いしだ茶屋森町本店のかき氷は特別製法!濃厚な味と香りは食べて納得【静岡県】

148a838ab062773b1f3be3fe3a58ff02_s

 

はじめに

お茶の名産地でいただく濃厚なお茶のかき氷 お茶で有名な静岡県。地元のおいしいお茶をたっぷり使ったかき氷やスイーツをいただけるお店をご紹介します。静岡県西部の小さな町、森町。お茶、トウモロコシ、レタス、柿など、農業が盛んで空気も食べ物もおいしい街です。


View this post on Instagram

AYANOさん(@ayanoooo0419)がシェアした投稿

「いしだ茶屋」基本情報

店舗名:いしだ茶屋 森本店
住所:静岡県周智郡森町森1525-1
電話:0538-85-2446
定休日:年中無休
かき氷は夏季限定
「いしだ茶屋」は、浜松市北区新都田のカインズホーム浜松都田テクノ店に二号店もありますが、かき氷がいただけるのは森町本店だけです。

場所とアクセス

アクセスは、新東名高速森掛川インターから10分ほどです。遠州森町パーキングエリアのスマートインターからなら、さらに近いです。車でのアクセスが便利で、お店にはもちろん駐車場もあります。

レトロなローカル電車に乗ってのアクセスも可能です。天竜浜名湖鉄道森町病院前から徒歩で10分くらいです。天竜浜名湖鉄道は、田園や茶畑やミカン畑といった、静岡らしく、どこか懐かしい田舎の風景の中をのんびり走るローカル鉄道です。運行間隔が広いので、時刻表は要チェックですが、乗って楽しい鉄道です。

かき氷メニューと価格

抹茶700円、ほうじ茶700円、いちご500円。このお値段でいいんですか、というくらい上質で贅沢なかき氷がいただけます。

「いしだ茶屋」の魅力と秘密


View this post on Instagram

石田宏之さん(@ishidachaya)がシェアした投稿

ここの氷のスゴイところは、氷の中に茶葉やいちごをとじこめて凍らせるという特別な製法で氷を作っているところ。抹茶氷は、深い深い緑色。お茶の色ってこんなきれいだったかとちょっと感動する緑色です。ひとくち口に含むと濃厚なお茶の香りが広がり、くちどけよく溶けてのどをながれていきます。ほんのり苦いのに、お茶自体の甘みも感じられます。

ほうじ茶は、ほうじ茶独特の香ばしい香りがたまりません。薫り高いのにさっぱりしていくらでも口に運べてしまいます。そして、びっくりなことに、氷の中にぜんざいとソフトクリームが!このソフトクリームもお茶なんです

抹茶氷もほうじ茶氷も、なんとなくお茶風味…なんていうものではなく、お茶そのもの!とても贅沢なかき氷です。

イチゴのかき氷

イチゴっぽい香りの赤いシロップかけただけ、のものではありません。本物のイチゴがふんだんに使われ、香りも味もイチゴそのもの!イチゴを氷に閉じ込めて削っているからですね。森町はイチゴの産地でもあり、本物のイチゴが存在感を主張する、こんなおいしいイチゴ氷はなかなか食べられません。とにかく、どの氷も最高で全力投球のかき氷なんです。

スイーツメニュー

かき氷だけではありません。お茶のソフトクリームやぜんざい、わらび餅、お餅などもあります。冷たいものをたくさん食べるのはちょっと…というお連れさんがいても楽しめるお店です。

ソフトクリームもミニサイズが100円というお手頃価格からのメニュー展開で、小さいお子さんから、ちょっと一口食べたいわ、というおねえさんまで、みんな満足できるメニューがそろっています。

 

 

「いしだ茶屋」のおもてなし


View this post on Instagram

石田宏之さん(@ishidachaya)がシェアした投稿

また、待っている間に飲むお茶も出してくれます。こちらもとてもおいしく淹れられています。お茶専門店ですので、もちろんお茶の葉っぱ、茶器もあります。お茶の種類もいろいろあるので、用途に合わせたお買い物ができますよ。地元の名産品も扱っていますので、静岡のお土産はばっちり。

スタッフさんは、お茶についてはとても詳しく、おいしい入れ方や、お使い物やお土産にはどういったお茶がいいかなど、予算に合わせて相談に乗ってくださいます。

お茶の試飲もさせてくださって、お茶について丁寧に教えてもらえるので、味を確かめてから安心してお買い物ができます。そんなみなさんが自信をもって出してくださるスイーツがおいしくないわけない!

「いしだ茶屋」を連れて行った家族の反応と感想

私たちは、ちびっこ、おばあちゃんを含むファミリーでお邪魔したのですが、かき氷を一種類ずつ、おばあちゃんはぜんざいをオーダーしました。かき氷をトレードしあい、ぞれぞれすべての味を楽しみました。

こどもは、最初はイチゴだけでいい、と警戒?していたのに、一口食べてみると、みどりのお茶も茶色いお茶もおいしいね!と大喜び。舌がみどりになったかな?と口の中をのぞき込んだり、舌を出したり、楽しくいただきました。

氷は体を冷やしちゃう…と最初は敬遠気味だったおばあちゃんも、どれもう一口、こっちも一口…と口にして、本当にお茶の味だ、かき氷がこんなにおいしいものだったとはこの年まで知らなかった!と感激していました。

さいごに


View this post on Instagram

綾子 松井さん(@aya424upa)がシェアした投稿

遠州森町は、遠州の小京都と呼ばれる風情ある街です。紅葉や桜がきれいな、由緒正しい小国神社という古い神社や、古刹など和の情緒を感じられるスポットもたくさん。

そして、農業がとてもさかんなところです。トウモロコシやカキは遠くから買いにくるお客さんもたくさんいます。お茶の専門店も数多く、お茶スイーツやお茶かき氷を出しているお店も少なくありません。

お店ごとに違ったお茶氷を楽しむことができます。森町で一度は味わってほしいいしだ茶屋さんのかき氷。おいしいものがたくさんの町なので、ぜひ足を運んでください。