王子飛鳥山公園のあじさいの見ごろは?!モノレール「アスカルゴ」がおすすめ!

be584a3dea56ab0cf8e806d7df660634_s

東京都北区王子にある飛鳥山公園は、桜の名所として知られていると思います。実は、6月には綺麗なあじさいも見ることができるのです。駅からすぐなので、とても行きやすく、お子様連れやご高齢の方にもおすすめです。それでは、飛鳥山公園のおすすめスポットを紹介していきます。

飛鳥山公園の基本情報

開園時間 常時開園
入場料 無料
アクセス方法 ・JR京浜東北線 王子駅 中央口または南口 下車すぐ
・都電荒川線 飛鳥山または王子駅前 下車すぐ
・北区コミュニティバス Kバス 王子・駒込ルート「8」「20」飛鳥山公園 下車すぐ
駐車場は普通車21台

飛鳥山公園あじさいの見どころは?

飛鳥山公園のあじさいは、公園の中ではなく公園横の線路沿いにある、「あじさいの小径」で見ることができます。アスファルトの道で駅近なので、気軽に行けるスポットです。

あじさいの小径は、王子駅横の約500m続く歩道です。約1300株のあじさいが植えられているそう。狭い歩道ですが、あまり知られていないのか週末でもあまり混雑していないので、比較的ゆったり近くで見ることができます。

あじさいの見ごろは6月上旬

飛鳥山公園 あじさいの小径のあじさいは、6月中旬~7月初旬がみごろです。私が行ったのは6月の上旬で、残念ながらまだまだ満開ではありませんでした。ところどころ綺麗に咲いているあじさいがあったので、アップで写真を撮りました。満開のあじさいを眺めたかったですが、綺麗に咲いている一つ一つのあじさいをじっくり見るのもまたよいですね。

飛鳥山公園に行ったら、アスカルゴに乗ってみよう!

飛鳥山公園は、山頂からの眺めもおすすめです。歩いてでも行けますが、高齢者やベビーカー利用者でも気軽に登れるようにと、モノレール「アスカルゴ」という乗り物があります。こちらは、なんと無料で乗ることができるのです。乗車時間は約2分。アスカルゴが通るところにも、少しあじさいが咲いています。

乗り場は、王寺駅中央口を左に曲がると目の前に「飛鳥山公園入り口」があります。降りたところは、下りの乗り場にもなっています。あじさいの時期は、平日であれば、ほとんど並ばずに乗れます。

運転時間は午前10時から午後4時まで。運転日は、12月29日~1月3日を除く毎日。(ただし保守点検をする毎月第一木曜日は午前中運行休止です。)

アスカルゴを降りてすぐのところから、なんと新幹線が走るのを見ることができます。下を走る都電も見えるので、電車好きなお子さんにピッタリですね。公園内にはSLや都電の展示(中に入れます)、大きな遊具もありますよ。我が家は3歳の息子が一緒だったので、アスカルゴに電車に遊具に、おおはしゃぎでした。

テーブルとイスが置いてある場所もありますし、シートをひくスペースもたくさんあります。お弁当を持参して食べている人も多くみかけます。

鎌倉長谷寺の紫陽花の見ごろ・開花ははいつ?おすすめの撮影スポットはここ!

飛鳥山公園周辺のおいしいランチ

・TAGEN DINING CAFE

王子駅からすぐのフレンチのお店です。フレンチですが入りやすく、お値段もお手頃。おすすめはTAGEN セット。そのほか、食事だけではなく、デザートも魅力的です。

・ベーカリーカフェ 明治堂

JR王子駅北口から徒歩4分。(日曜日お休みなので注意!)1階がパンやさん、2階がカフェになっています。ここでパンを買って飛鳥山公園にいくのもよいですね。

・カレーハウス じゃんご

王子駅から徒歩2分。本格的なインドカレーを楽しめます。年季の入ったお店ですが評判はとてもよいです。ぜひ一度食べてみてください。

まとめ

飛鳥山公園は、あじさいを観に行くところとしては穴場スポットだと思いますが、みどころがたくさんある、おすすめの公園です。そこまで混雑していないのがうれしいポイントです。

山頂からの眺めも良いですし、足腰が不安だったりお子様連れの方でも気軽に登れる、「アスカルゴ」もあります。ぜひ、あじさいの季節にも足を運んでみてください。

紫陽花の花言葉には色によって怖い意味が?母の日に喜ばれる最適な色とは!

明月院のあじさいの見ごろは本堂後庭園が特別公開される6月がベスト!

あじさいで有名な長谷寺って奈良と鎌倉にありますがどちらが古い?関係と誕生秘話