アンティークのマジカルチョコリングは冷凍保存できる?気になるカロリーと値段

817442833a5a84fc24591e889e56700b_s

 

はじめに

よく利用するお土産は、ANTIQUE(アンティーク)のマジカルチョコリングです。くるっと円型に成形された大きなリング状のデニッシュパンです。大きな見た目通りボリュームがあり、中にはぎっしりと、ローストされたクルミとチョコチップが入っています。

「マジカルチョコリング」基本情報

店舗名:HEART BREAD ANTIQUE堺鉄砲町店
住所:大阪府堺市堺区鉄砲町1番地 イオンモール堺鉄砲町店1F
電話:072-275-6552

『マジカルチョコリング』の場所

「マジカルチョコリング」の魅力


この投稿をInstagramで見る

Ryou👩さん(@noa_ke)がシェアした投稿


しっとりしながらサクサクなパン生地で、チョコも贅沢に入っているので、パン好きにもケーキなどの洋菓子好きの人にも喜ばれるお土産です。

アンティークの店舗も不思議の国のアリスを思わせる内装で、包装紙も目を引く可愛らしさがあります。可愛いものが好き、不思議の国のアリスの世界観が好きな人には特におすすめです。

値段

税込634円:直径18センチのMサイズ。(公式サイトに価格が掲載されていないので、店舗により価格帯が違うようです)

カロリー

Mサイズで約1544Kcal、Sサイズで約1040Kcal

「マジカルチョコリング」が食べられる店舗

関東から関西、北海道まで店舗があり、どのお店でも看板商品であるマジカルチョコリングは販売されています。大阪に住む私がよく食べに行くのは、イオン堺鉄砲町店内にあるアンティークのお店です。540円でパン食べ放題のモーニングを実施しているので、小さくカットされたマジカルチョコリングを満足するまで味わうことができます。

チョコリング以外にも、とろりとしたチーズが入っているリングなど、アレンジ商品も食べ放題に並んでいて、購入して帰ることもできます。

また、イオン堺鉄砲町店はおむつ台や授乳室が充実しているので、子連れで入店するのもおすすめです。 若干店内は狭いですが、イスを1席どけてもらい、ベビーカーで入店させてもらったこともあります。

 

 

「マジカルチョコリング」家庭で作るレシピ

マジカルチョコリング風なデニッシュリングパンの作り方が、クックパッドなどに紹介されています。

〇バン生地の材料…強力粉150g、薄力粉50g、バター20g、塩少々、砂糖20g、ドライイースト小さじ1、スキムミルク大さじ1、溶かした卵25g、お湯60㏄

〇中のチョコやクルミの材料…バター80g、クルミ20g、チョコ100ほど

〇作り方…ボウルにバン生地の材料を全部入れて、ドライイースト部分にお湯を振りかける。

生地を練らずにヘラで切るように混ぜ合わせ、そぼろのような状態にする。 生地がまとまってきたら手で板などに打ち、一つに丸める。 ラップをかけた状態で、ボウルに入れた生地を40度くらいで30分ほど発酵させる。

発酵させつつ中のチョコとクルミの生地を作る。

チョコとクルミ生地用のバターをのばし、冷蔵庫冷やしておく。 チョコとクルミを適当な大きさに砕く。 30分発酵させた生地を綿棒で、バター生地の倍の長さになるように伸ばす。

伸ばした生地を3つ折りにして冷蔵庫で冷やし、とりだして再度折るのを繰り返す。 長く伸ばした生地の真ん中に縦に長く、クルミとチョコを置いていく。 生地の両側からチョコとクルミを包むようにして、包んだ面を下にしてシフォンケーキ型に円型にはめこむ。 型にはめたままラップをして、冷蔵庫で30分ほど冷やす。

冷蔵庫から取り出し、ラップをしたまま1時間ほど、倍くらいの大きさに膨らむまで発酵させる。 パン生地の表面に余っていた卵液をぬり、つやをだす。 230度に予熱しておいたオーブンを、200度にして20分焼き上げる。

「マジカルチョコリング」保存方法


この投稿をInstagramで見る

久兵衛さん(@colun3804)がシェアした投稿

常温でその日のうちに食べるのがおススメですが、夏場はラップなどに包んで冷蔵保存しましょう。 中のチョコが溶けてしまうので、春や秋でも日光が入り温度が上がる車などでも、早めに食べたほうが良いです。

賞味期限

賞味期限は3日ですが、夏場は中のチョコが常温だと溶けてしまうので、当日中が良いです。 涼しい季節でもデニッシュ生地に使われているバターの油が回って風味が損なわれてしまうので、なるべく早く食べたほうが良いです。

冷凍保存方法

冷凍保存する方法については公式サイトに表記はありませんが、ボリュームがあるので、食べきれない分を冷凍した経験のある人も多いです。余った分をラップをして冷凍するのが一般的ですが、解凍時にレンジで温めるだけでは、中のチョコは硬くなっても美味しいけど、外側の生地が固くなってしまったままになります。

解凍する際はレンジで温め、さらにトースターで焼くと、表面の生地が解凍してべちゃっと水っぽくなった感じが少し解消されるようです。 さらに中のチョコもとろりと、焼きチョコのようになります。

さいごに


この投稿をInstagramで見る

みゆきさん(@p1nk1sh0331)がシェアした投稿

お土産をアレンジして美味しく食べる方法 看板商品であるマジカルチョコリングは、季節によって抹茶味のチョコリングなど、店舗でアレンジした商品が販売されています。

自宅でアレンジする際は、トースターで少し表面を焼いてジャムやはちみつを垂らすと、外側がパリッとしてなかがふわふわになり、パンケーキのような風味にもなります。