明月院のあじさいの見ごろは本堂後庭園が特別公開される6月がベスト!

11b69d35ad385caa2f00ad54f049f9cc_s

明月院は北鎌倉駅から明月院に至る参道に季節になるとあじさいが咲き乱れその美しさからあじさい寺として親しまれています。あじさいの開花時期としては5月末~となりますが、実際のあじさいの見頃は梅雨時期の6月がお勧めです。

dazaisongさん(@dazaisong)がシェアした投稿

とくに明月院はこの梅雨時期の6月に特別公開されている、本堂後庭園があります。 通常は本堂の円窓ごししか見ることができないので、あじさいを見に行かれるなら特別公開の時期に行きたいものです。

鎌倉 明月院

〒247-0062 神奈川県鎌倉市山ノ内189

電話: 0467-24-3437

眩いくらいに美しいひめあじさいのブルー

シホさん(@shiho_cya)がシェアした投稿

ちなみにあじさいは2500株ほどあり、本堂後庭園には3000株ほどあるといわれていますので、あじさいに囲まれた風景を見てとることができます。

明月院のあじさいは「ひめあじさい」が9割を占めていて、名前の由来は普通のあじさいよりも女性的で優雅できれいだったから「ひめ」を冠につけたと言われています。そんな繊細で美しい「ひめあじさい」が参道から本堂にまで敷き詰められたブルーの絨毯はまさに圧巻の一言。明月院は鎌倉の中でもあじさいの名所としても名高く、梅雨時期の6月ともなると多くの観光客でにぎわいます。

hiropon0217さん(@hiropon0217)がシェアした投稿

この明月院の歴史としては、北条時宗が建立した禅定寺の塔頭で開基は上杉憲方、開山は密室守厳がしました。鎌倉の中でも有名なものとして知られています。境内はとても広くて国指定の史跡となっているお寺です。

あじさい寺明月院の拝観料

拝観料は高校生以上500円、小中学生300円

本堂後庭園の特別公開は別途拝観料が必要となり、追加の拝観料は500円です。

明月院のアクセスと混雑状況

北鎌倉駅から徒歩10分ほどでついたと記憶しています。 駐車場は基本は近くにはないので電車で行くことをおすすめします。また土日に関しては明月院近くは車両通行止めになっています。

6月の見ごろの時期ともなれば平日の昼間でもかなりの人がごみだったので、朝9時~10時ごろに行くのがいいと思います。 10時くらいでも混雑している場合は入場までに30分くらい待つことになります。

撮影スポットは「悟りの窓」

♡*・inorin*・♡さん(@inori_0303)がシェアした投稿

撮影スポットはこの時期たくさんの人が来るので順番を待つのにかなりの時間がかかりますが、悟りの窓という窓がお勧めです。 きれいな景色が取れます。 これも朝早く行った方が撮影としてはいいのではないかと思います。

というのも昼頃に行った場合、先ほども書きましたが人がいっぱいいるために景色に人が入ってしまうのできれいな景色をとるのであれば、朝がいいと思います。

虫対策と水分補給対策もお忘れなく

後気を付けたいことと言えば、この時期は蚊がたくさんいるのでスプレーとかあると安心ですね、合計で一時間近く並ぶことも全然あるので水分補給だけは気を付けましょう。

茶寮風花(ウサギ饅頭)がおいしい

明月院のところにある美味しいものと言えば、茶寮風花がおいしいです。ウサギ饅頭なのですが、お茶が引き立つようなおいしい饅頭でした。

Naoko Hoshiさん(@hoshi7555)がシェアした投稿

この明月院ではウサギが良く出ていて、例えば饅頭以外にもお守りにも入っていたり、道中にウサギと亀の置物があったりします。

この置物たまに包帯が巻いてあったりサプライズ設定を見つけるのも楽しいです。

紫陽花の花言葉には色によって怖い意味が?母の日に喜ばれる最適な色とは!

明月院でおすすめの撮影スポット

そしてこの明月院にはあじさいやウサギだけではなく、それ以外の撮影スポットもあります。 例えば山腹にはやぐらといわれる横穴墳墓があり上杉憲方を祀っている物があります。これにはなんともいえない雰囲気がただよっていてここに来るのであればぜひ見てほしいです。

また竹の中の道のところにある福源山と書かれた瓦の一部天女のような物が飾ってある物です。これは景色を見てもらうと分かるのですが、まるでかぐや姫で出てくるような雰囲気が見えるような気がします。

幻想的な雰囲気があり、瓦がまた幻想的です。ただこの瓦たぶん新しい感じがしたので、最近作られた物だと思いますがね。

あと補足ですが、あまり行ったことがない秋に行ったこともあるのですが、あじさいを見るのが目的ではない場合、紅葉が映えている秋の明月院もいいと思います。 人も少なくなっていて見回りしやすいですし、きれいな効用が右に左にいい景色が見れます。

汐 那さん(@yuna_photo_)がシェアした投稿

まとめ

鎌倉の明月院に人気が集める理由にはやはり梅雨時期の6月に特別公開される本堂後公園があります。6月の時期には花菖蒲が綺麗に咲きほこり、通常では見ることが出来ない世界が待っています。また「悟りの窓」はまさに芸術。その窓を眺めているとまるで風景を切り取ったような幻覚を覚えるほど見事な景観です。

あじさいで有名な長谷寺って奈良と鎌倉にありますがどちらが古い?関係と誕生秘話

鎌倉長谷寺の紫陽花の見ごろ・開花ははいつ?おすすめの撮影スポットはここ!

スポンサー広告