八丈島藍ヶ江水産の人気くさや定食の味は!?自宅で簡単!美味しくなる「くさや」レシピ

735132D7-6355-4398-8539-4A249E724490

 

はじめに

今回おすすめするご当地グルメは、東京の離島の八丈島が誇る名産品「くさや」です。「くさや」と聞いて「臭い食べ物」と思う方が多いと思いますが、食べ方を工夫すれば美味しく召し上がっていただける一品です。

「くさや」とは


View this post on Instagram

jinkenlcさん(@jinkenlc)がシェアした投稿

八丈島や新島など、いわゆる「伊豆諸島」と呼ばれる地域で生産が盛んです。これは、本土から遠く離れているため生魚での出荷が厳しい地域で、いかにして魚を保存しようかと考えた結果、「くさや」汁という発酵した液につけて干物状態にして保存するという方法を思いついたことから誕生した一品です。

所説ありますが、江戸時代にはすでに「くさや」が作られており、徳川幕府にも献上されたと言われている歴史ある一品なのです。

「くさや」は栄養が高い!?

近年、発酵食品に注目が集まっており、「くさや」は発酵食品の中でも栄養価が高く、うまみをたっぷりと含んだ商品として注目され始めています。「くさや」と一言に言っても、様々な魚が加工されており、代表されるのはアジ、トビウオなどの魚です。魚によってうまみが変わってきますので是非食べ比べされることをおすすめします。

「くさや」のが購入できる名店は?


View this post on Instagram

junさん(@black.leo838lgr)がシェアした投稿

そんな「くさや」の生産地、八丈島でぜひおすすめしたいお店が『藍ヶ江水産』さんです。こちらは八丈島の加工所の中でも昔から続く歴史のあるお店で、海の近くに加工場を設け、水揚げされた新鮮な魚を素早く加工しています。

その作業は一匹一匹手作業で行われており、大変な手間と時間がかかっています。使用する液も明治時代から続く歴史のある液で、長年の伝統により日々おいしい「くさや」が作られています。

今まで「くさや」が苦手だったという人も、『藍ヶ江水産』さんの「くさや」を食べてみると「あれ、食べられる。」と驚かれる方が大勢いらっしゃいます。

「くさや」を楽しめる『藍ヶ江水産』とは?

そんな美味しい「くさや」を食べるには、主に店舗とお土産の2パターンあります。

まず店舗ですが、『藍ヶ江水産』さんは八丈島に「地魚干物食堂 藍ヶ江水産」という食堂を構えています。ランチ~夜の時間営業しており、営業時間は11:30~21:00、日曜日は定休日です。夜は居酒屋として営業しています。なかでも「くさや」を楽しむのにおすすめなのがランチの定食です。

会社名:藍ヶ江水産
住所:東京都八丈島八丈町大賀郷2333
電話:4996-2-2745
営業時間:ランチ11:30 〜14:00、居酒屋17:00〜21:00、お土産販売11:00〜21:00

『藍ヶ江水産』の場所


View this post on Instagram

聖☆ねこちゃんさん(@saint_nekochan)がシェアした投稿

「くさや」メニュー

常時「青むろ鯵くさや定食」「トビウオのくさや定食」「熟成生くさや定食」の3つのメニューがあります。

値段は約1500~1700円ほどです。価格は少しお高めに感じるかもしれませんが、いざ定食が出てきてみると大きさにびっくりします。メインの「くさや」の他にも、小鉢2品と香の物、亀の手と岩ノリのお味噌汁が付きますのでボリューム満点の定食です。

やはり独特のにおいがしますが、こちらの「くさや」は深みがあるというか、クセになるにおいがします。食べてみると身はふわふわで風味と凝縮された旨味が口の中に広がりとてもご飯がすすみます。

ここで注意していただきたいのが、素手で触ってしまうとにおいが手についてしまいますので、なるべくお箸で上手く召し上がってください。お店で焼く「くさや」は焼き加減が絶妙ですので、ぜひお店で食べられることをおすすめします。

東京都内で楽しめる店は?


View this post on Instagram

Emiko Katoさん(@emikosakiko1219)がシェアした投稿

都内でも池袋にある「くさやバー」さんにこちらの『藍ヶ江水産』さんの「くさや」が卸されていますので、八丈島だと行けないなという方も都内で本格的な味を楽しむことができます。

『藍ヶ江水産』さんでは加工した商品の販売もおこなっています。トビウオや鯵丸々一匹を使った「くさや」の他にも、食べやすく細かくさいたおつまみパックのものや、チーズと一緒に燻製にしたものなど様々なバリエーションの商品が並んでいます。

「家で焼くのは勇気がいるな…」という方には細かくさいたおつまみパックのものをおすすめします。こちらならサイズも小さいですし、気軽に「くさや」を楽しむことができます。「くさや」関連の商品は真空パック状態にされていますので、持ち帰る際もにおいが外に漏れることなく安心です。

 

 

自宅で簡単!美味しくなる「くさや」レシピとは?


View this post on Instagram

やーはーモヤイくんさん(@ya_ha_moyaikun)がシェアした投稿

くさやピザ

八丈島の居酒屋などでよくでる「くさや」を使ったメニューの中には、焼いたもの以外でもご自宅で簡単に真似できるようなものが多くあります。特におすすめなのは「くさやピザ」です。

ピザ生地の上に「くさや」とチーズとマヨネーズをのせて焼きます。(お好みでトマトソースでもOK)チーズによって香りが中和されだいぶ食べやすくなります。何も言われないで食べると「シーチキンかな?」と感じるほどですので、「くさや」に食べなれていない方におすすめの食べ方です。

くさやと明日葉のマヨネーズあえ

もう一品八丈島でよく食べられる食べ方が「くさやと明日葉のマヨネーズあえ」です。明日葉は八丈島で有名な葉物野菜ですが、ほうれん草や小松菜でも代用可能です。

焼いた「くさや」と野菜をマヨネーズであえるだけの簡単なお料理ですが、「くさや」とマヨネーズがマッチしてとても食べやすいです。こちらもマヨネーズのお陰でだいぶにおいは緩和されます。どちらも簡単にできる食べ方ですので、ぜひ試してみてください。

さいごに

「くさや」と聞くとどうしても「臭い」というイメージが先行してしまい、手を出しづらい食べ物かもしれませんが、丁寧に作られた商品を選べば美味しさに気づくことができる一品だと思います。

ぜひ一度八丈島が誇る名産品「くさや」を召し上がってみてください。

 

スポンサー広告