煮込みジンギスカンの味付けをご自宅で!自家製タレの作り方/野菜はもやしが必須

635408da3a50dbac2399675cfba0cd42_s

「煮込みジンギスカン」です。北海道といえば、ジンギスカンが定番と考えている人も多いと思いますが、実は北海道では、この「煮込みジンギスカン」もかなり人気が高いんです。

ジンギスカンというと、焼いて食べるというイメージが強くて、煮込むというと、かなり驚かれる人もいます。もちろん、煮込むと言っても、汁の量はさほど多くはありません。ですが、焼いて食べるというだけよりも、野菜と一緒にたくさん食べる事が出来ます。

「煮込みジンギスカン」がおすすめの理由

ジンギスカンはとても美容や健康に良い料理なのですが、ジンギスカンの独特の匂いが苦手だという人も多いと聞きます。それは、とてももったいない事です。

ジンギスカンは、カロリーもさほど高くはなく、それでいて栄養が豊富な肉です。ダイエットがしたいと思っている人や、美容に関心の高い人には、やはり食べて欲しい一品です。ですが、「煮込みジンギスカン」は、タレに漬け込んでいるので、ジンギスカン独特の匂いはありませんし、ジンギスカンを柔らかく食べる事も出来ますので、ぜひ食べていただきたいです。


View this post on Instagram

山口利之さん(@nyan7yamaguchi)がシェアした投稿

「煮込みジンギスカン」の歴史

誕生は、昭和30年代の事です。当時の北海道でのジンギスカンの食べ方は、2種類でした。

まずは、そのまま生のラム肉を食べるというバージョンと、ラム肉をタレに漬け込んで焼いて食べるバージョンです。 特に名寄市の周辺では、タレに漬け込んで食べるタイプが多く、味付けしたラム肉を煮込んで食べる方法が定着してきました。

当初は家庭料理として、定着してきた「煮込みジンギスカン」ですが、その人気から、名寄市内の飲食店でも食べられるようになりました。今では、北海道では広く愛され、店に行って食べる場合もあれば、家庭で味わうというタイプもあります。

そして、ジンギスカンと道民は切っても切れないほど生活に密着しています。花見や運動会、そして海や山で、多くの人達がその美味しさを堪能しています。

「煮込みジンギスカン」を食べられるお店


View this post on Instagram

Chisato Aibaさん(@gurimomo0928)がシェアした投稿

「煮込みジンギスカン」を食べる事が出来る、北海道のチェーン店では、やはり「松尾ジンギスカン」が有名です。 北海道滝川にある本店では、特上ラムジンギスカン1,080円で食べる事が出来ます。

そして、忘れてはいけないのが、最後の〆です。 〆のイメージでいうと、雑炊やラーメンのイメージも強いと思いますが、「煮込みジンギスカン」というと、やはり〆には、うどんや餅を入れて、ラム肉と野菜のエキスがたっぷり染み込んだうどんを食べるのが、「煮込みジンギスカン」の醍醐味です。

うどんと餅のハーフが250円で注文出来るので、ぜひ食べていただきたいです。

自宅で「煮込みジンギスカン」を楽しもう!作り方


View this post on Instagram

松尾充祐さん(@kaihatuya___j)がシェアした投稿

家庭でこの味が味わえないのかというと、味わえちゃうんです。 「松尾ジンギスカン」では、家庭用もたくさん発売されていて、レトルトパウチで、通販でも購入出来ます。「松尾ジンギスカン」公式サイトでは、使い捨ての簡易鍋つきで、ジンギスカン800グラム2,800円で発売されていています。 好きな野菜を一緒に煮込んで、美味しく食べる事が出来ます。

作り方

鍋の周囲に野菜を並べるように置きます。この時に、油を塗る必要はありません。 そして、肉を真ん中に乗せます。最後に上からタレをかけて焼きます。 そして、半分ほど食べた頃に、うどんや餅を投入します。

自家製タレの作り方

もちろん、自家製でタレを作り、自分で漬け込む事で作れます。

作り方は、醤油に砂糖やハチミツ、そしてリンゴやショウガ、ニンニクを擦った物を入れたりして、数時間漬け込んでから煮込むという事もあります。ポイントとしては、少し甘めに作る方が美味しいですし、ジンギスカン独特の匂いが気になるという人は、ショウガやニンニクを擦りおろしたものを多目に入れると良いでしょう。

 

 

友人の感想〜自宅で「煮込みジンギスカン」をおもてなし〜


View this post on Instagram

かっぷしるこさん(@cupshiruko)がシェアした投稿

以前、東京で知り合った友人が遊びに来た時に夕食に出したら、まず家庭で食べる事に驚かれました。季節は冬という事もあり、その事も意外だったそうです。ジンギスカンというと、夏のイメージが強かったようですが、冬に食べても美味しいと言ってもらいました。

ジンギスカンの匂いが気になる時はどうする?

実は友人はジンギスカンの匂いが少し気になっていたらしいのですが、タレに漬け込んでから食べると、ジンギスカンの匂いを気にしなく食べれたと喜んでくれました。〆のうどんもかなりの量を2人で食べてしまいました。

ジンギスカンというと、お酒と一緒というイメージも強いかもしれませんが、味付けタレで煮込んだジンギスカンは、ご飯のお供にとても美味しいので、食べていただきたいです。

ジンギスカンと相性のよい野菜


View this post on Instagram

Ryo Yoshidaさん(@44_da_3)がシェアした投稿

タレで煮込む事で、野菜もかなりの量を食べる事が出来るので、野菜をたくさん食べたい時や、大勢の人とワイワイ食べたい時には、「煮込みジンギスカン」は、とても便利です。 特に相性が良いのが、もやしです。

味付けジンギスカンの肉の旨味とタレの旨味が混ざりあったもやしは、かなりの絶品です。いろんな野菜を入れても美味しいのですが、もやしは、必ず入れるのがおすすめです。

夕張めろんのテラスの食べ放題で旬のメロンを思う存分堪能!開催期間は?

花畑牧場でとろーりラクレットチーズ・生モツァレラチーズを使用したパスタを堪能!

石炭ザンギ真っ黒なその姿の正体は?鶏醤(けいしょう)が味の決め手