていました。

定番の赤福餅が2つ、1皿に乗っているものを注文しようと思いましたが、思いがけず赤福氷が目に入り頼んでみたところ、見た目のインパクトも強く、お餅と餡も氷にマッチしていてファンになりました。

抹茶シロップもべちゃっとしておらず程よく甘く、最後まで氷にほんのり味が染みていました。

「赤福氷」を食べに連れて行った家族の感想

夫と二人でお伊勢さんにお参りに行った際に頂きました。夫は「かき氷はただの氷に甘いシロップをかけただけだから、お金を出していただくものではない」という持論を持っていましたが、「赤福氷」の表記を見て珍しく思ったようで注文しました。

あんこが大好きな夫なので、「赤福餅がかき氷になったらどんな味がするんだろう」と、どのあたりからお餅が出てくるのかと、わくわくしながらかき氷を崩してパクパク食べていました。

お馴染みの餡が出てきたとき、氷と抹茶と一緒にほおばって「あ!これおいしい!」と言っていました。お餅も白玉のようではなくしっかりとのびてもちもちしていて、「かき氷はスイーツだったんだなぁ」と感心していました。

さいごに


View this post on Instagram

ひろさん(@hirohiro_415)がシェアした投稿

赤福餅は幼いころから、関西に住む人にとってはなじみのあるお菓子です。 あんこはあまり好きではない私ですが、赤福餅だけは専用の木製スプーンですくって食べるのが大好きです。

それだけに赤福氷という、赤福を使った和菓子にバリエーションがあると知った時は驚きました。 抹茶のお菓子は大好きで、しかも赤福まで入っていて520円というのは、コスパもかなり良いと感じます。

クリームなど余計な物は乗っておらず、日本の和菓子のおいしさが追及されていて、氷と餡のバランスも本当に良く考えられているなと思います。 夏に伊勢に参った際は、楽しみの一つとして考えてよいスイーツだと思います。

 

スポンサー広告