神戸市立王子動物園night zoo(ナイトズー)でパンダを!見どころまとめ!

72e7ffaf8a3699957079a95089637f50_s

 

ジャイアントパンダとコアラを同時に見ることができる動物園「神戸市立王子公園」

神戸市立王子動物園・基本情報


View this post on Instagram

Satoshi Yamadaさん(@satoshiyamada1224)がシェアした投稿

神戸王子動物園
住所:兵庫県神戸市灘区王子町3丁目1

営業時間

3 月 〜 10 月:9:00 〜 5:00(入園 4:30)
11 月 〜 2 月:9:00 〜 4:30(入園 4:00)
休園日:毎週水曜日(祝日の場合は開園)、年末 12 月 29 日 〜 1 月 1 日
春休み、夏休み期間中は臨時開園する場合があります。

入園料

大人(高校生以上) 600 円、中学生以下、兵庫県在住 65 歳以上無料(身分証明証提示)、障害者の方無料(手帳提示)

年間パスポート

3,000円(作成日より1年間有効)

入園料お得情報

コープ神戸に加入すると入場料を割引することができます


注意ごと
・園内のどうぶつにエサをあげないこと
・ペット連れの入園はしないこと
・ボールなど子どもの遊具を持ち込みしないこと
・園内での飲酒はしないこと
・園内で喫煙はしないこと

アクセス

阪神高速3号神戸線「摩耶ランプ」下車 10 分
阪神高速3号神戸線「生田川ランプ」下車 15 分
阪神高速5号湾岸線「住吉浜ランプ」下車 15 分

王子公園駐車場料金 (30分ごとの時間制)

普通車
0 ~ 2 時間までの 30 分につき 150 円
2 ~ 4 時間までの 30 分につき 100 円
4 時間を超える 30 分につき 50 円

電車

阪急「王子公園駅」下車徒歩 3 分
JR「灘駅」下車徒歩 5 分
阪神「岩屋駅」下車徒歩 10 分
神戸市バス 90・92 系統「王子動物園前」バス停下車すぐ

車を使用した場合、駐車場がありますが、夏休みの場合、土日以外でも車で混雑していることもありますので阪急電車に乗り王子公園前で下車するのが一番無難です。

 

 

王子動物園魅力


View this post on Instagram

kumachanさん(@okamechan32)がシェアした投稿

入園料

王子動物園ですが私立ということもあり、ものすごく安い値段で動物たちを見ることができるため、兵庫県の人であれば知らない人はあまりいないです。

待合室

特にパンダの絵が書かれている「王子動物園前」の待合室のある阪急電車の駅などが有名ですので、阪急電車を利用した際、子供にも人気のある待合室があります。

飲食持ち込み

お弁当の持込や飲料水の持ち込みも自由なので、園内で昼食を取ることもできます。家族で行く際には良いスポットです。園内にレストランがあり軽食を食べることができますが、土日以外なら空いていますので、混雑して利用できないということは無いです。

night zoo(ナイトズー)

夏場は暑いため、園内の動物は疲れているのが問題ですが、『night zoo(ナイトズー)』を王子動物園もしています。夏場なら営業時間が夜の 7 時までになるため午後から出かけると、だんだんと日も落ちていくので、涼しくなった分動物たちも活動をしているため行くのであれば、午後過ぎから行くといいですよ。

エサやりなどはサマースクール以外はできませんが、見所は多く特に『night zoo(ナイトズー)』に置いてはライオン本来の姿を見ることができます。

パンダ

やはり年中いてくれるパンダです。こちらも『night zoo(ナイトズー)』なら本来パンダは暑くて日中は寝ていますがあるいていたり、笹を食べている様子を見ることができます。

その食事風景を見て可愛いというより、どっちかというとワイルドといったほうが良い食べ方です。ものすごく男らしい食べ方でむしろ怖いと思う人も少なくないかもしれません。

パンダのぬいぐるみ

王子動物園のお土産ですがパンダのぬいぐるみは定番の品物です。パンダに関係したお土産が多いのでパンダが好きな人がいるのであれば、園内のパンダプラザに行くとよいです。パンダだらけですよ。

サマースクール


View this post on Instagram

chiyoさん(@chiyo___msd)がシェアした投稿

小学生の子どもさんならば、事前に王子動物園のホームページ上からサマースクールの申し込みをすればサマースクールに参加することができます。

サマースクールは、エサやりなどの飼育員さんの仕事を体験することができるもので、小学生 1 年から 6 年までの方なら参加の表明をネットでして抽選に受かれば参加できます。

こちらはどちらかというと、子どものみでしか体験できないイベントで主に夏休みの自由研究なんかで利用する人も多いようです。

レストラン・パオパオ


View this post on Instagram

@wacowacowacoがシェアした投稿

レストラン内から像を見ることができるお店で、有名な料理は何故か「きつねうどん」です。何時ごろからなのかは知らないのですが、私が子どもの頃には既にメニューにあり定着している食事メニューです。

他にはラーメンなども有名で具が大きくて本格的な味のラーメンなども有名です。暑い夏場ですと「みたらしダンゴ」などの他、バーガーメニューなどのほうが良いでしょう。というか、王子動物園周辺にレストランや飲食店が多いので、そちらで飲食する人も増えているようです。

アドバイス


View this post on Instagram

🖤S A K I C C H O🖤さん(@sakiccho1109)がシェアした投稿

トレイ事情

トイレの設置場所があまり多くはないため、事前にどこにトイレがあるかを調べておいたほうが安心です。特に遊園地も施設内に併設しているため、子どもがトイレに急に行きたくなった場合、トイレを探すと間に合わないということにもなりかねません。

服装

日差しを防ぐような場所があまり無いので日差しを防ぐ服装でないといけません。特にサマースクールに参加するのであれば帽子は必須です。後は園内で飲み物を購入するお金や水筒、お弁当などを持っていくと良いですし、中の施設で食事をしても構わないです。

夏休みシーズン

混雑しているものと考えたほうが良いです。昔ですと子どもだけで動物園に訪れることは無かったので空いていたのですが、近年は子どもだけでも王子動物園に来ることが多くなっているため夏休みは混雑を予定して、早めの行動を心掛けることが大切です。

さいごに


View this post on Instagram

Nozomi Amanoさん(@taknss1114)がシェアした投稿

兵庫の人なら一度は訪れている動物園ともいえるメジャーな施設です。近年は外国人観光も増え、平日でも多い日があります。阪急電車にバス、車とアクセスする方法が多いのでそれほど訪れる際に苦労をすることも無いですし、駐車場もあります。

ですが、夏休みとなると話は別で人が増えるため、出来るだけ電車を利用して王子動物園に行った方が確実に入園できますので、電車を利用することをおすすめします。

 

スポンサー広告