ANGELINA(アンジェリーナ)の”モンブラン”手土産にもぴったり濃厚フレンチマロン

31453

マロニエゲート銀座1階にパティスリーのショップがあります。以前は2階にカフェがありましたが、残念なことに昨年末でクローズとなってしまいました。

「ANGELINA・モンブラン」のおススメの理由

日本人が大好きなモンブランの原型になったのが、こちらの”モンブラン”です。フランス産の濃厚なマロンペーストが素晴らしく密度の濃いどっしりとした味わいなのですが、それを支えるベースの部分が真っ白でさっくりとしたメレンゲ、真ん中にこれもまた軽いのに濃厚なミルクの風味豊かなクリームが入っています。一度食べたら忘れられない贅沢な風味で、他のモンブランが食べられなくなりました。

店舗名:ANGELINA
住所:マロニエゲート銀座1階
電話:03-6228-7118
営業時間:11:00〜21:00
『マロニエゲート銀座1階』の場所

「ANGELINA」の歴史


View this post on Instagram

@yukoushi1105がシェアした投稿

パリにある「ANGELINA」のお店は、日本人にも大人気なのだそうです。このモンブランは、こちらのパティシエさんが1903年に作り始めたレシピを忠実に守って、伝統の味を守っているのです。

奇跡のレベルともいえるその味は、日本に伝わったモンブランの原型ともいわれており、日本人好みのケーキのオリジナルバージョンであると言われています。

それがなぜ、日本でもずっと愛されていたのか、というと、この「マロニエゲート銀座」が、かつてダイエーが経営していた「プランタン銀座」というデパートだったことに起因します。

プランタン銀座あゆみ

もともとフランスの百貨店であり、そこと提携して日本にフランスの文化を持ち込むことを目的に作られた店舗でした。そこが開店した1984年にANGELINAのティールームができ、日本がバブル景気で上り調子だったころには、デミサイズのモンブランが1000個も売れたという伝説があったそうです。

また、”プランタン”が日本から撤退し資本が変わると発表された直後には「ANGELINAもなくなってしまうのではないか?!」と恐れたファンたちが押し寄せ、予約も取れないほどの混雑を見せていたのです。

残念ながら、そのカフェはマロニエゲートになっても存続はしたものの、昨年末にクローズしてしまったのです。それはとても残念なことでしたが、ファンは、今では一階にあるショップでモンブランを買い求めることができるだけでも嬉しい、と思っています。

 

 

「ANGELINA・モンブラン」とは


View this post on Instagram

かすたーどさん(@kasutado1197)がシェアした投稿

「モンブラン」のフレーバー

モンブランは、通年で食べられるオリジナルのモンブラン、季節限定、マンスリーなど、時期によっても品ぞろえが様々です。ちなみに、4月限定販売のマンスリーモンブランはマロンペーストに、はちみつを練り込んだ風味豊かで甘みの強い”ハチミツモンブラン”。もう一つのトピックスになっているのが”苺のホワイトモンブラン”です。

こちらは日本独自のレシピと思われ、内側に大粒の苺をひとつ、まるでイチゴ大福のように、ホワイトチョコレート、白餡、栗ペーストをミックスしたペーストで丸ごと包み込んだ、冬季限定の逸品です。

他にも抹茶やチョコレートなど、その折々に美味しいラインナップがありますので、デミサイズでトライしてお気に入りを見つけるのも良いでしょう。

「モンブラン」のサイズと価格

オリジナルのモンブランには二種類のサイズが存在するのです。その違いは”オリジナルサイズ”と呼ばれる,男性のげんこつくらいのサイズの大きめのものと、”デミサイズ”と呼ばれるその半分のもの。

大きめのオリジナルサイズは、女性にはちょっとヘヴィなボリュームで、人によっては食べ切れない大きさです。そこで、日本で発売された当初から、”デミサイズ”が販売されるようになり、大好評だったそうです。オ

リジナルのテイストのモンブランだけでなく、季節限定やスペシャルなマンスリーのレシピのものは殆どがデミサイズで提供されているのですが、一つに絞って選べなくても、二つなら食べられる、という人もいて、今なお好評なのです。

価格はオリジナルサイズが810円、デミサイズや季節限定のものが500円と少々お高めですが、他のお店のモンブランを二つ食べるなら、こちらを選ぶ、と思えるほどの至福のお味です。

絶対食べてほしいフレーバー


View this post on Instagram

Harumi💖さん(@haru_run_114)がシェアした投稿

季節限定は、上記のような”苺のホワイトモンブラン”のように、その季節を象徴するものをレシピに取り入れていますが、毎年「これは是非食べたい!」と思うのが桜のモンブランです。

サクラが満開になる3月末頃まで提供されているものですが、うっすらと淡いピンクに彩られたその風情も美しいだけでなく、馥郁とした桜のふんわりとした香りがとても日本的で美味しくいただける逸品です。

デミサイズなので、こちらで買い求めてからお花見に持っていっても喜ばれるおやつになりますね。季節的にも温かい紅茶(少し濃いめのストレートティー)がぴったりです。

さいごに


View this post on Instagram

@hitopi.sがシェアした投稿

このANGELINA、モンブランが好き!という人にお勧めしてはずした事がありません。日本のモンブランに比べて濃厚なので、人によっては苦手になるかな?と思ったのですが、その甘みと風味の絶妙なバランスのおかげか、どなたにも大好評でした。

ティールームがなくなって、トライしづらいかなともおもいましたが。興味のあるかたは是非立ち寄って、一つ召し上がっていただきたいですね。