金森赤レンガ倉庫でご当地バーガー「ラッキーピエロ」とビヤホールで満喫!

fb8ff9e99ae7107f86d2646ae8f6bc4a_s

赤レンガ倉庫と聞くと横浜をイメージする方も多いのではないでしょうか。実は、函館にもあるんです。函館の海辺に位置する金森赤レンガ倉庫の歴史はなんと明治2年からあります。1度は大火で失われかけましたが、その後見事に復興し現在に至ります。

夏休みの北海道旅行で大自然を楽しんだら、今度は函館の賑やかな金森赤レンガ倉庫で家族でショッピングを楽しみましょう。


View this post on Instagram

氷上俊平さん(@shumpei.1526)がシェアした投稿

基本情報

施設名:金森赤レンガ倉庫
住所:北海道函館市末広町14番12
電話:0138-27-5530
定休日:年中無休
営業時間:9:00~19:00(季節によって変動あり)
駐車場:タイムズ24 金森赤レンガ倉庫駐車場 1時間400円、以降30分毎に200円
*1,000円以上施設で利用した場合2時間まで無料

アクセス

函館空港から車で約25分
JR函館駅から車で約5分、徒歩で約15分

金森赤レンガ倉庫ってどんなところ?


View this post on Instagram

@r.w_photoがシェアした投稿

倉庫と聞くと何もないところなのでは?と心配になるかもしれませんが、大火で1度失われかけた後から、復興する際にショッピングモールを兼ねた総合複合施設になりました。大きく分けて4つの施設で成り立っており、現在では函館のランドマークになっています。外観はレトロですが中はとても綺麗で現代的な作りになっています。

賑やかなお店をには可愛いお土産が沢山

4つの施設には、中央に運河が流れ、幸せの鐘やチャペルが併設された「BAYはこだて」や様々な函館のお土産が取り揃えてある「金森洋物館」ビヤホールやレストランがある「函館ヒストリープラザ」、コンサートなどが行われる多目的ホールの「金森ホール」があります。

施設内には、函館の人気菓子店が軒を連ねており、その場で食べても美味しい、持って帰っても喜ばれるお土産を見つけることができます。ジュエリーや面白グッズまで小さな店舗が沢山が入っているのでウィンドウショッピングをするだけでもワクワクします。

また、ガラス細工をメインに扱った「函館浪漫館」やオルゴールをメインに扱った「函館オルゴール堂」があり、職人が丹精込めて作り上げた作品を間近で見ることができます。ちょっと豪華な自分への旅のお土産に購入するのもオススメです。

夕張めろんのテラスの食べ放題で旬のメロンを思う存分堪能!開催期間は?

 

授乳中のママは「BAYはこだて」へ


View this post on Instagram

Hideさん(@hide.680820)がシェアした投稿


金森レンガ倉庫の施設内には満遍なくトイレが設置されているため、急にトイレに行きたくなっても大丈夫です。しかし、授乳室があるのはBAYはこだてだけなので、そろそろ授乳かなと思ったらそちらへ向かってください。

施設内は段差もなくバリアフリーでできているので、通路はベビーカーでも通行することができます。お土産売り場は、若干店内が狭いところもあるので気をつけてください。

どこを切り取っても素敵なフォトスポット

金森赤レンガ倉庫は、函館のベイエリアに位置しており写真映え間違いなしのフォトスポットです。金森赤レンガ倉庫は、店内は現代的にリニューアルされていますが、外観はレトロでとても趣があります。

ライトアップ


View this post on Instagram

わが街トラベルさん(@wagamachitravel)がシェアした投稿

夜になればライトアップされ美しい赤レンガの姿が浮かび上がります。BAYはこだての中央に通る運河にも綺麗な電飾が施されているので、日が暮れてから見に行くと素敵です。

また、函館ベイエリアには電飾が施された観光船が停泊していることがあり、その美しさも見ものです。ぜひ、昼と夜の美しい姿と一緒に記念写真を撮って旅の思い出にしてください。

ご当地グルメ


View this post on Instagram

aiccoさん(@aicco.cco)がシェアした投稿

ここでしか食べられないラッキーピエロ

もちろん金森赤レンガ倉庫の中にも、ご当地の美味しい料理が食べられるレストランやビアホールがありますが、ご当地ファストフードを楽しむのもオススメです。

「ラッキーピエロ」は、函館発祥のハンバーガーレストランです。金森赤レンガ倉庫のある函館ベイエリアを歩いているとひときわ目立つピエロと黄色の店舗があるので、すぐにわかります。

店内に入ってもハートのオブジェがあったり巨大ハンバーガーのオブジェがあったりとテーマパークのような店内です。

人気メニューは、チャイニーズチキンバーガーです。子どもも大人も大好きな醤油の甘辛ダレが絶品です。ハンバーガーレストランと聞くと、グルメバーガーを連想するかもしれませんが、お財布に優しい価格設定となっており、とてもボリューミーです。食べ盛りの子どもも1つのバーガーで満腹になります。

旅先では食費がかさみますが、こういったご当地ファストフードを楽しむのもいい思い出になります。近くには、これもご当地ファストフードとして有名な焼き鳥弁当を販売するハセガワストアもあります。

さいごに


View this post on Instagram

MILKISSIMO金森赤レンガ倉庫本店さん(@milkissimo_41)がシェアした投稿

北海道の大自然を楽しんだら、少し賑やかな雰囲気が恋しくなるはずです。様々なお土産が揃う金森赤レンガ倉庫へお出かけしてショッピングを楽しんでください。その際は、ぜひご当地ファストフードを試してみてください。家族で楽しめること間違いありません。

北海道松前公園桜まつりは花見の穴場!駐車場の混雑状況は?

モエレ沼芸術花火は無料の穴場ではなくチケット購入で鑑賞するのがおすすめ!

五稜郭公園の桜の種類と本数・開花予想2019/駐車場へのアクセス方法まとめ

滝野すずらん公園キャンプ場で親子バーベキュー!渓流ゾーンで遊び倒せ!

 

スポンサー広告