ひがしまつやま花火大会までのアクセスと駐車場は?6万人が来訪する魅力とは

2e47d24b2ff059f14566b92b7e11c6cf_s

約120分間ですがその時間はあっという間なものです。 観客数は約6万人の来場者が集まり、 当日は会場内が人で埋まるほど大盛況になります。浴衣姿で歩く方、近場の方は自転車で会場まで来る方もいるようです。

都心から程近く、座って鑑賞できる「ひがしまつやま花火大会」をとてもオススメいたします。埼玉県にも多くの花火大会がありますが、8月末の花火は中々ないのでぜひ行ってみてください。行く際は、電車などの公共交通機関がベストです。


View this post on Instagram

なおみさん(@naomii828)がシェアした投稿

「ひがしまつやま花火大会」基本情報

イベント名:ひがしまつやま花火大会
問い合わせ:0493-23-3344(東松山市観光協会)
開催日:毎年8月末の土曜日に開催(悪天候の際は次の日)
開催時間:19:00~21:00予定
打ち上げ数:約5000発

『ひがしまつやま花火大会』打ち上げ会場

「ひがしまつやま花火大会」の会場まで

東武東上線高坂駅から徒歩約15分少し歩きますが土手を抜けて広い場所で見晴らしの良い場所で見ることができます。花火大会当日の駅は人だかりでとても混雑します。 案内板は出ているので開催場所に行くには安心です。池袋から東武東上線急行に乗ると、約1時間で高坂駅に到着です。

駐車場について

駐車場に関しては無いので注意が必要です。来る際は交通公共機関を利用してくるのがいいと思います。 近くのショッピングモールも早めに駐車場が締め切られ警備員もいるので駐車には徹底されており、近くにコインパーキングもありませんので、車の方は少し不便かと思います。

案内の方も場所場所に立っていてくれるので徒歩でも安心して会場に着くことができます。 帰りの際は道がとても渋滞しますので、送り迎えの際も注意が必要です。

 

 

「ひがしまつやま花火大会」の魅力


View this post on Instagram

Satoru Tsutayaさん(@tsutaya_akatuki)がシェアした投稿

花火は音楽に合わせたものや尺玉、スターマインなどを主に大きな花火が広い空にたくさん上がります。ドーンと心臓まで響く大きな大きな尺玉も上がり圧巻に取られます。打ち上げ場所が近いことならではの大きな魅力です。迫力満点の花火大会だと思います。

特に音楽に合わせて上がる音楽花火はその年の流行った曲も流れ、気分が上がります。気持ちが高まりながら音楽と一緒に花火を鑑賞し視界を遮るものがないので写真や動画もとてもいいものが撮れます。ぜひ会場内に足を運んで実体験してしていただきたいです。

「ひがしまつやま花火大会」での屋台は?


View this post on Instagram

(一社)東松山市観光協会 Higashimatsuyamaさん(@makkunayumin)がシェアした投稿

広い場所でレジャーシートを敷き、屋台の食べ物を食べながらのゆっくり座って鑑賞できる花火大会も中々無いのではないのでしょうか。

屋台は鑑賞場所から両端に広がり種類も豊富です。両端にあるので少し距離があり、食べたいものが鑑賞場所から離れている場合があるのでそこが欠点です。たこ焼き、焼きそば、ベビーカステラなど食べ物を中心とした屋台が目立ちます。

的屋などゲームの屋台は1店舗のみでした。年々屋台の数や種類も変わっているので毎年楽しみです。土手を超えたところに広く場所が広がっているので、浴衣の際は足元に気を付けて歩いてくださいね

トイレは?ゴミの捨て場所は?会場の様子

会場内は歩く場所も区画されていてとても歩きやすいので安心してください。 遅く行くと中々場所がないので見極めていくといいかもしれません。始まる1時間前はまだガラガラでしたのでそのくらいで大丈夫だと思います。

トイレは会場内にありとても便利です。 数も多く、待ちで並ぶことはありません。とても清潔にされています。ゴミ箱も設置され、ポイ捨てのない清潔な環境です。ゴミの仕分けも必ずゴミ箱に管理している方がいます。

ゴミの分別にも力を入れています。酒乱で乱れている方も見られず、安心して花火を鑑賞できます。

近くに買い物する場所はある?コンビニは?

駅から歩く際にコンビニが1店舗。アピタというショッピングモール、マクドナルドもあるので買い物も便利です。

買い出しをしてから会場へ行く方がほとんどではないのでしょうか、 始まるまでの時間はショッピングモールで潰し、時間になったら会場内へ行く方も多いです。

フォトジェニックなおススメな場所は?


View this post on Instagram

miyuさん(@m_march5)がシェアした投稿

前方鑑賞席は、主催者や提供している企業の方になっております。一般の方々の席も多く確保されているので、写真を撮るのであれば前の方ではなく少し後ろから撮ると遮るものもなく、上空を見上げて撮ることができます。

場所を取る際はその点にも注意してみてください。レジャーシートを広げられるくらい場所が広く、確保されているので安心して鑑賞できます。

終了後の混雑は?帰宅時のアドバイス

花火が終わると一斉に帰宅ラッシュが始まります。電車を使っている方がほとんどのため、帰りの電車はとても満員です。下りで帰る方はそこまでですが、登りで帰る方は帰りがとても混雑します。終電まえには確実に終わるので帰りの時間は安心ですが、人混みの苦手な方は時間配分が必要だと思います。

さいごに

夏の終わりに浴衣を着て、花火大会で夏を締めるそんな時間もいいと思います。カップルで行くのもよし。ファミリーで行くのもよし。どなたでも楽しめる花火大会です。関東の方は近いこともあるので行ってみてください。

尺玉や音楽花火の魅力にはまってしまうかもしれませんよ。 ゆっくり座って鑑賞したい方にはおススメな花火大会です。

 

スポンサー広告