道の駅白い森おぐに3つの魅力/素朴さな佇まいに癒される

99409ae59b65bf30afac8cd71ad9b7d1_s

 

私の好きな道の駅「白い森おぐに」日記
食べまくった日を思い出して、またお腹が空いています・・・
きっと、また訪れたくなる道の駅です。

「白い森おぐに」は地域の特色溢れるとっても素敵な駅! 皆さんは「白い森おぐに」をご存知ですか。私は3年前に初めて家族に連れられて訪れました。 父親、母親、弟、おじいちゃんとおばあちゃん・・・

特におばあちゃんの実家に向かう途中だったので、あの時のおばあちゃんの活き活きとした顔は忘れられません。さて、そんな道の駅「白い森おぐに」について私の体験談を交えながらご紹介いたします。


View this post on Instagram

@shigetobyがシェアした投稿

基本情報

施設名:道の駅白い森おぐに
住所:山形県西置賜郡小国町大字小国小坂町616-1
電話:0238-62-3719(直売所) 0238-62-4623(レストラン)
営業時間:直売所 9:00〜18:00 、レストラン 11:00-〜15:00
休館日:1月1日(その他 年3~5日程度)

アクセス

新潟県境から東へ5kmの国道113号沿いに位置

山形にある、木造風の茶色い建物が目印の道の駅です。 新潟県との県境ギリギリに位置していて、緑溢れる木々と澄んだ空気に囲まれています。

「白い森おぐに」には主に3つの施設があり、「レストランあいあい」、物産直売所、軽食が売っている屋台となってます。また普通車が約160台停められ、大型車も約20台停められる広い駐車場もあります。父親の運転で訪れたのですが、ストレス無くすんなりと車を停められ満足していたようでした。

全国道の駅特集

白い森おぐにの特色と魅力


View this post on Instagram

COBACANさん(@cobacan_1968)がシェアした投稿

魅力その 1. 美味しそうなにおいたち

車を降りた瞬間に私の意識を引き付けたのは、屋台から香る食べ物の匂い達でした。 醤油っぽい香り、甘い香り、食欲をそそるものばかりでした。そして売り子のおばちゃん達の元気な声。そのままつられる様にして屋台まで行くと、「いらっしゃい!何処からきたの?」とフレンドリーに声をかけてくれました。

これこそが「白い森おぐに」の特色です。物産直売所のおじさんからレストランのおねぇさんまで、まるで知り合いであるかのように気軽に声をかけてくれて旅で知らず知らずのうちに気張っていた心を癒してくれるでしょう。

魅力その 2. フレンドリーなひとたち

温泉 屋台のおばちゃんと立ち話をしているうち、母親が温泉の話を聞き始めました。どうやら道の駅には温泉は無いようで、車で2、3km行けばいくつかあるという情報を得られました。

そこの温泉もとてもいい所だったのですが、それはまた別の機会ですね。道の駅に温泉が無いということで、車中泊をする人は少し不便かな?と感じました。

魅力その 3. 欲ばりたくなる物産たち

美味しい食べ物達 家族がそんな話を聞いているうちに私が何をしていたかというと、屋台でご飯を買いまくっていました。玉こんにゃく、おにぎり、フナ・・・などなど美味しい食べ物達をひたすら食べていました。

また、物産直売所でもお土産を買いつつ色々な試食を摘んでいました。物産直売所にはお土産ようのお菓子、ストラップ、その他グッズなどの様々なものが置いてあり、また旅の途中で飲める飲み物、軽食も置いてありました。お土産用の袋を何枚付けるか聞いてくれて、そこでもとても親切でした。

「白い森おぐに」には特にイベントなどは無いようなのですが、そのようなものがなくても十分な食べ物があるのが武器でした。個人的にはせっかくなので食フェスなどすればもっと沢山の人が集まるのになぁとは思いましたが。

 

 

おススメの楽しみ方


View this post on Instagram

Koutarou Tamuraさん(@densonko)がシェアした投稿

大自然に浸る

個人のオススメの楽しみ方と言ったら、やはり色んな人と話しながら食べ物を食べることです。でも、「人と話したく無い」「別にお腹すいてない」という人にオススメなのは写真です。

東京、大阪などの都会では見れないような壮大な自然、大空を飛ぶ鳥達、どこまでも続いているようなビルの無い景色がそこにはあります。写真を撮るのもよし、ぼーっと景色を眺めるのもいいでしょう。

レストランでも食事

ここまで屋台で美味しいご飯達を食べた私ですが、実はレストランでもご飯を食べています。ここのレストランの正式名称は「レストランあいあい」と言って、ログハウス風の建物でした。私達が食べたのはお好み定食という予約の要らないものでしたが、予約するものもあったようです。

お好み定食は、自分で小鉢などを選んで食べられるものです。好き嫌い、アレルギーにも配慮されているとてもいい試みなのかなと思いました。小鉢ごとに値段が設定されているので、食べ過ぎは禁物ですよ。

交通規制などについて 田舎の道の駅なので、混雑などによっての交通規制は無かったのですが、野生動物に当たって通行止めとかはたまにあると聞いたので、私達はそういうのは無くてラッキーでした。

さいごに


View this post on Instagram

影月 山形より四季の風景さん(@shadow_moon_w)がシェアした投稿

これを書きながら様々な事を思い出してしまい、今とてもお腹が空いています。美味しい食べ物、フレンドリーな人達、壮大な自然他の道の駅では味わえない爽快感がある所でした。

ちなみにおばあちゃんは、屋台のおばちゃんから冬瓜を値切って買っていました。山形に訪れる人では無くても、ぜひぜひ寄ってほしい所です。

ここの道の駅で見たわけでは無いのですが、夜は綺麗な空気と相まって星がよく見えるようなので車中泊をして星を見ながら一晩中過ごす、というのもロマンチックでしょう。

言葉で出来る限りの事をお伝えしましたが、やはり行って体験するのが一番です。 皆さんにとっていい旅のための情報になれば幸いです。

道の駅特集

道の駅「花夢里にいつ」お土産は新鮮組のなんばん味噌/夫とドライブデート

道の駅当麻の家に立ち寄ったらご当地グルメ「ホットサンド」は必食!

道の駅熊野・板屋九郎兵衛の里で食事なら「めはりずし」と熊野地鶏のラーメン!

スポンサー広告