岩船寺は穴場「あじさい寺」スポット!重要文化財の三重塔とコラボ撮影

461876

 

SNS映えするあじさい写真が撮れる!京都の穴場スポット「岩船寺」。神社やお寺で有名な京都ですが、車でも行けるあじさいの名所があるのをご存知でしょうか?混雑や渋滞の多い京都観光ですが、少し足を伸ばせば静かな自然の中でお寺とあじさいを楽しむことができます。

岩船寺の文化財

 

Zariyaさん(@lalalastep)がシェアした投稿


阿弥陀如来坐像(重要文化財) 重量感のある3m近いいわゆる「丈六」の坐像です。貞観時代(じょうがんじだい)から藤原時代初期の制作と見られる10世紀中期を代表する貴重な尊像です。

普賢菩薩騎象像(重要文化財)辰年・巳年生まれの守護仏です。一木造りの彩色像で女性的な姿の当時代を代表する優品です。この像は、法華経に説かれる六本の牙を持つ白象に乗る普賢菩薩で、法華経を信じる者を護持するといわれています。

三重塔(重要文化財)三重塔は三間三重塔婆の本瓦葺、高さは約18mで本堂南側山手の境内阿字池の奥まった高台に東を正面として建ちます。現存する塔は室町時代の建立と考えられています。また四隅の垂木には隅鬼と呼ばれる木彫が据えられており、こちらも重要文化財とされています。

 

岩船寺の基本情報

住所:京都府木津川市加茂町岩船上ノ門43    TEL 0774-76-3390

アクセス

【電車・バスの場合】

① JR 関西本線(大和路線)加茂駅から木津川市コミュニティバス(加茂山の家行き)「岩船寺」下車

② JR 奈良・近鉄奈良駅から奈良交通バス(浄瑠璃寺行き)「浄瑠璃寺」下車し、木津川市コミュニティバス(JR 加茂駅行き)に乗り「岩船寺で下車

③  奈良交通バス(下狭川・広岡行き)「岩船寺口」下車。

【自動車の場合】

• 大阪  阪神高速・第二阪奈・奈良・府道44号線(加茂方面)約60分

• 京都  国道24号線・京奈和自動車道(木津IC)・府道44号線(加茂方面)約60分

• 奈良  府道44号線(加茂方面)・加茂・浄瑠璃寺前 約20分

拝観料と拝観時間

 

shintaro okamuraさん(@shintarookmr)がシェアした投稿


拝観料:一般/大人500円、中高生400円、小学生200円  団体料金(30名以上)/ 大人400円、中高生300円、小学生100円

※障がい者手帳をお持ちの方は手帳提示にて、本人および介護者1名が割引となります。

拝観時間(休館日無し): 3月~11月の間  8:30~17:00(受付は16:45まで)/ 12月~2月の間  9:00~16:00(受付は15:45まで)

 

 

駐車場

境内には駐車場はありませんが、近くに民営の駐車場があります。駐車料金は1日300円ですが台数が限られていますので、休日は穴場とはいえ注意が必要です。

あじさいの見頃とライトアップはある?

 

岩船寺のあじさいの見頃は6月上旬から7月上旬です。その年の気候にもよりますが、7月に入ると枯れているあじさいも多くなります。 またあじさいを見るには拝観料が必要でライトアップ等はありませんので、拝観時間内に観に行きましょう。

三重塔とあじさい撮影おすすめポイント!

 

門をくぐるとすぐ両脇にあじさいが広がります。 岩船寺では真っ赤な三重塔とあじさいを写真に収めるのが一般的です。京都市内から離れており、車で来る人が多いためか、人が少なく誰でも美しい写真を撮ることができます。そしてあじさいの門をくぐるようにして三重塔の横を進むと、360度をあじさいに囲まれた広場に出ます。あじさいをバックにしてベンチがあり、こちらでも行列に並ぶことなく色とりどりのあじさいに囲まれた写真を撮ることができます。

紫陽花の魅力に惹かれたらプレゼンなんていかが?贈るときは色は気を付けましょう。

紫陽花の花言葉には色によって怖い意味が?母の日に喜ばれる最適な色とは!

四季を楽しめる岩船寺のお花

 

るりらんかんさん(@blackorchid.r)がシェアした投稿


春:梅、ショウジョウバカマ、椿、桜、シャクナゲ他

夏:キショウブ、紫陽花、スイレン、百日紅他

秋:シュウメイギク、紅葉他

冬:山茶花、ロウバイ他

 

このように一年を通して、四季折々の花を鑑賞しながら岩船寺を拝観し三重塔をバックに季節のお花を楽しむことができます。あじさいの時期だけではなくとも、訪れてみたいですね。

行く前に気をつけたいこと

車で行く場合は、境内の近くには他に観光する場所もなく長居する人は少ないですが、岩船寺に向かう道は細いので観光シーズンは気をつけて行きたいです。 また、境内は舗装されている場所が少なく砂利道や土の露出した道が多いので、車椅子での拝観やヒール靴での拝観はおすすめしません。

 

周辺施設について

 

歩いて行ける範囲での周辺施設は、駐車場近くにある売店だけです。 地元で採れた野菜やちょっとした食べ物もあるようです。 車で移動すれば、浄瑠璃寺や奈良市内へもドライブできます。また、西日本で唯一特別牛乳を生産しているクローバー牧場もドライブコースです。こちらでは特別牛乳やジェラートの販売を行なっていますが、特別牛乳の購入は予約必須です。

 

まとめ

 

雨の季節の観光はちょっと憂鬱になりますが、岩船寺のあじさいを見ればテンションが上がること間違いなしです!奈良へのアクセスもいいので、京都観光の終わりに訪れてみてはいかがでしょうか

 

スポンサー広告