六花亭マルセイバターサンド販売店とイートイン OK の店舗は?さらに美味しくするイチオシの楽しみ方【北海道】

7bb6c720dfc4f0979dc77c23d69083ae_s

 

「マルセイバターサンド」のおすすめの理由

私がおすすめしたい一押しスイーツは、北海道土産の定番ともなっている、六花亭から販売されている「マルセイバターサンド」です。何と言ってもその濃厚なバターの味わいとレーズンのマッチングが癖になってしまうだけでなく、サクサクと口の中で解けるような食感は他の追随を許さない絶品だからです。

「マルセイバターサンド」歴史と誕生


View this post on Instagram

M.Dさん(@__marrianna__1224)がシェアした投稿

北海道帯広市に本社を置く北海道を代表する製菓のメーカーである「六花亭」の看板商品となっている、マルセイバターサンドですが、なんと六花亭全体の売上の約4割を占めているそうです。北海道を訪れた人にとって、お土産としての知名度も高いことでも知られています。

そんな六花亭のマルセイバターサンドですが、1977年に六花亭製菓の社名変更の際に、販売された歴史があります。当時、東京の代官山にある小川軒というお店のレーズンウィッチという商品が人気を博していたことから、そのブームにあやかりたいとの思いで、商品開発・販売がされたという経緯があるそうです。

賞味期限内であれば、いつでもサクサクした食感を楽しむことができるだけでなく、誰もが認める北海道銘菓としての地位を築き上げることに成功しました。

レーズンウィッチとは

ショートニングをクリームの代わりに使っていたのに対して、マルセイバターサンドは六花亭オリジナルのホワイトチョコレートとフレッシュバターで作ったレーズンバターを押しげもなく使用し、サクサクのビスケット生地に挟んだものとなっています。

店舗名:六花亭店舗一覧オンラインショップ

「マルセイバターサンド」のイチオシの楽しみ方


View this post on Instagram

えぐちゃんさん(@egu28chan)がシェアした投稿

とくに、おすすめの食べ方は、冷蔵庫であらかじめ冷やしておくことです。そうすることで、バターがより歯ごたえのある硬さとなるだけでなく、まるでアイスモナカを食べているような冷たい幸せが口の中に広がります。

飽きの来ない美味しさが、多くの人を虜にし、魅了してきたことの証明であると言えなくないと思います。

 

 

「マルセイバターサンド」の販売店と食べられるお店

そんな六花亭のマルセイバターサンドは、北海道以外ではなかなかお目にかかることができません。というのも、六花亭の社長さんのご意向で、北海道でなければ食べることのできない、買うことのできないといった地域密着の経営戦略を推進した結果なのだそうです。とはいえ、全国のデパートで開催されることのある北海道物産展では、常に人気ナンバーワンとなり、あっという間に売り切れてしまいます。

六花亭の五稜郭店

ほかにも、六花亭の五稜郭店では、イートインスペースが設けられており、お茶をいただきながら、六花亭のスイーツを味わうことができるのでおすすめです。

とくに、六花亭は、一個ずつの販売をしてくださっていますので、試食の意味でも、お好きなお菓子をたくさん食べることができるのが、うれしいポイントとなっています。お値段も、イートインであっても、通常の販売価格と同料金ですので、安心です。

「六花亭の五稜郭店」基本情報

店舗名:六花亭の五稜郭店
住所:北海道函館市五稜郭町27−6
電話: 0138-31-6666
営業時間:喫茶 10:00~17:30(L.O.17:00)

『六花亭の五稜郭店』の場所

「六花亭」実店舗のメニュー


View this post on Instagram

テルミーさん(@tellme.mc)がシェアした投稿

お店の場合には、その場でお土産にできる焼き菓子だけでなく、かき氷やパンケーキ、プディングケーキや白玉ぜんざいやストロベリーパフェといったスイーツをいただくこともできます。

ほかにもクロワッサンや十勝御強定食・ほたて御飯定食・栗御強定食といったがっつり空腹を満たしてくれるようなメニューも用意されていますので、ランチタイムに利用しても満足できること間違いありません。なお、コーヒーなどドリンクはセルフサービス方式となっています。

絶対食べてほしいといメニュー

やはり、これだけは食べてほしいというのは、マルセイバターサンドです。雪やこんこやストロベリーチョコも捨てがたいですが、やはりマルセイバターサンドに軍配が上がると思います。甘すぎず、大人の風味なのに、子供でも美味しくいただくことのできる不思議な魅力に満ちあふれています。

「六花亭」に連れて行った父の感想

六花亭のことを全く知らなかった父親を連れて行ったのですが、私がとにかく押しに押しまくって、マルセイバターサンドを食べるよう促してみたところ、どうやらドンピシャでハマってしまったようで、もっと買っておけばよかったと、後悔さえしていました。もちろん、私はそのことを見越して、父親用に、多めに購入しておいたので、あとで大変喜んでもらうことができました。

「マルセイバターサンド」を自宅で作る方法


View this post on Instagram

Miki ちいさなキッチンさん(@miki_petitecuisine)がシェアした投稿

そんな六花亭のマルセイバターサンドのようなスイーツをご自宅で作ろうと思えば、なかなか試行錯誤が必要だったり、テクニックが要求されてしまいます。とはいえ、クックパッドなどの人気レシピの中に、数々の「マルセイバターサンドレシピ」が存在していることも事実です。それだけファンが多くて、できることなら自宅で作ってみたいと思っていることの現れと言えます。

ちなみに、サブレ生地のクッキーは、薄力粉にアーモンドプードル、無塩発酵バター(なければ無塩バター)、粉糖、卵黄 、牛乳、バニラエッセンス、ベーキングパウダーを混ぜ合わせて、オーブンで焼き上げることでよく似たものとすることができます。

また、中身のレーズンバタークリームも、レーズンに、水・グラニュー糖・ラム酒・無塩バター・ホワイトチョコ・ブランデーをあわせることで、より近いものとすることができるようです。

いつでも自分でマルセイバターサンドに似たお菓子が作れたら、それ以上の幸せはなかなかないのではないでしょうか。

さいごに

なかなか、こんなにもロングセラーとなっているスイーツは、他に例がないように思います。類似品はほかにもさまざま販売されています。でも、やっぱり六花亭のマルセイバターサンドでなければ、満足できないのです。

というわけで、北海道に訪れる予定のある方、あるいは、物産展に行く予定のある方は、絶対におすすめですので、六花亭のマルセイバターサンドをぜひご賞味いただきたいと思います。