フラックスシード&フラックスシードオイルって何?使い方と気になる効果

797166430aa1ba0a47d9d569e6788b9b_m

 

フラックスシード?聞きなれない言葉に??シードっていうからには何かの種だな。くらいかも。スーパーフードともいわれ、身体に良さそうなフラックスシードの正体に迫ってみました。

フラックスシード ってなに?

「フラックスシード(flaxseed)=亜麻仁の種」。亜麻仁と聞けば耳に馴染みある人も多いかと思います。なんと、亜麻仁は、人類が初めて栽培した植物といわれる神秘的な植物です。

紀元前 5000 年代にはエジプト人も栽培し、ミイラを包む布地に利用していたといわれています。確かに、今宵明かされるエジプトピラミッド謎!的な番組にミイラが登場する際は、布に包まれている・・・アレがフラックスシードの茎で作った布地か〜と勉強になりました。

また、西暦 800 年代のフランスのシャルルマーニ大帝では、その健康上の価値を認め「臣民はアマニをとるべし」と、法令化されたとか。おいおい食べないとお縄なのか!?民衆の健康と生活を考えてくれて強制なんてある意味涙。

しかし、むかしむかし、調べる術もない時代、フラックスシードが、イイと発見できたのか不思議です。きっと直感ね。

フラックスシード 使い方と食べ方は?


この投稿をInstagramで見る

hunnyさん(@hunnyokan)がシェアした投稿

見た目は、ゴマのような形をして赤茶色です。中にはゴールデンフラックスシードという黄色いものもあります。基本はローストしてあるものを使用します。「焙煎亜麻仁」などを購入するようにした方が便利です。

そのままサラダやナッツ感覚でトッピングしたり、ご飯に炊き込んだり、パウダー状にしてスムージのトッピングに、パンやドレッシングのアクセントに使い方食べ方はいろいろです。

しかし、フラックスシードは、殻が硬めで消化し難いですので、そのまま食べるよりは、砕いたりパウダーにしていただく方がベターといえます。いつもの胡麻和えを、フラックスシードに変えれば、栄養も摂取できひと味違うテイストの一品が楽しめます。

ツルムラサキと長豆のフラックスシード和え

ツルムラサキはさっと茹でます。(茹で過ぎに注意)長豆もスジを取り茹でます。
フラックスシード、練ごま、甘味料、薄口醤油、(ソースが固めであれば、豆乳やアーモンドミルクなどを入れてゆるめます。)ささっと混ぜて完成です。味は好みで整えます。水切りしたお豆腐を入れてもおいしいです。ツルムラサキのネバネバと長豆の食感が good です。

フラックスシード ジェル化を利用したクラッカーの作り方

フラックスシードは水に浸すとジェル化する特性があります。ですので、その特性を活かしてつなぎとして利用されることも多々あるようです。いわゆる、でんぷん、片栗粉的な存在です。クラッカー作りにもよく使用されています。

とても美味しそうなクラッカーを見つけましたので、ご紹介します。クラッカーからは想像できなかった感じの、おやつだけではなく、お酒にも合いそうなクラッカーです。小麦粉不使用、ヴィーガン、グルテンフリーです!

クラッカーは、基本、乾燥機で乾燥させるというもののようで時間はかかりそうです。

オニオンフラックスシードクラッカーの作り方はこちら
出典:ローフードシェフ坂田真理子氏

フラックスシード 効能と効果

フラックスシードの栄養は、並大抵の栄養効果ではなさそうです。
先ほどからお伝えしているように、不飽和脂肪酸の中でオメガ3系の脂肪酸であるα-リノレン酸を多く含みます。人間の体内では作ることができないので、率先して摂取する必要があります。

α-リノレン酸で血液サラサラ!

血流が悪くなれば、動脈硬化や心筋梗塞などを引き起こすリスクも高まり、また、冷え性、肌荒れを引き起こします。α-リノレン酸はコレステロールや中性脂肪を低下させて血流をよくする効能が期待出来ます。

亜麻リグナンで女性イキイキ!

年齢を重ねるごとに減少する女性ホルモンにより更年期障害が引き起こされる女性も多くいます。ポリフェノールの一種となるリグナンは、女性ホルモンの一種であるエストロゲンと同じような性質を持っているといわれており、女性の大きな味方になってくれること間違いなさそうです。

食物繊維で便秘改善!

現代人に不足しがちな食物繊維ですが、フラックスシードには、100gあたり23.8gと豊富に含まれています。ごまの約2倍の量ともいわれており、便通に悩む人の貴重な食材です。

フラックスシード オイルってなに?


この投稿をInstagramで見る

生活の木 ハーブとアロマテラピーの専門店さん(@treeoflife_official)がシェアした投稿

亜麻仁油の方が見慣れた言葉かもしれません。スーパーのオイルコーナーや調味料、ドレッシングの陳列コーナーに大体 1 種類は並んでいるところが多くなりました。

もちろん、フラックスシードから搾取したオイルで、体内では作ることができない必須脂肪酸である「オメガ3系のα-リノレン酸」を豊富に含んでおり、女性にはうれしいポリフェノールの一種である、「リグナン」が含まれています。フラックスシード オイルの約 60 %がαリノレン酸です。

オメガ3系のα-リノレン酸を摂取することで、血液サラサラ、美肌アンチエイジング、便通・冷え性改善、免疫力アップ、中性脂肪軽減、生活習慣病改善、花粉症などのアレルギー改善など、健康パワー炸裂です。

しかし、フラックスシードはデリケートなオイルです。
熱に弱いので加熱料理にしようするのは不向きです。サラダなどにダイレクトにかけて食べたり、そのまま使いましょう。また、酸化しやすく劣化もしやすいですので、開封後は冷蔵庫で保管し、2 週間ほどで使い切るのがベストです。

 

 

フラックスシード 通信販売店舗は?

スーパーでも見かけるようになりましたが、オンラインショップでは、いろいろな種類があり、商品価格の比較や口コミもチェックできますし、愛用しているショップに取り扱いがあればお得に購入できるかもしれません。ぜひ、チェックしてみてください。

腸まじめ
亜麻仁 フラックスシード1kg:5,780円

ママの手作りパン屋さん
日本製粉 ローストアマニ 粒 500g スーパーフード亜麻:1,555円

自然の都 タマチャンショップ
ローストアマニ(無添加)500g:2,678円

フラックスシード 口コミ

 

まとめ

フラックスシードよりもオイルの方が馴染みもあり、日本人には使いやすいかもしれません。オイルは食生活になくてはないらない食品のひとつです。できれば、心身によいオイルだいいですし、それで、美と健康が保てれば何よりです。