陸上自衛隊伊丹駐屯地で開催される盆踊り大会イベントに行ってきた!

a1c6451ec5de132631365056fce46516_s

 

伊丹市には自衛隊が主催する盆踊り大会が!戦車も目の前に!!

夏に開催される自衛隊が主催している夏祭りは、前半は隊員のダンスや演奏を、後半は自衛隊隊員たちと一緒に踊れる盆踊り大会です。伊丹ならではの夏祭りの体感しませんか。


View this post on Instagram

taigaさん(@ttt_0124)がシェアした投稿

基本情報

開催日:毎年 8 月上旬予定
開催時間:17:00 ~ 20:30
開催場所:陸上自衛隊伊丹駐屯地グラウンド 伊丹市緑ヶ丘7-1-1
電話:072-782-0001

歴史


View this post on Instagram

Mitsugu Isodaさん(@mitsuguisoda)がシェアした投稿

歴史はとても古く、盆踊り大会が最初に開催されていた頃は、地元の住民の人にもかなり警戒されていたようです。

ですが、大震災があり、その際に駆けつけてくれたのがこの伊丹の第 1 駐屯地と第 3 駐屯地の自衛隊員の方した。

その日を境に自衛隊員に対し皆さん見る目が変わり、今では町の風物詩になりかなり大勢の方々が地方からも来るイベントになりました。

花火こそ上がりませんが、自衛隊の方々が主催するイベントとしてはかなり大規模だと思います。展示されている戦車がライトアップされた中皆さん踊るわけですので、なかなかレアで初めて見た人は驚く人も多いはずです。

ちなみに戦車には乗ることは出来ませんので注意が必要です。なお、戦車に乗れるお祭りもありますので、どうしても乗りたい場合は春のお祭りなら戦車に乗れることもあります。

アクセス

車については駐車場がないため使用出来ません。

バスや電車を利用して駐屯地まで移動
自転車とオートバイ:駐屯地内に駐車スペースがあり駐車することが出来ます。

雨天時は小雨であれば決行され大雨の場合は中止になります。中止の場合はホームページ上から中止かどうかが確認できます。

交通規制

お祭りの期間中は交通規制はありません。ですが渋滞が予想される場合については自衛官の方が交通整理をする場合があります。こちらは一般の方がお祭りの会場に入りやすいように交通整理をしますので、規制される可能性については第 3 駐屯地周辺を走る車のみになります。
昔は来場者がありまりいなかったため交通整理をしていませんでした。しかし、現在は一般の来場者の方が増え、交通整理をしている隊員さんに合う可能性も高くなりました。なお、車では来場は絶対に出来ませんので、自転車かバイクのみ駐屯地内の敷地に止めることが出来ます。

特色


View this post on Instagram

Mi_SEAさん(@mi_sea33)がシェアした投稿

吹奏楽の演奏などから始まり、盆踊り大会が開催されます。最初は自衛隊の隊員のみ開催した後に、一般市民が参加する大会が主催されますので、自衛隊の隊員さんに混ざって踊るのは 19 時以降の盆踊り大会で一緒になって踊れます。

この大会は出店がかなり特殊で、普通の屋台の出店の他に自衛隊の方々が所有している装備を、一般人の方用にアレンジした物が売られており、かなり特殊なお祭りです。特殊な布で作られた、ものすごく耐久性の高い迷彩柄の買い物袋なんかも過去には売られていたことがあります。

 

 

鑑賞スポット・穴場

お祭りの全容を見渡すことが出来る鉄橋があり、そちらを利用すればお祭りの全容をすべて上の方から見ることができます。

屋台

自衛隊が主催していることもあり変わったお店も多いです。自衛隊関連のグッズですが、軍隊の方が使用している物というわけではなく、日用品を自衛台風にアレンジしている者が多く、傘とかキーホルダー、バッグなど普段使用できるものを販売されています。もちろん、普通の屋台もあります。ただし店員さんは自衛官の方です。

まとめ


View this post on Instagram

Mariko Okabeさん(@mari.symmm)がシェアした投稿

伊丹市には盆踊り大会がとても多く、その中でも自衛隊が主催していることもありかなり異色な盆踊り大会です。大会の前半は自衛隊員の方のダンスを見て、後半が市民も参加でいる大会へとなり自衛官の方と一緒に踊ることが出来ることもあり、結構な来場者が来るお祭りになりました。

震災が起きる前は皆さん軍隊と言うこともあり、かなり軽快していた時期がありましたが、今ではそんなことは無く気軽に参加できるイベントになりました。

歌あり音楽ありでダンスあり、売店ありの盆踊り大会です。演奏される音楽も皆さん知っているドラマやアニメの主題歌を演奏されますので、聞き覚えのある曲が流れたら口ずさんでしまいますよ。

2015 年あたりから外国人の方も増え地元の人以外にも楽しまれているイベントになりつつあるように思えます。

 

スポンサー広告