hakko パーク 万田酵素が展開する因島の新しい施設ってどんなとこ?

3ff867829fe6fb3c8e92f9ae6f0a6d2f_m

 

酵素がなければ生きていけない、とさえ言える存在ともいわれています。
酵素は熱に弱いので、食品を炒めたり茹でたりすると壊れてしまいますので、できるだけ生で食するのがいいのですが、そうはいきません。
ですので、できる限り多くの酵素が摂取できる食品を選ぶのがいいといわれています。また、毎日、味噌、醤油、納豆など発酵食品を食べることがgoodです。

万田酵素とは、テレビやラジオのCMで耳にしたことがある人も多いと思います。広島県因島(いんのしま)に本社を持つ健康食品を製造する企業であり、お隣に一般の人が楽しめる公園をオープンさせました。


この投稿をInstagramで見る

FujiYukiさん(@yukie0178bz)がシェアした投稿

hakkoパーク とは

広島県尾道市因島を拠点とする万田酵素が、2018年8月にオープンさせた新施設です。
海と緑に囲まれた、最高のロケーションでココロもカラダも健康的に過ごせる場所で、オープン以来たくさんの人で賑わう因島の観光スポットでもあります。

「HAKKO ゲート」「HAKKO ホール」「HAKKO ガーデン」で構成されており、入場無料で、万田酵素の歴史や商品の工場見学も楽しむことでできます。

食事やカフェタイムを楽しんだり、ベンチで読書をしたり、ただただ海を眺めてのんびり・・・楽しみ方は自分次第です。

万田酵素株式会社 とは

昭和 59 年万田酵素の販売を開始、昭和 62 年設立。サプリメントなどの健康食品、スキンケア、農業園芸資材などを展開。

万田酵素、53 種類の植物性原材料を、「常温発酵」の製法にこだわり、3 年 3ヶ月以上の長期発酵・熟成した、小さな子どもからお年寄りまで口にできる植物発酵食品です。ペースト、ドリンク、粒タイプが用意されており、自分のライフスタイルに合った商品で毎日の生活に元気を与えてくれるとされています。

万田酵素シリーズ

万田酵素 GINGERペースト(分包)タイプ
万田酵素 STANDARDペースト(分包)タイプ
万田酵素 MULBERRYペースト(分包)タイプ
通常:6,480円

万田酵素 GINGER粒(分包)タイプ
万田酵素 STANDARD粒(分包)タイプ
万田酵素 MULBERRY粒(分包)タイプ
通常:6,480円

万田酵素ドリンクタイプ:通常:3,240円
甘酒 万田酵素配合:通常:5,994円
おいしい青汁 フルサイズ(30袋入):3,780円

公式ホームページの オンラインショップより注文可能です。また、一度、自分に合うかどうか試してみたい人は万田酵素お試しモニターがおすすめです。

hakkoパーク 概要とアクセス

しまなみ海道「因島北IC」よりお車で約10分。

施設名:hakkoパーク
住所:広島県尾道市因島重井町5800-95
電話番号:0120-85-1589
営業時間:10時 ~ 17時

カフェ営業時間
10:00~17:00(L.O. 16:30)、フード提供時間:11:00~14:00

休業日:水曜、年末年始(水曜日が祝日の場合は営業)
入場料:無料
駐車場:50台

『hakkoパーク』の場所

hakkoパーク カフェ&ショップ


この投稿をInstagramで見る

HARUNAさん(@haruna_ga_kitayo)がシェアした投稿

テラスが設けられ緑と海に囲まれた開放的なカフェでは、コーヒー、スムージーなどのドリンクメニュー、万田酵素を与えて育てられた豚肉を使ったカレー、ハムと野菜のサンド、万田酵素を取り入れられたデザートメニューも提供されています。

ショップでは、万田酵素健康食品をはじめスキンケアなどが購入できます。
どら焼きはショップ限定の商品ですぐに売り切れてしまうほどの人気商品です。

 

 

hakkoパーク ガイドツアー

工場見学のガイドツアーが実施されており、HAKKOホールやHAKKOファクトリーなどを50分掛けてまわり、万田酵素の映画、発酵の経過など万田発酵のいろいろを知ることができます。万田酵素の試食もあるうれしいツアーです。
ご案内時間
(1)11:00~ (2)13:00~ (3)14:00~ (4)15:00~ (5)16:00~

工場見学フリーダイヤル:0120-85-1589

hakkoパークhakkoガーデン


この投稿をInstagramで見る

m.mさん(@manamsga)がシェアした投稿

園内には四季折々に咲く花やふれあえるどうぶつや鯉の池、子どもたちが遊べる遊具やキッズ広場が設置されています。
また、海を見ながらリラックスできる足湯も楽しめます。植物もどうぶつも、植物用・水畜産用の万田酵素で育てられています。

hakkoパーク まだまだある!発酵パーク


この投稿をInstagramで見る

Yukikoさん(@brompton_yukiko)がシェアした投稿

有限会社丸井伊藤商店
創業100年伝統ある味噌蔵では、味噌蔵見学、味噌作り体験、麹カフェなど、見て食べて楽しめる発酵パークです。信州の味噌のあれこれを知り学べる今人気の場所です。
住所:長野県茅野市宮川4529
電話:0120-72-2057

株式会社 ヤマト醤油味噌 ヤマト糀パーク
ヤマト醬油味噌の歴史・醤油や味噌のことを詳しく解説してくれるガイド付きツアーが用意されており、余すことなく糀を楽しむことができます。
糀手湯、みそぼーる作り体験、味噌汁飲み比べ、料理教室、塩糀作りなども用意されています。
住所:石川県金沢市大野町4丁目イ170
電話:076-268-1248

醸しメシかもし酒 糀や
メニュー全てに発酵食品を用いた「醸しメシ」。店内には、瓶に詰められた発酵食品がズラリ。健康的で旨い珍しい料理が味わえるおじさんにも若女性にも人気のお店です。
住所:愛知県名古屋市中村区名駅4-13-3
電話:052-561-0850

さいごに

日本の伝統食である、味噌、醤油、酢をはじめ、納豆、漬物など健康を支えている発酵食品です。段々と食卓や外食が洋食化となり発酵食品の摂取が減ってきているのかもしれません。発酵食品で腸活をする人も増え、今新たに発酵食品が注目されています。

 

スポンサー広告