ロッテリアのソイ野菜ハンバーガーとは!?ダイエット中でも安心のカロリーと材料

9396282a0476516b6af901dba9e9e4de_s

 

ハンバーガー大好き!だけどダイエット中だから今はやめとこうかな・・・そんなカロリーが気になる人には、コレ「ソイ野菜ハンバーガー」!この度、ハンバーガーでお馴染みのロッテリアより新発売され話題です。気になるカロリーと材料にも注目してみました。

ソイ野菜ハンバーガーとは

ネーミングだけでも、ヘルシーっぽい!と思う人も多いはずです。そう、その通り、この度、新時代とともに新発売された「ソイ野菜ハンバーガー」は、ロッテリアが開発した新メニューです。

ハンバーガーの醍醐味でもあるパティには肉ではなく大豆を主原料とされ、カロリーダウンという、ヘルシー志向には嬉しいハンバーガーとなっています。

ハンバーガーといえば、バンズにビーフパティにソースたっぷりでチーズガッツリ!ドリンクは炭酸!!というアメリカンスタイルが定番ですが、今回の「ソイ野菜ハンバーガー」は、現代の日本人の健康を考えたこだわりの逸品になっているようです。

販売価格は単品で 390 円、7 月までの期間限定の予定です!気になる人は早めにお求めくださいね。

ソイ野菜ハンバーガーの味と特徴


View this post on Instagram

Kazuki Iさん(@kaz_299)がシェアした投稿

パティにお肉を使用していないのが最大の特徴です。肉の代わりに大豆なんて!?大豆って聞くと、ボソボソパサパサ食感、大豆の臭みが気になる・・・肉じゃないなんて物足りない!など、苦手意識が先に来てしまう人も多いのではないでしょうか。

そんな仕上がりでは当たり前すぎて思うツボです。そこはロッテリアにより研究を重ねられており、肉じゃん!というような、日本人好みの食感に仕上げられているようです。

また、多種のスパイスをプラスすることで香りも楽しめるという、さすがロッテリア!これまでなかったのが不思議と思う人続出かもしれません。

ソイ野菜ハンバーガーの材料

今回は、ハンバーガーのメインでもあるパティには、お肉の代わりにソイが使用されています。また、タマネギやナツメグ、クミン、ガーリックなどのスパイスもプラスされて旨みと香りも楽しめるというこだわりぶりです。

「ソイ」とは、大豆のこと。言わずと知れた豆腐の原料でもあり、たんぱく質が豊富で栄養価も高い畑のお肉として高く評価されています。また、海外でも美容と健康食材として注目されセレブリティのあいだでも注目の食材なのです。

ソイ野菜ハンバーガーの糖質とカロリー


View this post on Instagram

spiya_mon8さん(@spiya_mon8)がシェアした投稿

「ソイ野菜ハンバーガー」は 260 kcal。たんぱく質 12.3、脂質 8.3、炭水化物 32.3、食塩 1.9g 。パティのカロリーオフに合わせて、ノンコレステロールマヨドレ、ケチャップが使用されることで、カロリー 50 %オフ! とことんカロリーにこだわった商品です。

サラダとドリンクを付けてセットにしても、約 352 kcal〜。躊躇することなくセットでオーダーすること間違いなさそうです。

ソイ野菜ハンバーガーとダイエット

ダイエットは女子の永遠のテーマ!いや、毎年の健康診断を気にしている世のお父さん方も、お手軽なハンバーガーをついつい食べて、気がつけばお腹周りに危険信号が!!たまにはダイエットなんて気にせず、大好きなハンバーガーを食べてみたいですよね。

そんなギルトフリーなハンバーガーが「ソイ野菜ハンバーガー」です。ちなみに、人気上位の絶品チースハーカーは、459カロリーで「ソイ野菜ハンバーガー」の約 1.75 倍。もちろん、ダイエット方法も様々で、カロリーだけがメタポの元ではありませんが、この「ソイ野菜ハンバーガー」は、ダイエッターにやさしいメニューといえます。

 

 

ソイ野菜ハンバーガーを比較!ロッテリアとモスバーガー

同じく肉を使用されていないハンバーガーが、モスバーガーの「ソイモス野菜バーガー」です。こちらは 290kcal。「ソイ野菜ハンバーガー」よりも、30kcal 多めです。たんぱく質 13.8、脂質 8.5g、炭水化物41.1、食塩 1.8gとなっており、全体的に栄養若干高めといえますが、単品 360 円で価格は低め。

サンドされているレタス、トマト、オニオン、パティ、具材もほぼほぼ同じで、レタスがカットされているかいないか程度の違いで、大きな違いはありません。こういう時は、バンズの好みで好き嫌いが判定されたり、見た目で判断されたりです。

しかし、ハンバーガーの 30 円の差は大きいかもしれません。

ソイ野菜ハンバーガー口コミ

既に、食した人が多いようです。大豆でできているというと、ちょっと苦手意識が出てしまう人も多いようですが、食べたらわかるこのウマさ!若者にもウケているようです。食べた人の口コミをご紹介します。

https://twitter.com/Smile_veg/status/1126725923250720769

まとめ

ハンバーガーはジャンクフードといわれていますが、直径 10 センチ厚さ 5 センチほどの中に、肉(魚)野菜、ソースがバランス良くサンドされた立派な食事です。

しかも手で食せるなんて、今更ながら忙しい現代社会にピッタリなのかもしれません。カロリーオフとなればなおさらです。これからの、ファストフードも目が離せません。

 

スポンサー広告