東京ビーガングルメ祭りはベジタリアン以外でも楽しめる!野外ヨガは最高!

8384c464bc555a5127550e5bb99b3e38_s

毎年春と秋に東京で開催される菜食イベントです。開催場所は東京都江東区の木場公園です。駅から近く、大きな公園でなので場所も分かりやすいです。東京の他にも名古屋・京都でも開催されています。

東京ビーガングルメ祭り・基本情報

開催場所:東京都江東区江東区平野4-6-1 木場公園 /Kiba park ステージ広場一帯

開催日:2019年4月21日(日)

時間:AM10:00〜PM16:00

入場料:無料

全てが動物性のものを一切使わない屋台!

ベジタリアンやビーガンの人達は普段食事の前に、「これにはお肉入ってないか…」「卵や蜂蜜は使われていないか…」ととても気になってしまいます。このイベントでは、そういった心配なく食事が楽しめます!

情熱弁当さん(@chikara624)がシェアした投稿

ジャンクフードからスイーツ、衣服など!様々なジャンルの屋台が出店しています。どれも動物性のものを使用していないの、ベジ・ビーガン以外にもアレルギーがある人も楽しめるイベントです。

ayumisatoさん(@twinsbake_sendai)がシェアした投稿

『野菜が苦手でも楽しめる?』

情熱弁当さん(@chikara624)がシェアした投稿


私はビーガンなのですが、一緒に行った友人2人はお肉も魚も食べるし、一人は野菜嫌いな人です。ベジフィッシュバーガーが気になると言い、購入して食べてみるとびっくり!本当に魚介類使っていないの…?と思うくらいしっかりした味でした!

他にもタコの代わりにこんにゃくを使ったたこ焼きに、ビーガンチーズを使ったチーズをかけたフライドポテトなど!
普段からガッツリしたものを食べている人でも満足できるものばかりです。一緒に行った友人も驚いて、今では自分からこのお祭りに行きたいというようになりました。

子供でも楽しめる?


食べ物を取り扱っている屋台が多いので、「食べるのが好き!」という人なら大人でも子供でも楽しめます。甘いスイーツもあるので小さい子でも楽しめます!出店するお店もその都度変わるので、次はどんなお店がくるんだろう!とワクワクしてます。

✧✧さん(@hanako.veg)がシェアした投稿

食事以外のイベント

屋台の他にステージが用意されています。ビーガンの人たちのなんでビーガンになったか、どう生活しているのかなどを話してくれます。無料でお話しを聞けるので、少しでも興味がありましたらお話しを聞いてみてください!

ローソンで人気のバスチーは白金のチーズケーキ「ガスタ」の真似?

ヨガを体験できます!

Amiさん(@ayurveda.yoga.life)がシェアした投稿


野外でやるので、人の目が気になる…という人もいると思いますが、野外でのヨガはとても気持ちがいいです!食事だけでなく、体の内側から綺麗になれるので興味があれば参加してみることをお勧めします!

混雑状況

YUKIHIROさん(@yukky0ykkuy)がシェアした投稿


日本ではまだまだ知られていないし偏見のあるベジタリアン・ビーガン向けのイベントだからか、ベジ・ビーガンの人たちや興味がある人、たまたま通りかかった人が集まるので、混んでいます。公園は広いですが、人気の屋台の前などには行列ができます。

料理を提供する時間により、並ぶ時間は変わりますが、気になるお店には早めに並ぶことをお勧めします。
小さいお子様と行ってみたい!という人はちゃんと手を繋いであげてください!

ワンちゃんと一緒に来ている人も多くみかけました!人混みを怖がる子はかわいそうなので、連れてこない方がいいですが、そうでないなら公園をお散歩しつつお祭りを見て回ることも可能です。

食事を食べるスペースは?

私が見た限り、テーブルと椅子が用意されている食事スペースは見つかりませんでした。ですが、公園が広いので公園内のベンチやちょっとしたスペースで食事をすることが可能です。

少し疲れた時も、会場からすぐのベンチなどで休むこともできますし、少し離れれば人も少なくなるので人混みに疲れた時も安心です。

お土産として持ち帰れる?

ayako endoさん(@ayakoendo)がシェアした投稿


その場で食べ歩きするものも多いですが、ラッピングされていて、お土産として持ち帰れるものも多くあります。
パンやマフィンなどはラッピングされているものが多いので、お土産としていくつか買って帰りました。

出店ブースが変わるので、「このお店のこれがお勧め!」と思っても、次は出店しないなんてこともあります。
その時その時で買って帰れるお店を見て回るのもこのお祭りの楽しみの一つです!

まとめ

菜食主義の人でも、そうでない人でも!大人から子供まで、様々な人たちが楽しめるイベントです!打ち上げ花火や、ヨーヨー釣りのようなお祭りの際よく見かける屋台はありませんが、普段食べられないようなものや違う考えを持った人たちと出会うことのできるお祭りです。

駅から近く、とても広い公園なので、ブルーシートを持っていってピクニック気分でお祭りで購入したものを食べるのも楽しいかもしれません!是非、お友達や家族、菜食に興味がある人などと遊びに行ってみてください!

定額制サービスを提供する飲食店を東京で見つけよう!【サブスクリプション】

荻窪で話題の高級食パン専門店「どんだけ自己中」どんな味?値段は?

東京ラーメンショー2018レポ/36種類のどんぶりが饗宴!

スポンサー広告