デカトロンとワークマンの違いは?ケシュアのワンコインバッグが人気に!

fcbf1b2fb2f921b5b10f1702d5dce8fd_s

デカトロンとはフランス生まれのスポーツ・アウトドアブランドです。フランス国内だけでなく、世界中に店舗を展開しています。
以前フランスに住んでいた際、良く利用しました。

いつ行っても人が多く混雑していて、フランス人にとってはかなり馴染みのあるブランドです。スポーツ用品を買いに行こうとなればまず一番に足を運ぶ店がデカトロン、といってもいいでしょう。

デカトロンとワークマンの違い

J.Qさん(@hotchpotch.shoobedoobedoo)がシェアした投稿


日本で機能性のある商品を扱っていると言えば、ワークマンが最近その高い品質と手ごろな値段で注目と評価をされています。

ワークマンは作業着が主ですが、アウトドアに対応する商品を発表しています。ワークマンは「服」なのに対して、デカトロンの強みは「スポーツに特化」し、ウエアアから用品まで「必要な物が一つの店で取り揃えられる」「初心者から上級者まで幅広い層に対応している」点だと思います。

健康、体を鍛える事に注目が集まっている今、運動したいけど何から始めていいかわからない、といった方もいらっしゃると思います。そういった方もデカトロンでアドバイスを受けて一歩を踏み出セルかもしれません。

また、スポーツ用品と言っても、先に紹介したマイクロファイバータオルのように生活の一部として使える商品もあります。一度覗いてみる価値のあるブランドだと思います。

デカトロン多岐にわたる商品展開

デカトロンは、多岐に渡るスポーツ毎に詳細に商品を展開しています。

キャンプ用品

例えば、キャンプ用品でしたら、大きさ、耐久性、重さなど顧客がそれぞれのニーズに合わせて選べるように数タイプのテントを販売、店舗内に商品を設置時の状態で展開し、顧客が実際に使用する際のイメージを浮かべながら選べるようになっています。キャンプに必要な折り畳み椅子や寝袋、枕などもあります。

トレッキング用品

トレッキングなどの場合は、冬であれば防寒着(どの程度の寒さに対応するかの説明が商品の横にありました。)から、歩行を補助する杖、リュック、日差しから目を守るサングラス、トレッキング用シューズ、ウエアなど。私はフィットネス系の商品を主に購入していました。

フィットネス用品

玉井広美さん(@heroine224)がシェアした投稿


フィットネス分野では、ウエアやシューズ、タオルから、家庭で気軽に始められるダンベル(500グラム程度から重いものと10キロ以上の物まで)やトレーニングチューブ、ヨガマットなどの小物類から、ランニングマシン、懸垂マシンなど大型の設備までラインナップしています。

また、手袋やベルトといったジムで使う小物類、またプロテインやプロテインバーなどの補助食品、日々の生活のリズムを刻む時計など、何か必要な物がある時はまず、デカトロンに行き、そして必ず欲しい物が見つかる、という感じでした。

デカトロンの人気一つはそういった商品の品揃えの良さだと思います。「スポーツ」、と一言で言っても多岐に渡りますが、そのそれぞれのスポーツに対して細かいところまで品揃えが行き届いています。

初心者から上級者まで

Ryo_Yonemoriさん(@ryo_yonemori)がシェアした投稿


その人の運動レベルに合わせて初心者から上級者まで、大人、男性、女性、子供を問わず、個人のニーズに合わせた商品を選ぶことができます。

まさに、「デカトロン来れば全て揃えられる」と言っても過言ではない程の豊富な品揃えです。

オリジナルブランド展開

もう一つのデカトロンの特徴は、オリジナルブランドの商品の多さとその手頃な価格だと思います。ウエアは、例えばスパッツでしたら、7分丈、10分丈など長さの違うものが数種類、サイズも商品によってXSからXL、またはそれよりも細かいサイズ展開となっています。

オリジナルブランドだからと言ってただ安い商品だけという事ではなく、デザイン性の高い商品や機能性の高い商品(速乾性がある、保温性が高いなど)もあります。

オリジナル商品はウエアだけではありません。小物類や運動用具など多岐に渡ります。ここでお勧めの商品を2点、ご紹介します。

340円のリュック


一つ目は、オリジナルリュックです。日本のインターネットサイトで見ると、340円という驚きの値段です。340円ですが、容量は10リットルと結構ありますし、何といっても軽く、コンパクトに畳んで旅行などの際にバッグに入れて持ち運んでもかさばらないサイズがいいです。

フランスで背負っている人を見かけたことがあります。小ぶりなリュックで背中にフィットしているな、という印象で、普段の通勤に利用している人を見かけたこともあります。

マイクロファイバータオル

二つ目は、マイクロファイバータオルです。80センチ×130センチと大きく、吸水性・速乾性に優れているので、汗を拭ったり、水泳をした後やジムでのシャワー後に体を拭くのに最適です。

水分をすぐにきゅうしゅうし、濡れてもすぐに乾くのがいいです。もちろん、洗濯をしてもすぐに乾き、繰り返し洗っても問題のない品質です。

また、横にゴムがついているのでコンパクトに折りたためてまとめられ、バッグの中でも納まりが良いいです。カラーバリエーションも豊富なので、選ぶのも楽しいです。

スポーツだけでなく、あらゆる場面で活躍してくれるタオルです。こちらも日本のオフィシャルサイトで税込み940円と購入しやすい値段なのもポイント高いと思います。日本に初上陸したデカトロン一度覗いてみてはいかがでしょうか?

スポンサー広告