ロハスフェスタ(大阪)の歴史・アクセス・見どころ・口コミを紹介

7b4bd77e5d85fc77509e196b84bf1516_s

 

「ロハスフェスタ」は、毎年万博公園や大阪南港、淡路島などの各地で開催されています。

「健康と持続可能な社会に配慮したライフスタイル」をキャッチコピーに、人の心身に優しい生活や、社会、地球にも優しい、という考えのもと、心豊かに生活するための工夫を提案するために開催されています。

マイバックやマイ食器、マイカトラリーを持参するのが恒例のお祭で、屋台でも使い捨て紙コップや紙皿を基本的に使いません。

子供たちにも簡単に物を捨てない、大切にする精神など、お祭に参加する大人たちを見ることで良い影響があると思います。


View this post on Instagram

boN boM  かご・インテリア雑貨さん(@bon_bom_inst)がシェアした投稿

基本情報

ロハスフェスタ万博
住所:大阪府吹田市千里万博公園1-1
電話:06-6338-0641(ロハスフェスタ事務局)
開催時期:2019年4月26日金曜日~5月1日水曜日
開催時間:9時半から16時半
開催場所:万博記念公園内東の広場

入場証の購入が必要で、お祭が終了する30分前(16時)まで販売されています。ロハスフェスタの会費として大人350円必要で、小学生以下は無料です。 その他に万博公園に入場するため大人250円、小中学生は70円必要ですが、障害者手帳持参だと、本人と介助者が1人まで無料になります。

歴史

今年で31回目を迎えるロハスフェスタ。

使用済みや賞味期限が切れた天ぷら油を会場に持参すると(500ml~)、バイオディーゼル燃料として会場内で使用される発電機の燃料に生まれかわったり、リサイクルについて身近に考えさせられるきっかけを与えてくれます。

牛乳パックも会場で使用するトイレットペーパーになったりと、子供たちにも目に見えてエコとは何かを説明することができます。 「一人一人の心がけが地球にやさしい未来を作る」というテーマなので、全体のことを考えられる教育にもなると思います。

アクセス

電車

大阪モノレール「公園東口」駅から徒歩10分

公園内の有料駐車場(約2000台)に停められますが、GWということもあり、混雑が予想されるので電車の方が無難です。

 

 

見どころ

野外でのイベントなので、雨、荒天で中止する場合があります。 環境に配慮した手作り衣服やグッズ販売もされていて、はぎれや木材など、身近な物でオシャレなアンティークが作れたり、体験ブースも充実していて、1日居ても飽きないです。

お祭りの鑑賞スポット・穴場

イベントが行われるステージ前には、パイプ椅子や木製の可愛い長椅子が用意されています。 屋台で購入した食べ物をそこで食べるようにすると、1日を通じてイベントが行われるので、見やすい席に座って食べながら鑑賞することができます。

お祭のメインゲートの近くでは、「LOHAS FESTA」と書かれた色々な看板が並び、写真を撮るのに良いスポットがたくさんあります。 朝は撮影する人が並んでいて混雑するので、帰り時間に撮影するのがおすすめです。

お祭り期間中のイベント 子供にはミニSLに乗れる場所があったり、うさぎなどと触れ合えるミニ動物園もあります。 給茶スポットもあり、冷たいお茶などを持参した水筒やコップに無料で頂けます。 お昼時は行列ができているので空いているときに行きましょう。 ロハスステージでは、ハワイのフラダンスやラジオの公開録音もされています。

エコを考えるお祭りなので、エコステージという場所では、汚れた食器を洗う水道があり、ゴミを分別して捨てるようになっています。 「世界一ながい落書きキャンパス」という場所もあり、子供たちが自由にお絵かきを楽しむこともできます。 授乳室や救護室もあるのも助かります。

ロハスフェスタ万博の2019開催日と2018年大阪府吹田市の体験レビュー!日本最大級エコイベント

口コミ


View this post on Instagram

ちゅらさんさん(@cyura.san)がシェアした投稿

美味しかったもの 屋台としては種類がありすぎて、何を食べたいか絞るのが大変です。

車自体がロハスな空間というか、屋台に変身している店も多く、木製の子ども向けの椅子や机、お花屋があったりメキシコ雑貨店があったり、特定の好みのある知人へのお土産も、どこかのお店で見つかると思います。

コーヒーなどの飲料も充実していて、美味しかったのは唐揚げです。 持参したお弁当箱に入れてくれるので、グラム単位で販売されていましたが、「お弁当が大きいからオマケでたくさん入れてあげる」と言って、山盛りにしてくれて嬉しかったです。

野外でベンチに座り子供と食べて、食べた後の食器に今度は別のお店で購入したオムライスを盛ってもらい食べて、普通の食べ歩きとは違う食べ方、食とのかかわりができたと思います。

交通規制・混雑

お昼時はかなり混雑していて、万博公園内に入るのにも車だと並ぶ場合があります。 入場チケットの購入で並ぶこともあるので、あさイチで行くか、お昼を少し過ぎた頃に行くのがおすすめです。 ご当地ハンバーガーやかき氷などのお店が人気で、並ぶ場合があるので、家族で手分けして購入するためにいくつか食器を余分に持っていくと良いでしょう。

まとめ


View this post on Instagram

eico-cyqさん(@eicocyq)がシェアした投稿

子供たちにエコ、地球環境について考えさせられる面白いイベントです。 体験型、参加できるイベントも多いので、作った作品をそのままお土産にすることもできます。

環境保護という事で、動物(飼い主のいない犬や猫)保護の施設や病院の方が活動を紹介するブースもあり、命についても学ばせることができます。 ママも一風変わった民族衣装を見られたり、パパたちも自家用車を改造して屋台風にしたものをみて興味深そうで、目にも楽しいイベントです。

万博記念公園で10歳の子とニフレルへ!駐車場代を無料にする裏ワザとは

台湾夜市のグルメフェアでパクチーにやみつき!ビュッフェ体験レポート

ガンダムスクエアのガンプラの品揃えに圧倒!組み立て体験の年齢制限は?

イオン大阪ドームシティ内のトイトイパーク・キッズキャッスル体験【雨の日どうする】

スポンサー広告