かみのやま温泉「名月荘」憧れの高級旅館に宿泊!部屋や料理・泉質レビュー【山形県】

4bcbd4192a64e8f2c947eddb46638e19_s

叔父に連れてきてもらった「かみのやま温泉」。初めての体験は最高のお祝いの日となりました。


View this post on Instagram

Rさん(@rereponyo)がシェアした投稿

宿泊料金は、連れて行ってもらった側なので詳細はわかりませんが、1人1泊4万円前後の高級旅館です。ハイシーズンでしたから、ひょっとしたらもっとしたのかもしれません。

「かみのやま温泉 名月荘」とは

山形新幹線のかみのやま温泉駅からは、車で5分くらい。ちょっとした小高い丘の上、という感じの場所に建っています。山形自動車道からだと、山形蔵王インターチェンジから30分くらいかかります。

蔵王山(ざおうざん)が近いのです。丘まるまる1つといった広大な土地に、客室は20しかありません。送迎は、確かおこなっていなかったと思います。

宿名:かみのやま温泉 名月荘
住所:山形県上山市葉山5-50
TEL:0120-72-0330

『かみのやま温泉 名月荘』の場所

贅沢な温泉宿「かみのやま温泉 名月荘」

山形県内では高級旅館として有名で、「名月荘に行ってきた」というと非常に羨ましがられます。「かみのやま温泉」の中でも、正式には葉山温泉というのだそうです。15世紀あたりに開湯したのだということです。

 

 

葉山温泉の温泉質と温泉のおすすめポイント


View this post on Instagram

@ochotababyがシェアした投稿

ナトリウム・カルシウム塩化物硫黄温泉で、切り傷や打ち身に効果があるといわれています。大浴場もよいのですが、貸し切りの露天風呂があり、これがとても素晴らしい。

巨大な蔵王石をくりぬいて、そこにお湯をためているのですが、ややぬるめに設定してあります。気持ちのいい外気を感じながら、ゆっくりといつまでも温泉につかることができるのです。これはポイントが高かったです。くせのないさっぱりとしたお湯でした。

「名月荘」の客室

全体的に、ほわんとした幻想的な宿です。宿の中を歩けばレトロというかアンティークというか、ちょっとだけ外国のような、不思議な空間になっています。一方の客室は、たった2人で使うのがもったいないくらいの広々とした和室です。

畳は、まだうっすらと青く、頻繁に交換しているのだろうと推測しました。聞けば、20しかない客室は、それぞれ違うデザインなのだそうです。

「名月荘」の夕食


View this post on Instagram

#山形牛 #名月荘

ごろうさん(@norigoro44)がシェアした投稿 –

とにかく美味しい食事です。夕食はコースで、次々と部屋に運ばれてきます。不思議なほどベストなタイミングで持ってきてくれます。担当の方が、とても丁寧に配膳や説明をしてくれます。余談ですが、清潔感のある大変お美しい方でした。

質が高い料理が、満足のいく量で出てきます。私はけっこう食べる方なのですが、お腹いっぱいで大満足でした。感動したのが、夕食に出てきたモナカをちょっと焼くだけのために、小さな七輪をそれぞれのお膳に個別に用意してくれたことです。

私はそのようなものを初めて見たのでえらく感動したのを思えています。焼けたモナカの香りが引き立ち、香ばしくて、これは特においしかったです。

宿の中には宿泊客から見えるところにワインセラーがあるのですが、ワインはもちろん、米どころ山形ですから日本酒もずいぶんそろっていました。また、部屋に備え付けのビールなどを、好きな時に飲めたのはうれしかったです。

「名月荘」の朝食

翌朝も、部屋食でした。私のときにはご飯かお粥を選べました。飲みすぎた朝に、お粥はとてもやさしいです。あんなに美味しいお粥はなかなかありません。朝のメニューはシンプルでしたが、質に相当のこだわりを持っているように感じました。

「名月荘」の接客とサービス


View this post on Instagram

Relux|一流ホテル・旅館の宿泊予約さん(@relux_jp)がシェアした投稿

接客はこの上なく丁寧です。車で駐車場に着いた時には、すでに係の方が先回りして待機しているほどです。施設は、一度歩いただけなので全容をつかめているかわかりませんが、おそらく回廊のようにぐるりと四角く一周できます。途中でワインセラーを見つけることもできますが、これは夕食に向けて期待が高まる仕掛けなのかもしれません。アメニティなど、もちろん不満なぞありません。Wi-Fiも完備です。

「名月荘」に泊まって思い出と感想

心に残る思い出といえば、叔父が私とのとあるお祝いのために、こんなに豪華な宿に連れてきてくれたことです。いつかは私が、叔父を連れてきてあげたいなと思っています。泊まったのは夏ですが、雪景色も素晴らしいとのことです。

帰る際にロビーで待っている間、ソファに腰かけた私にお茶を持ってきてくれたことには驚かされました。しかも、梅昆布茶。お酒を飲む人のことを考えてくれたのではないかと思いました。このお茶も、非常においしかったです。おかわりまでいただきました。

周辺の観光スポット

たとえば上山城があります。また、上山市役所のとなりの市民公園では、毎年9月の末になると「全国かかし祭り」が開催されます。あるいは、かみのやま温泉はいくつもの温泉の集まったエリアの総称なので、いろんな温泉を巡ってみるののいいかもしれません。

さいごに


View this post on Instagram

えるみちさん(@t.n.mayonnaise)がシェアした投稿

きちんとした宿の温泉もいいですし、地元の本当に温泉のお湯しかない公衆浴場は、確か100円ちょっとで入れます。足湯は無料です。こちらは熱めです。

また、もう少し足をのばせば斎藤茂吉記念館や、蔵王スキー場も遠くはありません。なにか悪い点があるかな、と無理に考えたのですが、なんにも思いつきません。絶対にまた行きたい、おすすめの高級旅館です。