将門のかくし湯「みやこ旅館」名前の由来は?泉質・部屋・食事は?【埼玉県】

5182546ce27998022ce856ba410b7db4_s

「将門のかくし湯 みやこ旅館」おすすめの理由

なんと言っても渓谷を見下ろす露天風呂がとても素晴らしかったので選ばせてもらいました。お風呂に入りながら、秩父の自然を堪能できるので、心の底からリラックスすることができます。

「将門のかくし湯 みやこ旅館」基本情報

宿名:将門のかくし湯 みやこ旅館
住所:埼玉県秩父市荒川白久77
電話:0494-54-1415

『将門のかくし湯 みやこ旅館』の場所

場所は埼玉県市志布志の「白久駅」にあります。送迎バスはなかったので、駅から旅館まで800メートルほど歩きました。

「将門のかくし湯 みやこ旅館」の歴史

この、みやこ旅館のある秩父地方では、たくさんの平将門伝説が残されています。平将門とは平安時代中期の武将のことです。平将門の乱を起こし討ち死にします。

その平将門の妾だった桔梗姫の裏切りにより亡くなったとされていて、山では桔梗の花が咲かなくなったという伝説があります。この話にあやかり、「将門のかくし湯 みやこ旅館」という名前になったとのことです。

「将門のかくし湯 みやこ旅館」の魅力


View this post on Instagram

sachiさん(@sachi580521)がシェアした投稿

伝説の平将門に思いを馳せながら、温泉に入ると、歴史のロマンを感じることができます。ちなみに、温泉は奥秩父白久鉱泉です。水素イオン濃度が86PHあります。こちらのお湯はリウマチや糖尿病、不妊症などに効くとされています。この温泉は貸切風呂ではありませんが、時間帯によっては一人で入ることができます。浴衣やアメニティグッズは、無料で借りることができ良い気分になりました。

食事

お風呂の後に食べたご飯はとても美味しかったです。秩父産の魚や野菜を使った料理は、秩父ならではの贅沢な時間を演出してくれました。ちなみに料理は、部屋食でお膳で運んできてもらえました。部屋でゆっくり食べることができたので、人目を気にしないでのんびりできました。特に美味しかったのは川魚です。しっかり焼けていて、ほくほくしているところが気に入りました。

おもてなし

温泉宿の接客態度は良かったです。気さくな感じの接客だったので、知り合いの家に遊びに来ているような錯覚をしました。温泉宿自体が、人里はなれた自然豊かな場所に建っていたので、日頃の喧騒を忘れることができました。

館内

2つあります。1つ目が温泉宿の入り口付近に鹿や猪の剥製が置いてありました。日頃剥製を見る機会がないので、入り口でお客さんをお出迎えしてくれる剥製達が、やたらと記憶に残りました。2つ目は、やっぱり露天風呂が素晴らしかったことです。しかも、貸し切り風呂ではないのですが、運良く私1人で入ることができました。

 

 

「将門のかくし湯 みやこ旅館」に泊まって


View this post on Instagram

Akiさん(@akii0000)がシェアした投稿

「将門のかくし湯 みやこ旅館」に訪れたのは3年ほど前なのですが、秩父の自然が美しくて、しかも空気が美味しかった事をしっかり覚えています。それに、旅館で入った露天風呂から見る秩父の自然が本当に素晴らしく、今でも思い出すと心が震えます。

本当に癒やされたし、ご飯はおいしかったです。旅館自体の雰囲気も自然を感じさせてくれるものでした。入口付近に鹿と猪の剥製が置いてあったのもインパクトがあって良かったです。旅館を堪能した後に、秩父を舞台にしたアニメ映画のイベントまでエンジョイすることができました。

秩父の自然を堪能しながらゆったり温泉に入って、疲れていた体が静かに癒されていきました。この、秩父の山の景色が良かったので、今だに覚えています。そして、この温泉に連れて行った人の感想を聞いてみた所、こんな答えが返ってきました。「とにかく癒やされた。また行きたい!」私同様に、かなり満足だった様子です。

お目当だったイベント

ちなみに、この温泉に行った時は近辺で「心が叫びたがってるんだ。スペシャルイベント~秩父ふれあい交流会~」というアニメ映画のイベントが行われていました。

実は、この埼玉県秩父市で行われるイベントに行く為に「将門のかくし湯 みやこ旅館」に宿泊したのです。旅館に泊まった次の日にこのイベントに参加しました。旅館もイベントも本当に素敵だったので、人生の良い思い出ができたなと実感しました。

旅館の周辺観光スポット


View this post on Instagram

ラフロイグさん(@laphroaig.88)がシェアした投稿

車で5分ほどいった所に3つ、おすすめのスポットが存在します。

1つ目が「荒川日野花はす園」綺麗なはすが沢山咲いています。2つ目が「荒川日野水芭蕉苑」綺麗な水芭蕉を見ることができます。3つ目が「弟富士カタクリ園」です。

「カタクリ」とは、山野に群生するユリ科の多年生植物のことです。どのスポットも、秩父の自然を感じることができる素晴らしい場所です。しかし、植物には咲き誇る季節が決まっているので、もし行くのであれば事前に植物がちゃんと咲いているのかの確認をしておくことをオススメします。

さいごに

3年前の夏の思い出なのですが、思いを馳せると、山の植物の匂いや、駅から旅館に行くまでの道が地味に遠くて少し疲れたことなどをどんどん思い出す事ができました。暑かったけれど、本当に楽しかったです。

素晴らしい夏の思い出をお話することができて嬉しいです。「将門のかくし湯 みやこ旅館」は少し人里からは離れていますが、非日常を味わいながら心と身体を癒すことができるので、本当におすすめの旅館です。

 

スポンサー広告