飛騨古川祭り/起し太鼓の大迫力に感動!見どころを体験談レポート!

1b1b9f0aa86813270472c40e05308053_s

 

ユネスコの無形文化遺産に登録されている 400 年以上続く伝統神事
飛騨の春祭り 古川祭り

基本情報

開催日:毎年 4 月 19 日・20 日の 2 日間
開催場所:岐阜県飛騨市古川町 気多若宮神社
参考:飛騨古川まつり会館

アクセス

電車とバスがその日だけは深夜まで特別便が出ています。宿泊は古川町内はかなり早い段階からすぐに予約でいっぱいになってしまいます。とれなかった場合は高山市が便利です。大体車や電車だと 20 分 〜 30 分で移動できます。

みどころ


View this post on Instagram

Rie Sakaiさん(@rie_s1117)がシェアした投稿

起し太鼓

高さ 5 メートルの櫓の上に乗った直径 80 センチの大太鼓を、さらし腹巻きの男達が大勢で担ぎ上げるのは見せ場です。

美しい 9 台の屋台


View this post on Instagram

Yoshikazu Izumoさん(@izupapa0211)がシェアした投稿

・鳳凰台(壱之町中組)
・神楽台(向町組)
・金亀台(弐之町中組)
・麒麟台(壱之町下組)
・三光台(弐之町上組)
・龍笛台(弐之町下組)
・白虎台(三之町下組)
・清曜台(三之町上組)
・青龍台(殿町組)

19 日の昼間は神様の行列や獅子舞などがあり、獅子舞は色んなところで見られます。見所は豪華絢爛な屋台曳き揃えです。山車と呼ぶのが一般的かもしれませんが、飛騨地方では屋台と呼びます。20 日も同じような感じで、行列はありませんが、屋台曳き揃えはあります。

一番のメインイベントは 19 日の夜から始まる起こし太鼓です。晒し姿の男達が大きな太鼓にまたがり、町中を歩きます。

子ども歌舞伎


View this post on Instagram

Keiji Iさん(@i.keiji24)がシェアした投稿

からくり人形や子ども歌舞伎もあります。曳き揃えでは何台もの屋台が一列に並ぶので、圧巻の景色です。屋台の上には地元の子ども達がのっていて、笛を吹いたりしています。子ども歌舞伎は屋台の舞台で小学生の子が、弁慶と牛若丸を演じ、とても可愛いです。

雨が降った時は、それぞれの屋台蔵にてからくり人形や子ども歌舞伎を行います。 屋台は雨に絶対濡れてはいけないそうで、雨が降っていなくても、降りそうな時は外には出ません。

太鼓

付け太鼓と呼ばれる小さな太鼓を大きな太鼓につけようと揉み合うのが見所です。打ち出しと言う出発式が行われてからスタートです。広場に集まります。観光客も沢山見に来ているのでとにかくすごい人でいっぱいです。

晒し姿の男達


View this post on Instagram

☺︎︎∞カワハシヨウスケ∞☺︎︎さん(@yoyoyooosk.lv.birth)がシェアした投稿

打ち出しが終わるといよいよ出発です。大きな太鼓を先頭にして付け太鼓が後ろからついて行き、その後ろには提灯を持った町の人たちが一緒に歩きます。町中を歩きながら、決まった何箇所かの所で付け太鼓を大きな太鼓につけに行きますが、その揉み合いが威勢がよくて見ものです。

観光客はおかまい無しですので、注意しないと巻き込まれてしまいもみくちゃになってしまいます。十分気をつけるようにしてください。晒し姿の男達はほぼみんなお酒を飲んで参加しています。

一応消防団員もいますが、最終的には自己責任なので気をつけてください。しかし、それが楽しくて見に来ている人も少なくありません。そんな感じです町中を練り歩き終わると、打ち出しをした広場に戻ってきて締めが行われます。

最後も感動もので、太鼓をバンバン叩いて、男達が歌をみんなで歌い、それぞれの健闘をたたえます。拍手喝采です!

食べ物屋台

たこ焼き、クレープ、ベビーカステラ、シュラスコ、フライドポテト、お好み焼き、オムそば、チョコバナナ、りんご飴など、色々な屋台(飛騨地方ではやしと呼びます)が並び賑わいます。屋台以外にも地元のお店も開いているので、観光などで、せっかく来たからとお店で食べる人も多くいます。輪投げなどの遊べる屋台も来ているので、子ども達はそこで遊んでいます。

飛騨名物

有名な飛騨牛のお店は何軒かあります。朴葉味噌(ほおばみそ)は、飛騨高山地方の郷土料理ですのでぜひ味わっていただきたい逸品です。変わり種だと、飛騨で養殖したトラフグもあります。養殖ですので天然よりお手頃ですが、味は天然に負けず劣らず美味しく、養殖の方がすこし甘みもあるようです。

 

 

アドバイス

4 月とはいえ、飛騨の春はまだまだ寒いので、夜と言う事もあり防寒は必ずしてください。ダウンコートを着ていてもおかしくはありません。所々で焚き火はありますが、やはり寒いです。最後までついて歩く場合はもちろん歩きやすい靴で来てください。

通り道のお家の二階部分が解放されているところもあって、お願いすると上がらせてもらえるところもあります。 二階から見ると安全に見ることができます。

始まりは 20 時頃で、終わって戻ってくるのは 0 時近くになります。 多少の雨でも起こし太鼓は行われます。 普段静かな町ですが、その日だけは夜中までみんな起きていて盛り上がります。 打ち出しをいい場所でみたい場合、30 分から一時間前くらいまでには場所取りをする事をお勧めします。

さいごに


View this post on Instagram

nagata_emiさん(@alohanauta)がシェアした投稿

お祭り以外のおすすめのお土産は、味噌せんべいです。井の廣というお店が作っています。とにかく美味しいです。最近は味噌せんべいにコーヒー味や酒粕味があって、それもとても美味しいです。値段も安いのでおすすめです。あとは有名ですが、さるぼぼも飛騨のお土産では人気です。

4 月は飛騨では桜の時期でもあるので、桜が丁度咲いていたらラッキーです。桜と屋台はすごくステキな写真がとれること間違いなしです!

白川郷どぶろく祭りの見どころと歴史を知る!2019年日程は?【世界遺産】

白川郷(世界遺産)は夏もおススメ!宿泊先・見学ルート・グルメまとめ

日本の世界遺産はいくつあるか?人気ランキングBest 10 を登録順に紹介! 

スポンサー広告