見波亭はのこぎり山バウムだけじゃない!お土産に喜ばれる黒糖まんじゅうは爆買したい【千葉県】

20160917_192948-576x1024

 

はじめに

贈って喜ばれたお土産は、千葉県にある「見波亭の黒糖まんじゅう」で、20年近く購入している商品です。同じ見波亭で千葉県の鋸山にちなんだ「鋸山バウムクーヘン」も作られており、こちらは作ってる工程を見ることもできるので、小さなお子さんがいるご家庭の方には喜ばれると思います。大人が見てても楽しめます。

「見波亭」の基本情報

店舗名:見波亭本店
住所:千葉県富津市金谷2288 ザ・フィッシュ内
電話:0439-69-8373

『見波亭本店』の場所

「見波亭の黒糖まんじゅう」とは


この投稿をInstagramで見る

yukieさん(@yukie569)がシェアした投稿

両方ともモンドセレクションの金賞を受賞しています。「黒糖まんじゅう」は10年連続金賞を受賞された商品です。バウムクーヘンとのセットもありますが、「黒糖まんじゅう」のみの値段は6個入りで756円(税込み)です。
化粧箱入りでなければもう少しお安い6個入りで570円(税込み)です。

「黒糖まんじゅう」のおいしさの魅力

ひとつひとつの個別包装になっているので、来客時にお茶菓子用としてやお子さんなどにも小分けにできます。
こちらの「黒糖まんじゅう」は『こしあん』です。普段は粒あん派の人でも満足いただける商品だと思います。

黒糖たっぷり、はちみつたっぷりで、皮が薄皮になっていて黒糖で作られているので鼻から抜ける香ばしさがあり、ふわっとした優しい食感と少しもっちりとした食感を楽しめとても美味しいです。

甘すぎずのほどよい甘さです。ひとくち口に入れると自然と笑顔になっていきます。店頭の奥で作られているので、新鮮さがあります。

 

 

「黒糖まんじゅう」を買える場所


この投稿をInstagramで見る

飯田 歩さん(@kanamouse)がシェアした投稿

千葉に行った際には必ず購入して、家用、ご近所さん用、お友達用にと購入しています。試食もあります。千葉県金谷にある「THE Fish」の中にあるお店です。こちらが本店になります。金谷のフェリー乗り場のすぐ側です。

以前は「THE Fish」自体が16時半くらいで閉店で、釣りや海水浴を早めに切り上げてのお買い物でしたが、今は18時まで開いているので、だいぶゆっくり楽しめるようになりました。

こちらの駐車場からの景色はとても抜群です。お天気のいい日の夕方には、とてもキレイな夕日が見られます。海沿いに、カップル同士やご家族、わんちゃん連れなども歩ける広いスペースがあるので、ゆったりとした時間を過ごせます。

金谷の本店の他に、東京湾アクアライン海ほたるPA、館山自動車道Pasar幕張(上り)でも売っています。

バスツアーも!?大人気!

最近ではメディアなどでも取り上げられて、バスツアーなどでも立ち寄る場所になっています。そのテレビを観るたびに行きたくなり食べたくなります。時期や時間帯によっては、とても混んでいます。

1/4サイズにカットされた試食が、ほぼずっとあります。試食がなくなれば、店員さんが確認して新しい試食用を出してくれる優しさにも感動です。ぜひ行かれた際には試食してみてください。

自宅で「黒糖まんじゅう」を作ってみる

生地の皮が薄皮にならないのがちょっと残念ですが、たまに作ってみます。

材料
白砂糖20g、黒糖80g、薄力粉150g、水45ml、ベーキングパウダー2g、水小さじ1、あんこ(缶詰など)

作り方
①粉類は混ぜておきます。あんこは20gずつ丸めておきます。

②小さい鍋に黒糖+水、砂糖を入れしっかり溶けたら火からおろします。

③粉類に粗熱がとれた黒糖類を加え、練りすぎないように混ぜ、冷蔵庫に30分以上寝かせます。

④生地をのばし、お好みのあんこ(粒あん・こしあん)を入れ丸めます。

⑤蒸し器にクッキングシートを敷き、穴を開けておきます。

⑥蒸気の上がった蒸し器に乗せて弱火で10分蒸かして冷めたら完成です。

なかなか美波亭の「黒糖まんじゅう」の薄皮にたどり着くにはほど遠いですが、時間があるときや食べたいとき、家族からのリクエストなどがあったときに手作りしています。

「黒糖まんじゅう」の賞味期限・保存方法


この投稿をInstagramで見る

ⓨⓤⓚⓘ◡̈*♡.°⑅さん(@yukkysma)がシェアした投稿

未開封のままで製造日より20日以内です。
直射日光を避け、冷暗所に保存してください。冷凍保存もできるので、多めに購入して冷凍しておくのもひとつです

家用に多く買って、毎回冷凍して食べたいときにいただいてます。解凍の際には、冬場は自然解凍、夏場は冷蔵庫に直接入れて解凍しています。

朝冷蔵庫に入れておけば、夕方には解凍されています。冷凍庫にあると分かってると、とても安心します。いつでも食べれるんだな…とか、これで最後か…とか、少し悲しくなったりします。

年に1回は千葉へ旅行に行きますが、目的のお墓参りや釣りと同じく、見波亭の「黒糖まんじゅう」をまず試食するとテンションが上がります。

「THE Fish」の中は広めの施設で、レストランも奥にあり、中からの眺めに海が広がっているので眺めはとてもいいです。海産物などぐるりと見て回って、たくさんのお土産を見て購入して、必ず最後に見波亭の「黒糖まんじゅう」にたどり着きます。クーラーボックスがいっぱいになるくらい、海産物に加え、こちらを購入します。

さいごに

ご近所さんにもとても気に入ってもらえてます。アレンジは考えたことがなかったですが、冷凍してもそのままがとても美味しいので、アレンジせずそのままいただくのが一番です。

お忙しい方や、急に必要になった方には通信販売でも購入できます。ギフトや贈答品としてもお薦めします。

 

スポンサー広告