ますの寿司はサクラマスを使った富山のご当地グルメだって知ってた?食べ方・保存方法

ee80c7490f8c7a28ff26f5c19986618a_s

「ますの寿司」は、現在ではコンビニのおにぎりコーナーや新幹線の駅弁コーナーなどでも販売されており、富山県以外でも市民権を得てきています。

しかし、この「ますの寿司」を一度は食べたことがあっても、意外と富山県のご当地グルメたったとは知らない方が多いのです。そんな、全国で市民権を得て来ている「ますの寿司」について、富山県出身者が、美味しい「ますの寿司」を食べて育って来た知識を生かしてご紹介していきます。


View this post on Instagram

溝渕俊介 shun mizobuchiさん(@shun_mizobuchi)がシェアした投稿

ますの寿司は「サクラマス」

「ますの寿司」は、押し寿司の一種です。上に乗せられた魚は、サクラマスという種類の「ます」を使用しています。サクラマスは、サケ科の魚で切り身も鮭のような色をしています。

諸説ありますが、川で生まれたこのサクラマスは成長とともに海へ旅に出てちょうど桜が咲く頃に川に戻ってくるのでサクラマスという名が付いているようです。富山県のご当地グルメである「ますの寿司」では、このサクラマスを塩漬けにして使用しています。

大家族には 2 段重、一人旅にはコンビニ「ますの寿司」


View this post on Instagram

Cake Mixさん(@cakecakemix)がシェアした投稿

木製のわっぱの底に寿司が痛まないよう、防臭・殺菌作用の効果がある笹を敷き詰めて、酢飯を詰めその上にサクラマスを並べて作られます。

コンビニ等でよく目にされる「ますの寿司」は、ケーキの1ピースのような形をしていますが、実はあれは円形の「ますの寿司」を食べやすいように入り分けられた後の姿なのです。

お土産などで販売されている「ますの寿司」は本来は円形型で大人の手のひらを広げたものよりも少し大きいくらいの大きさをしています。「ますの寿司」は、1 段と2 段のものが販売されていることが多いです。家族の人数が多い家庭では 2 段重なったものを購入していきます。

始まりは江戸時代!鮎寿司がルーツ!?

実は、最初のルーツは鮎寿司だったとも言われています。当時の富山藩主である前田利家が料理人の作った鮎寿司を気に入り、徳川吉宗に献上し賞賛されたことが始まりとされています。

その後、鮎ではなく富山県に流れる神通川で取れるサクラマスを使用して寿司を作るようになって、今の「ますの寿司」になったと言われています。わっぱを開けると、まず笹の緑が目に入り、広げていくとサクラマスの綺麗な橙色があたりをパッと華やかにしてくれます。

富山県では、小さい頃から親しみのある寿司で小さな子どもからお年寄りまで幅広い世代に愛され続けています。そして、県外へのお土産にも好んで選ばれています。

「ますの寿司」の食べ方、わさび醤油をつけても美味!


View this post on Instagram

Nathan Hirschさん(@ilovetataki)がシェアした投稿

「ますの寿司」の食べ方の特にルールはありません。押し寿司なのでそのままでももちろん食べられますし、わさび醤油をつけて食べても美味しくいただけます。一度に食べてしまうのであれば、全ての笹を広げて、「ますの寿司」を切って食べていただいて問題ありません。

しかし、一度に食べきれない場合や手を汚したくない場合は、笹の上から包丁でケーキのように切ることをお勧めします。そうすると、笹がますと酢飯を乾燥から守ってくれます。

「ますの寿司」の保存方法

保存方法については注意が必要です。「ますの寿司」は、なるべく冷蔵庫に入れないで保存してください。夏場は仕方ありませんが、ほかの季節はなるべく涼しいところに置いて保管してください。冷蔵庫に入れてしまうと寿司飯が硬くなってしまって美味しく食べられなくなってしまうのです。

「ますの寿司」夏と冬の味の違い

劇的に味が変わるわけではありませんが、夏場と冬場で微妙に味わいが違って来ます。夏は寿司の良い状態を保つために酢飯に使われる酢が強めになります。このため、味わいがさっぱりめになります。

冬場は、サクラマスの脂が乗って酢も弱めになるので夏場よりも旨味が濃くなります。どちらもとても美味しいので、ぜひ季節を変えて味わってみていただきたいお寿司です。

店舗で味が違う!?「ますの寿司」の食べ比べ


View this post on Instagram

さやかさん(@rubysayaka)がシェアした投稿

富山県には何軒もの「ますの寿司」屋が存在していますが、それぞれに味の違いがあります。それは、使っている米や酢の違い、押し加減などもあるようです。

富山駅にあるお土産売り場のとやマルシェでは、富山県で作られている「ますの寿司」の違いを説明してくれて、購入者の好みの「ますの寿司」を選んでくれる専門店もあります。

おすすめのお店「寿々屋(すずや)の鱒寿司」


View this post on Instagram

あいちゅん☆ お写ん歩ぐらふぁーさん(@aityun0914)がシェアした投稿

中でもお勧めなのは、寿々屋の鱒寿司です。こちらもとやマルシェに入っているお店です。昔ながらの製法で手作りで一つ一つを作っているので量産されていません。なので買いに行く時間が遅くなってしまうと売り切れていることもある人気の「ますの寿司」です。
贅沢な時「白えび寿司」

この寿々屋では、「ますの寿司」以外にも富山で愛されているぶり寿司を購入することができます。ぶり寿司は、また違う味わいでとてもさっぱりいただけます。他にも、富山湾の宝石と言われる白えびを贅沢にしようした白えび寿司もあります。

お土産用には、小さい柿の葉寿司のような形になった「ますの寿司」も用意されているので、こちらもお勧めです。

県外出身の夫の感想


View this post on Instagram

SANTA PAPAさん(@itamae_sushi_chef)がシェアした投稿


夫は県外出身なので、「ますの寿司」をちゃんと食べるのは初体験でした。冬の脂ののったサクラマスで作った「ますの寿司」を食べて、ファンになったようです。今度は、夏の「ますの寿司」とぶり寿司を食べると意気込んでいます。

義実家にもお土産として持って行ったのですが、2段あった「ますの寿司」があっという間になくなっていました。押し寿司なので、生臭さはなく子どもでも食べやすいので、普段は魚嫌いの甥っ子もパクパク食べてくれていました。富山の美味しいご当地グルメ、「ますの寿司」をぜひ召し上がってみてください。

道の駅雨晴オーシャンビューのカフェで富山ブランド牛「氷見牛」を堪能

富山ブラック元祖「大喜」レポート!魅力はしょっぱさ/おすすめの食べ方

どんどん焼きの味の秘訣は昆布消費量全国1位の県民性にあった!?富山ご当地グルメ

スポンサー広告