ランプの宿森つべつ アクセスと通行止め期間の概要!食事の十勝産黒毛和牛 & 星空露天風呂に大満足【北海道】

aec0407c14808a8b31427ffba383f391_m

 

「ランプの宿森つべつ」の基本情報

宿名:ランプの宿森つべつ
住所:は、北海道網走郡津別町字上里738番地
電話:0152-76-3333

「ランプの宿森つべつ」までのアクセス・道のりについて


この投稿をInstagramで見る

@onsen_ekiがシェアした投稿

送迎バスについて

送迎バスは事前に予約した場合のみ利用出来ます。なお、送迎バスは津別町の市街地にある津別バスターミナルから宿までです。したがって、公共交通機関を利用する場合は、最寄駅のJR北見駅又はJR美幌駅から公共のバスを利用して津別バスターミナルまで行く必要があります。

また、混雑具合によっては利用出来ない場合もあり、当日の連絡は受け付けていません。送迎バスを利用する場合は宿泊日の前日までに予約する必要があるので注意が必要です。ちなみに私は北海道網走市に在住のため、自宅から車で行きました。

車で行く場合

弟子屈方面から迂回する道と阿寒方面から津別峠を抜ける道があります。私は阿寒方面から行きましたが津別峠は冬期間通行止めとなっており、入り口が閉鎖されていました。結局、津別町の市街地まで戻り、弟子屈方面から行く羽目になってしまい到着予定時刻から1時間ほど過ぎてしまいました。

通行止めについて

の期間11月から5月中旬ごろまでのようですが事前に確認する必要があります。津別町の市街地から宿までの道路は1車線の区間が多いですが車通りは比較的少ない道路なのでスムーズに宿に到着しました

「ランプの宿森つべつ」の魅力


この投稿をInstagramで見る

Sho Kimuraさん(@sho.co_178)がシェアした投稿

津別町の市街地を抜けた郊外の森の一画にひっそりとあるため、日常から隔離された空間にいる気分になれます。宿はあまり広くありませんが混雑もしていないため、館内でもゆったりした時間を過ごせます。

また、1階のロビーの休憩ルームの壁全体が大きな窓になっており、そこから椅子に座りながら外を眺めることが出来ます。そして、そこから野鳥や狐など様々な野生の動物を観ることが出来ます。さらに運が良ければ鹿も現れることもあります。

歴史

ランプの宿森つべつは、1993年に開設した温泉宿を改装し、2010年にリニューアルオープンしました。当初は、冬季間のスキー客が大半でしたが、2007年のスキー場閉鎖後、豊かな自然資源を生かしたイベントを多く開催しています。

温泉

温泉は、大浴場、露店風呂、サウナ及び貸切風呂もあります。貸切風呂の温泉は掛け流しで1時間2千円から利用出来ます。

なお、利用の際は事前に予約する必要があります。温泉の泉質は、アルカリ性単純泉、泉温43.5度、加温、循環ろ過・、塩素殺菌あり(但し加水なし)です。

その他の設備は、貴重品ロッカー、脱衣かご、ドライヤー、ボディーソープ、リンスインシャンプーが備え付けられています。大浴場の他に貸切風呂もあるため、お子さんがいる家族も気兼ねなく温泉を満喫出来ます。

今回、私も家族4人で貸切風呂を利用しましたが、脱衣所も浴槽も広くて4人であれば同時に入浴しても狭くありません。また、大浴場では、夜に露店風呂から空を見上げると満点の星空を見ることが出来ます。

食事

お食事処「くりん草」というレストランでした。食事のコースは、スタンダードコースの他季節限定コースなど数種類用意されています。私は季節限定コースを選択し、北海道産のたくさんの海の幸、山の幸をいただきました。中でも十勝産黒毛和牛のお肉がとても美味しかったです。

接客対応・サービス

今回、自宅から宿に車で向かう際、阿寒方面から向かったところ津別峠が通行止めとなっており、到着が遅れる旨の連絡をしました。
その際、フロントの方が電話口で別の道からの行き方を丁寧に教えくれました。

また、夕食の時間も到着時刻に合わせて変更してくれるなど親切に対応してくれました。さらには、幼児用の椅子やオムツなどを事前に用意されており、とても丁寧な接客でした。

「ランプの宿森つべつ」のグレード

宿の客室は、和室、洋室及び和洋室があります。客室は全室禁煙のため、喫煙室が用意されています。アメニティグッズは、ドライヤーから髭剃りなど概ね必要なものは揃っているので手ぶらで来ても大丈夫です。

浴衣の種類は1種類ですが、サイズはS 、M、Lから選ぶことが出来ます。宿泊料金はプランの内容により異なりますが、大人1名1泊8千円から3万円程度です。

 

 

「ランプの宿森つべつ」心に残る思い出

フロントの方に帰り際に家族写真を撮ってもらえたことです。何枚か写真撮影をしていたところ、「撮影しますよ」と声をかけてくれました。2人目の子供が産まれて初めての家族旅行だったので記念に残る良い写真を残せて良かったです。

一緒に行った夫の感想

夫は温泉が大好きなので、日頃からスーパー銭湯や近場の温泉宿に行きますが、今回の宿の温泉はその中でも特に良かったと言っていました。

具体的には、夜に露天風呂に入りながら満天の星空を見ることが出来たことです。また、子供も貸切風呂で家族みんなでお風呂に入れたことが嬉しかったようです。

開催していたイベント

毎年6月から「ノンノの森」で北海道で唯一の森林セラピーが体験出来るのですが、今回の宿泊は4月でしたのでイベントには参加出来ませんでした。

森林セラピーとは、専属のガンドさんと共に森林浴をする癒しのプログラムです。その他にも、森の散策やカヌー体験など様々なイベントがありますが開催時期については事前にHP等で確認する必要があります。


この投稿をInstagramで見る

tomotomo4426さん(@tomotomo4426)がシェアした投稿

さいごに

美幌峠及び津別峠から眺める雲海は圧巻です。ただし、気象条件がそろわなければ見ることが出来ないため運も必要です。しかし、雲海がみれなかったとしてもそれぞれの景色はとても綺麗です。

また、近くには阿寒湖もあり、展望台の景色は雲海に負けず劣らずの迫力があります。近郊の東藻琴には芝桜で有名な芝桜公園があり、旬の5月には満開に咲き誇ります。ぜひ、利用の際は訪れていただきたいスポットです。

 

スポンサー広告