バタフライピー 妊娠中と生理中に飲むのは NG!?神秘的な青いハーブティー

44f8885098997708977665f4282b6259_m

 

世界初!青いバラ!!を数十年前に見に行ったことがあり、私の記憶が確かならば、当時、正直、期待した青ではなかったことを覚えています。自然の青って希少なのかもしれません。

青い食品は思い当たらないですし、あったとしても食欲沸かない・・・涼しげだけれど、青いスイカや青い冷奴はム〜リ〜。
無くてよかったとさえ思う今日この頃と思いきや、ここ最近SNSを騒つかせている、青いハーブティーが話題とのことです。なぜ青い?その青の正体とは!?

バタフライピー とは


この投稿をInstagramで見る

ちよさん(@chiyoko_taira)がシェアした投稿

美しい群青色のような青い花を咲かせる熱帯アジアを原産としたマメ科の植物です。花の形が蝶々(チョウチョウ)に似ていることから「バタフライピー」といわれています。

また、タイでは「アンチャン」中国では「藍胡蝶(あいこちょう)」とも呼ばれています。タイやインドでは、古くから飲まれているお茶で、美容と健康維持のためにも親しまれているといわれています。

アンチエイジアリング効果のあるバタフライピーは、特に、美容大国であるタイの女性は、若い時から愛飲していると聞きます。アジアンビューティーは、バタフライピーのお茶で作られていると言っても過言でもはないかもしれません。

日本でも、珍しい青いお茶として、茶葉や粉茶、ティーバッグとして販売されるようになりました。

バタフライピー 青色に変わる正体

「バタフライピー」の青色の色素は、ブルーベリーやブドウ、ゴマ、チョコレート赤紫蘇などにも含まれているものと同じ、ポリフェノールの一種であるアントシアニンが成分です

実は、バタフライピーのアントシアニンの含有量は、ブルーベリーよりも多いといわれています。

アントシアニンに期待できる効果は、メディアでも多く取り上げられている、眼精疲労改善、白髪や抜け毛予防、抗酸化作用、コレステロール減少、血圧低下などの効果が期待できます。

バタフライピー お茶&カクテル


この投稿をInstagramで見る

あいりさん(@l29lamarose)がシェアした投稿

ハーブティーのように茶葉、ティーバッグとして販売されています。茶葉に熱湯を注げば、あ〜ら不思議。青いお茶が!できれば、ガラス製のグラスかポットがおススメです。

ホットでも氷を入れてアイスでもどちらでも OK です。製品によっては、飲みにくさを感じる場合は、アガベジロップやハチミツなどの甘味料を入れることで美味しく飲めます。

レモンやライムなど柑橘系の果汁を入れることで、紫色に早変わりです!ですので、サワーやカクテルなどアルコールにも使用されています。

また、世界に愛されているフランスを代表するノンアルコールシロップのブランド「MONIN(モナン)」にも、バタフライピーのシロップがあり、カクテル作りに利用されています。自宅にも 1 本用意しておくことで、デザートや今ブームのモクテルにも活躍できそうです。

 

 

バタフライピー 妊娠中と生理中に飲むのは NG?

青いドリンクや派手なカラーの食品や飲料はカラダに良くない・・・というイメージがつきものです。

「バタフライピー」は、妊娠中や整理中は飲まないほうがいいといわれています。人口的に色を付けたわけでもないのに?ノンカフェインなのに?バーブティーだから逆に良さそうなんだけど・・・と思う人も多いかと思います。

「バタフライピー」には、「子宮収縮作用」「血小板機能を抑制」する作用があるといわれており、子宮収縮作用は、妊娠初期に起こると流産のリスクが高まります。血が止まりにくくなれば、出血が多い生理中は控えた方がベストです。

もちろん、妊娠中でも生理中でもなくても、飲み過ぎはNGです。また、ハーブティーは体調よりメリット・デメリット作用がありますので、よく作用や効果を知った上で飲用するよう心がけましょう。

バタフライピー お茶いろいろ

ガーデンティー レモングラスバタフライピー
さわやかな香りのレモングラスに、鮮やかな青色が特徴の乾燥させたバタフライピー(マメ科の植物)の花を加えたハーブティーです。レモン、ライムなど酸性のものを加えると色がピンクに変化するので、夏場は水出しで爽やかに飲んでも。ホチキス、紐なしタイプのティーバックです。
参考価格:販売価格:378円(税込)

バタフライピー 青いお茶 ハーブティー ティーバッグタイプ 2g×8個入り 2袋セット
「青いお茶」ブルーハーブ バタフライ・ピー(蝶豆、チョウマメ、クリトリア・テルナテア)タイ語でアンチャンは、アントシアニンが豊富な無添加、ノンカフェイン(カフェインレス)のフラワーハーブティーです。
参考価格:1,542円 (税込)

オーガニックバタフライピー 50g
タイ原産の茶葉ですが、日本の品質にこだわり、京都の老舗お茶工場で再度温風乾燥、裁断、袋詰めなどを丁寧に行っております。乾燥させたバタフライピーを日本品質の工場で特殊加工を行うことで、美しさのための栄養成分を高濃度にたっぷり含んだバタフライピーを実現しております。
参考価格:1,670 円(税込)

バタフライピー 口コミ

https://twitter.com/S6catLV_Kinak03/status/1150049557020983296

まとめ

日本はこれほどまでに飽食の大国なのに、青いお茶がなかったなんて・・・あったけれど、需要がなくて広がらなかったのかもしれません。青といえば、かき氷のブルーハワイくらいで、これも人口着色料の青いです。最近、青いソフトクリームやアイスクリームが登場しBB(ブルーブーム)です。これも、SNSの時代ならではのことかもしれませんね。

 

スポンサー広告