フロイン堂の「食パンあります」はラッキー☆確実買いは要予約!ぶどうパンも推し

f8f87f5f332db0b6ec99ea2822fa6ba4_m

 

はじめに

食パンが有名で、毎日予約だけで売り切れてしまうので、予約は必須です。たまにお昼過ぎでもまだある場合がありますが、それはかなりラッキーな時です。

食パンがある時は、店頭に手書きで「食パンあります」と掲げられています。岡本に来て、この文字を見たら絶対に買っておいた方がいいですよ。

「フロイン堂」の基本情報

店舗名:フロイン堂
住所:兵庫県神戸市東灘区岡本1丁目11−23
電話:078-411-6686
営業時間:9:00~19:00
定休日:日曜日・祝日
※商品により売切れや閉店の場合もありますので、事前確認が間違いありません。

「フロイン堂」の場所

阪急岡本駅の改札を抜けると、コープのお店があるのでその前の道を右に阪急の線路に沿って細い道をまっすぐ行くとお店があります。

徒歩1〜2分くらいで到着します。小さなお店ですが、奥にはレンガの窯があってそちらで食パンを焼いています。レンガの窯でパンを焼いているパン屋さんは日本では少ないのではないでしょうか。

「フロイン堂」の名前の由来

フロインドリーブと名前が似ているのは、その支店として開業されたからです。フロンインドリーブというと吉田茂総理がこの店のパンが好きで、毎朝食べていたという話があります。

「フロイン堂」の食パンの特徴


この投稿をInstagramで見る

フロイン堂さん(@furoindo)がシェアした投稿

現在は、お店の前にそれぞれのパンの焼き上がり時間が書かれた看板があります。食パンは1日に2回焼かれますが、確実に買うにはやっぱり予約しておく方が間違いありません。

食パンのおすすの食べ方

耳がしっかりしていて、山のてっぺんがちょっと硬くてパリッとしているのが特徴です。最近は耳まで柔らかいことを売りにしている食パンが人気がありますが、私はこちらの、しっかりとした耳と、とにかくふんわりした食パンが大好きです。

パン生地は手ごねというこだわりようです。機械で捏ねた生地とは比べ物になりません。食べ方としては、シンプルにバタートーストが最高です!スライスはしてくれないので、関西らしく厚切りで食べるのが美味しいですよ

食パン以外のメニュー

もちろん食パンが一番美味しいですが、ぶどうパンもオススメです。あんドーナツ(140円)も美味しいです。バターケーキなどは比較的買いやすい商品ですが、これもとても美味しくてオススメです。とにかく昔から食パンの予約を忘れた日は、なるべく早くお店に行って残っているパンを買うという感じでした。

食パン一斤840円、1/2斤420円、ぶどうパン530円、あんドーナツ 140円、バターケーキ 850円

「フロイン堂」は高級住宅地に所在!?


この投稿をInstagramで見る

フロイン堂さん(@furoindo)がシェアした投稿

岡本という街は神戸東灘区にあって、芦屋と並ぶ高級住宅地です。小さな街ですが、とにかくおしゃれの代名詞のような街です。

阪急沿線でありながら、JRも近くて便利で住みやすいです。大学も近くに点在しているので、常に若い人たちで溢れかえっています。神戸の人ですら憧れる人気の街にあって、おしゃれなお店もたくさんありますが、お店の入れ替わりも激しくて、閉店しては新しいお店が開店するという競争の激しい街です。

もちろんパン屋さんも「フロイン堂」の他に、ケルンやローゲンマイヤー、ドンクなどそうそうたるパンの老舗が並んでいます。
「フロイン堂」はそんなパン屋さんの中にトップに君臨しているようなパン屋さんという説明が一番ピッタリくると思います。

昭和の香り漂うあたたかい店

岡本の街の中にあってもその存在感は圧倒的です。店構えも、昔からずっと変わらなくて、落ち着きます。

食パンは予約で無くなってしまうのですから、ビニールの袋に入れる暇がありません。熱々のまま紙の袋に入れられて、店頭に並んでいます。

店は引き戸が空いている状態で、前の道にまで香りが漂っていてなんとも言えず幸せな気分になります。昭和のイメージが漂う、レトロなお店なのに、おしゃれな岡本の雰囲気にピッタリです。

 

 

「フロイン堂」の歴史


この投稿をInstagramで見る

まどか 森本さん(@mdkmrmt)がシェアした投稿

最近は各地で高級食パンが流行っていて、老舗料亭のような店構えのお店もたくさんあるようですが、「フロイン堂」のお店は、昔から変わらずおばあちゃんのパン屋さんという雰囲気が漂っています。岡本の地元民にとってはずっと変わらずにいて欲しいお店だと思います。

私が子供頃は高齢の奥様が店先にいらして、無口であまり愛想のない方だったので、子供心にお使いにパンを買いに行くのがちょっと怖かったです。

奥ではこれまた無口なご主人がが一心不乱にパン生地をこねているというのが「フロイン堂」のイメージですね。

時々、ランニングシャツのまま汗だくで店頭にいらしゃることもありました。
今は代替わりされていて、笑顔のご主人が接客されていて、昔のように怖い感じはないです。子供だったからそう感じたのでしょう。

「フロイン堂」の支店はある?

もちろん、パンは神戸市東灘区岡本でしか食べられません。どれだけ繁盛しても、岡本だけのお店であって欲しいと思っています。移転やチェーン店など他府県に出そうものなら、岡本住民から署名活動でも出そうです。

「フロイン堂」のパンを食べた友人の感想

1人があまりたくさんの食パンを予約して買い占めるのは他のお客さんに申し訳ないので、自宅で食べる分しか購入しません。友達が家に泊まりに来たりすると、朝食に出しますが、もちろん美味しいと言います。

手ごねですから、適度に歯ごたえもあってふにゃふにゃした柔らかさだけを売りにしている高級食パンと言われるものとは物が違います。

さいごに


この投稿をInstagramで見る

hiromiさん(@hiromi_987)がシェアした投稿


柔らかいから高級食パンだと思っている人にとってはちょっと違う印象を持たれるかもしれませんが、機会があれば食べていただきたいパンです。