赤ずきんちゃんのおもしろ農園でいちご狩りは練乳いらず!アクセス・予約方法【静岡県】

a7b63c0eedbccc505f8fdb7da2fe55b6_s

 

イチゴの産地、静岡県西部の掛川市の海沿いで甘いイチゴをたっぷりいただけるイチゴ狩り農園をご紹介します。

静岡県掛川市の海沿いを走る国道150号線には、イチゴ狩り農園や、イチゴの直売所が立ち並んでいます。我が家では、イチゴロードとか、イチゴ街と呼んでいます。その中でも、イチゴをかぶった女の子の看板が目を引く、「赤ずきんちゃんのおもしろ農園」さんにお邪魔してきました。


View this post on Instagram

nanakoさん(@nana775co)がシェアした投稿

イチゴロードとは

とにかくイチゴ農家さんが多いです。イチゴ狩り体験のできる農園目白押し。これだけ農園あれば、どこかいけるでしょ、と少人数でフラッといきなりのイチゴ狩りを楽しんだことも何度か。(確実に楽しみたい方は必ず予約です!)

紅ほっぺという品種が一番多い印象ですが、農園によってはほかの品種もいただけることがあるようです。 近くには、温水プールと、日帰り入浴のできる大東温泉シートピアもありますので、イチゴ狩りのあとゆっくり休むこともできますよ。

「赤ずきんちゃんのおもしろ農園」の基本情報

施設名:赤ずきんちゃんのおもしろ農園
住所:静岡県掛川市大渕1456-320
電話:0537-48-6350
開催期間:例年12月頃〜5月下旬(2018-2019シーズンは、2018年12月1日から2019年5月31日)
営業時間:8:30~18:00
休園日:年中無休

『赤ずきんちゃんのおもしろ農園』の場所

東名高速菊川インターから約50分、車でのアクセスが便利なところです。無料駐車場が130台もあります。

「赤ずきんちゃんのおもしろ農園」のシステムと料金


View this post on Instagram

たけもとなぎささん(@na___0317)がシェアした投稿

イチゴを摘み放題、食べ放題の時間は40分。お値段はシーズンの最初が一番高くて1850円、だんだん下がってシーズン終盤は1200円(小学生以下の幼児、70歳以上の高齢の方には割引が適用されます)摘んだものは、その場で食べるだけで持ち帰りはできませんが、売店に箱に入ったピカピカのイチゴが売られているのでお土産もばっちりです。

予約方法

電話、メール、前日までのオンラインチケット予約があり、私たちはオンラインで予約していきました。決済はオンラインでカード決済できましたので、現地ではスマホの画面を見せただけでらくちんでした。空きがあれば当日予約も行けるそうですし、予約なしで突撃してもイチゴがあれば入園は可能だそうです。でも、確実に食べたければ事前に予約がイチバンですね。

「バンパイヤナイト」!?

「赤ずきんちゃんのおもしろ農園」は年中無休、いつきても楽しめる  仲良し大人女子三人組の私たちは、春真っ盛りの週末のお昼過ぎに伺いましたが、ナイト営業もあるようです。10名以上完全予約制のようですが、料金は通常料金と変わらず

「赤ずきんちゃんのおもしろ農園」に訪れた季節は、3 月末の週末

サクラもきれいな時期で、農園に向かうまでにすでにお花見気分。お客さんは他にも何組もいらっしゃいましたが、農園がとても広いためか、混雑してる!という印象はありませんでした。春爛漫のイチゴ狩りが楽しめました。

 

 

「赤ずきんちゃんのおもしろ農園」のイチゴ狩りを楽しむために


View this post on Instagram

Chisato Terada Suzukiさん(@tera.chisa)がシェアした投稿

受付と案内はスムーズ? 〜メルヘンな温室で40分!〜

駐車場での駐車もスムーズ。受付をすませて、案内の地図(何せ広いんです)とコンデンスミルクの入った容器をもらい、温室へ。温室には、「あかずきんちゃん」と「かかりゅうど」とか、メルヘンな名前がついています。

温室前で係の人につんでいいところとイチゴの摘み方、時間について教えてもらいます。時間は40分です、特にお声掛けしませんが自分たちで時計見てでてきてね、という説明を受けました。おおらかです。

イチゴの品種は?味はどう? 〜ミルクに負けず濃い!〜

今回いただいたイチゴの品種は紅ほっぺです。へたの下まで真っ赤に売れたイチゴの甘いこと!これは市場流通してスーパーなどで買うイチゴとは全く違います!

コンデンスミルクなんていらない、イチゴだけで甘い!と食べ進めていきましたが、ミルクをつけてもミルクに負けない甘味、酸味、香り。味の薄いフルーツなら、濃厚なコンデンスミルクに負けて、ミルクの味しかしなくなるのでしょうが、ここのイチゴの力はすごい!ミルクをつけたりつけなかったり、味の違いを楽しみながら夢中でイチゴをほおばりました。

温室にミツバチ!? 〜安心してください〜

イチゴのかわいい花もたくさん咲いていて、これまたかわいいミツバチさんが受粉を助けいます。温室のところどころにミツバチの巣箱が置かれています。脅かしたり、刺激したりしなければ危険な生き物ではありません

お花の中でダンスしたりして結構面白い虫です。おしゃべりししながらイチゴを夢中で食べ、40分が終了。夢のようなひとときでした。

お土産は?休憩場所はある? 〜気になるカフェ〜

売店には、お土産用のイチゴが箱に入って売られています。遠方の友人は、家族のためにお土産イチゴを買っていました。カフェも気になりましたが…とにかく今はイチゴでお腹いっぱいと満足。

軽食のいただけるカフェも営業しているのに、食事の持ち込みもOKというおおらかさ。…でも、私はお腹にごはん食べる隙間があるならイチゴを詰めたい!と思いました。

「赤ずきんちゃんのおもしろ農園」のイチゴ以外のフルーツ狩りは?


View this post on Instagram

赤堀和博 Kazuhiro Akahoriさん(@hiroaka610)がシェアした投稿

シーズンごとに来るたび違う楽しみ方のできる農園です。いちごのほかに、メロン、スイカ、ブルーベリーなどがサイトで紹介されていました。台風や、天候の影響で作物が少ないこともあるようで、体験したい場合は事前にサイトをチェックするといいと思います。

さいごに


View this post on Instagram

midorinookaさん(@midorinookanihikaru)がシェアした投稿

おいしいイチゴをお腹いっぱいいただける素敵な農園です。イチゴのシーズンオフには、メロンもぎにも挑戦したい!周辺にもイチゴ農園がたくさん、行くたびいろいろなところにお邪魔して楽しむのもいいと思います。