動物の孤児院ハッピーハウス/ニャンだ祭りで犬猫とふれあいを!【要予約】

51b323f63468b2ddfdd1adce113d9fc8_s

 

GW は犬猫に癒されるお祭りへ!動物への優しい気持ちも育めます。

ワン・ニャンとのふれあい施設に保護されている猫や可愛い犬たちと入場無料で、触れ合うことができます。


View this post on Instagram

ぼんこさんさん(@megusan_812)がシェアした投稿

基本情報

公益財団法人 日本アニマルトラスト 動物の孤児院ハッピーハウス
住所:大阪府豊能郡能勢町野間大原117
電話:072-737-1707
施設見学時間:14時 〜
施設見学は随時、施設に連絡の上予約していくことができます。

アクセス

電車

阪急「川西能勢口駅」から能勢電鉄に乗り換え、終点の「妙見口」駅まで乗ります。 前日までに施設に見学に行く旨を予約を伝えると、「妙見口駅」まで送迎してくれます。 所要時間は 約 15 分
べビーカーなどの乗車については事前に確認が必要です。

阪急能勢電鉄・川西能勢口を通り過ぎて右車線を走り、野間中交差点まで行き右折すると、山道でかなりくねくねしているので、注意しながら運転ください。

 

 

施設の特色


View this post on Instagram

ティル隊長の下僕さん(@captain_till)がシェアした投稿

入場料など 施設に入るのに特別な料金は必要ないです。ただし、GW のお祭りにせよ普段の施設見学も、事前に予約して行く必要があります

ふれあい

飼い主が亡くなったり色々な事情で保護された犬猫、うさぎなどが暮らしています。 老犬ルーム、エイズ猫ルーム、健康な猫達の部屋など細やかに区切られていて、特に猫たちと触れ合える【薫ちゃんハウス】がおすすめです。

たくさんの猫たちが暮らしていて、猫カフェのように飲み物を頼まなくても、時間無制限でねこじゃらしなどで遊びたい放題です。

ゆったりと猫の横に座っている人もいれば、子供たちはおいかけたりしています。 ただし GW のお祭り期間は、猫たちと触れ合える時間が区切られている場合があります。希望する人は訪問前に時間確認をおすすめします

施設内は無断撮影禁止です。インスタグラムなどで、保護動物などがゲージに入っている写真がアップされると、写真によっては「狭いところに閉じ込められている」と、悪く見る方もいるためだそうです。

イベント


View this post on Instagram

sachiko umemotoさん(@umebaayan)がシェアした投稿

GW 開催のショーやスタンプラリー 2019 年 GW は、施設の年に一度の大きなお祭り「ニャンだ?祭りだ!ハッピーハウスだワン!」が、4 月 27 日(土)28 日(日)、29 日(祝)の 3 日間、10 時から 16 時まで開催されます。

通称「ニャンだ祭り」は、毎年 3 日間で 1,000 人以上の支援者さんや一般客の方が来場し、屋台も出店されます。ドッグランもあり、予約すると参加できるので、お子さんとワンコ連れでおでかけもできます。 ネコをひもをつけて連れてきている人もいて、ファミリーやペットたちが入り乱れる大きなお祭りです。

日程:4 月 27 日(土)・28 日(日)・29 日(月・祝)
時間:10:00〜16:00
場所:ハッピーハウス敷地内
※完全予約制です。送迎車台数が限られています。必ず問い合わせ後予約ください。

屋台

パーク内のランチ情報、有名な食べ物など 焼きそばや炊き込みご飯、施設を支援しているパン屋さんの焼きたてパン販売、タコせんべい、からあげなど、たくさんの屋台が並びます。 飲み物販売もあるので、お腹が空くことはないでしょう。

リーズナブルな価格で、収益は施設の動物たちに一部使われたりするので、お金を使う罪悪感なくお祭りを楽しむことができます。

混雑具合・施設の混み具合

駐車場は GW は、何か所か用意があります。事前に到着時間などを伝えておくとよいでしょう。 3 日間あるお祭りの内 2 日目が一番混むので、初日の早い時間か、最終日の日中に行くと施設からかなり近い駐車場に停められます。

お祭りでは動物と人で込み合っていますが、義足をつけていたり、色々な形で生きている動物の姿を見て、子供たちもお祭りを楽しみながら、命について考えさせられる機会を得られるはずではないでしょうか。

アドバイス

保護動物たちが 500 匹ほども暮らしているという事で、やはり動物のニオイはあります。 においや動物達に触れた時の毛の付着が気になるなら、毛取りローラーや着替え、消臭剤を持っていくと良いです。 あめの翌日などだと施設の泥で汚れる可能性も増えるので、子供たちを拭くタオルがあると安心です。 妊娠中の方や小さな子供連れだと、動物からの万一の感染を気にするなら、行くのは控えたほうが良いかもしれません。

口コミ・感想

お土産情報、食べておいしかった飲食店 かなりお得な犬猫グッズのバザーがあります。首輪やハーネス、ペットの服、地元の新鮮お野菜もあります。ペットのグッズのお値段は「お任せ」としていることが多いので、募金ボックスに気持ちで入れると良いというのも嬉しいです。

また、毎年、手相占いの方々も有志でこられています。 こちらも収益は動物保護施設に一部寄付なので、自分の出せる範囲の金額で、手相を丁寧に見てもらえて楽しいです。 帰りの送迎バスを待っている間に、手相を見てもらう家族連れが多かったです。 割と当たってたりして面白かったです。

美味しかった屋台は、焼きそばです。毎年こだわりをもって焼いているボランティアスタッフのおじさんがいて、じっくり焼いてくれます。 まとめ:動物保護施設に休日に出かけるというと、身を固くしてしまいがちですが、ハッピーハウスんお「ニャンだ祭り」は、動物も人も単純にお祭りを楽しめる感じです。

バザーで出店したりもできるので、ボランティアスタッフとして参加し、ボランティア会員証を提示すれば屋台の食べ物を無料か、お得価格で飲食できる場合もあります。

さいごに

 

動物保護に関する展示や、施設の子達の里親になりたい場合は、面接も受けることができます。 きちんと動物の幸せを一匹一匹考えた施設なので、面接は何度か通う必要がありますが、そのぶん子供たちに命について、自分たちが生きていることについて考えてもらうことができると思います。

Pet博(大阪会場) チケット料金や購入方法・2018年の口コミ掲載!

子育て総合センター「あいっく」駐車場・ランチ・利用時間など初心者の方へ

子どもと一緒にまなぶ「3歳までの耳育て」聴く力を育てる!動物病院【エイベット】

スポンサー広告