長居公園の植物園で四季折々の花を鑑賞/ハート型のアーチでインスタ映え

8353bfcdc4eb18b43319f02301b1c90a_s

 

大阪市内にある大きく自然豊かな長居公園。ウォーキングやジョギングする人でにぎわい、冬は小中学校などのマラソン大会にも活用されています。

夏休みも、公園内にある24ヘクタールも有する長居植物園は行楽地として人気があり、カップルや家族連れでにぎわっています。 夏休みの花のスケッチにも最適なスポットです。


View this post on Instagram

ゆみさん(@happy_yumi5)がシェアした投稿

基本情報

施設名:大阪市立長居植物園
住所:大阪市東住吉区長居公園1-23
電話:06-6696-7117

開園時間:3~10月は9時半〜17時、11~2月は16時半

休園日:毎週月曜日、月曜日が祝日の場合は翌日になります。

入園料

植物園

大人、高・大学生200円

植物園・自然史博物館共通券

大人300円、高・大学生200円

年間パスポート(購入日より1年間有効)

大人、高・大学生1,000円

※中学生以下、大阪市在住の65歳以上、障がい者手帳をお持ちの方無料
大阪市在住の中学生以下のこどもや、65歳以上の方、障害者手帳持参の方は無料で入れるので、高齢の方は運転免許証などを忘れずに持参しましょう。

アクセス

電車

大阪御堂筋線「長居駅」3号出口から東に徒歩約800m。
JR阪和線「長居駅」または「鶴ヶ丘駅」下車 東へ徒歩約1キロ

阪神高速14号松原線駒川出口を出て、南港通りを西に行き、西田辺交差点を南、長居公園西口交差点で左折します。

※駐車場は長居公園南駐車場、長居公園地下駐車場、長居公園中央駐車場があり、1日最大それぞれ300円~1,000円、土日祝日だと2,000円~3,000円ほどになります。
※駐車場では障がい者割引があり、1日最大200~300円で停車できます。

おすすめの楽しみ方


View this post on Instagram

Hideki Kitamuraさん(@hide706k)がシェアした投稿

四季折々の花が楽しめます

夏やアジサイやハス、スイレンやヒマワリが咲き乱れ、暑い夏は大池周辺が涼しくおすすめです。スイレンやハスの花が水面に大きく花開いていて、大阪市内や都会で植物を見慣れていないこどもたちはびっくりすると思います。

授乳室も一か所、花と緑の自然の情報センター前にあり、入り口から入りすぐのここでトイレや授乳をすませると良いと思います。 毎月第1、第3土曜日はハーブ園の隣にあるログハウスで、ハーブティーが無料でサービスされるのでおすすめです。

植物園の中にいる鳥や虫の観察などが自然史博物館が主催になり第1土曜日に開かれるので、それとあわせて楽しむこともできると思います。

行って良かったのポイント

入り口近くの大花壇です。大きなハート型の色とりどりの植物で出来たアーチがあり、夫と二人で記念写真を撮りました。大池を縦断する途中にある展望島も、右を見ても左を見ても花と池で、自然に囲まれ癒されました。

季節のイベント

夏休みには「みどりの探検隊」といって、8月初旬あたりに植物園を探索したり、自然を使った工作をするイベントが開かれます。 参加費は100円程で、小学生以下は無料です。

暑いので帽子など日よけ対策は必須です。7月初旬頃から受付が始まるようです。 植物園内にスプリンクラー、プールなどが設置される「ウォーターガーデンイン長居植物園」も開催される年があるので、要チェックです。

 

 

食事処・レストラン


View this post on Instagram

kanacoffeegreenさん(@kanacoffeegreen)がシェアした投稿

園内には自然を楽しみながら食事ができる、テラスのあるレストランがあります。 カルボナーラが500円とお値段も安く、ロースカツカレーも600円と、行楽地のレストランとしてはかなりお得なので、お弁当を持参せずで良いかもしれません。

花と緑の自然の情報センター1階のカフェレストランはとても広く、軽食からデザートまであります。レストランはファミレスよりリーズナブルだったので、特に600円のパンケーキセットは食べたかったなといました。

お土産情報としては、数年前の夏休みのこども向けイベントで、都会に暮らす動植物たちの暮らしを観察、体験するイベントで猫のお面を作成したのですが、それを持って帰れたことです。こどもたちが楽しそうに、カラスの生態や家の中にいる虫たちについて調べていました。

アドバイス

事前に園内マップをチェック

困ったポイントはとにかく広いので、行きたい場所は事前にマップでチェックして、入り口の係員さんに行き道を確認しておくと良いでしょう。 夏は暑いのであまり長時間、小さなこどもを連れ歩くのは危険なので、日よけ対策やレストラン、ベンチで頻繁に休むようにしましょう。 大きな池周辺で興奮してこどもが近づきすぎないよう、注意も必要だと思います。

混雑状況

花の見ごろになり、遠足シーズンになる4月中旬から6月中旬の平日は、近隣の学校などの団体客が多くなり混雑するようです。 午前中は特に毎年、幼稚園や小中学校のスケッチなどでにぎわうようなので、静かに散策したい人は避けた方が無難です。 10,11月の平日も、秋の行楽や遠足シーズンと重なります。

さいごに


View this post on Instagram

RIKIさん(@3dreams_mr)がシェアした投稿

長居公園は大阪市内に住んでいた私にとって、小さい頃から遠足やマラソン大会でなじんできた場所です。スポーツ選手のトレーニング場所にもなっていて、自然も豊かで前向きな気分になれるスポットです。

長居植物園を入った後にぐるっと長居公園内を散策するのも楽しいと思います。

イオン堺鉄砲町店は8月のプールイベントがおススメ!平日は駐車場がお得に!

大念仏寺「幽霊博物館」で片袖・香合・掛け軸に驚愕!歴史・見どころ・体験談

信貴山寺 朝護孫子寺に臨月予定日の二日前に登頂成功!意外とハード

峰塚公園はびきの市民フェスティバル(こどもの日)のアクセス・イベント駐車場混雑は?

スポンサー広告