「長良川全国花火大会」3万発観覧をする穴場スポットと見どころは?【岐阜県】

b0e899a11f5fbef2fce7266018232829_s

 

岐阜県の岐阜新聞主催の全国花火大会がとても綺麗です。毎年、8月の第1土曜日に開催されますが、毎年多くの観光客や花火客で賑わっています。

「長良川全国花火大会」の基本情報

開催日:毎年2019年8月第1土曜日
開催時間:19:30~20:45

開催場所

「長良川全国花火大会」会場への移動

2019年も長良川の花火大会は開催されますが、昨年の大雨で増水し氾濫しかけた場所でもあります。車で来る場合は臨時駐車場が設けられますので、そちらで車を止めてから臨時シャトルバスで来た方がベストです。

または、公共交通機関を利用して行くことが便利です。岐阜駅からも臨時のシャトルバスが運行されていますが、早めの行動をしないて大変込み合います。シャトルバスに関しましては、大人210円で運行されます。また、随時運行されます。
「長良川全国花火大会」は、大変混雑しますので、早めの行動を心がけてください。

「長良川全国花火大会」のみどころ


View this post on Instagram

Saaki Indenさん(@saaki_726)がシェアした投稿

この「長良川全国花火大会」は、特徴的な花火が数多くあります。代表例は、長良川を横断する約300mのナイアガラの滝花火です。20時過ぎからスタートするナイアガラの滝の花火ですが、長良川を横断していくためとても綺麗です。

ただし、見える角度や場所がありますので、注意が必要となります。また、超ワイドスターマインや特大スターマイン、3号、4号の打ち上げ花火が広大な夜空に打ち上がるため夏の風物詩として人気があります。

毎年話題になった花火

例年、40万人弱の花火大会客で大にぎわいをしますので、とても魅力的な花火だと思います。

花火大会では、その年にあった内容となっていますので、その時にあった内容で楽しむことができます。(リオオリンピック開催の時は、オリンピックの輪の打ち上げ花火が打ち上がりました。災害復興では、被災された地域の花火職人の花火が使用されているようです。)

ナイアガラ・吊るし花火

やはり、「長良川全国花火大会」といえばナイアガラの滝だと思います。これは中日花火大会にはありませんし、全国花火大会だけだと思います。毎年開催され、花火大会の中盤から終盤にかけて1度だけ花火が上がります。

打ち上げ花火とはちがい、吊るし花火となりますので、あまり高い位置で上がるわけではない為、遠くからは見えないというのもあります。見る際は是非お近くから見てくださいね。

 

 

「長良川全国花火大会」のおススメの観覧場所は?


View this post on Instagram

Fumika Takakiさん(@fumikatakaki)がシェアした投稿

私のお勧めは、金華山の山頂から見る花火がとても綺麗です。さらに、ロープウェイもあるので、ロープウェイで見る花火もまたいいですね。 打ち上げ数は3万発です。

また、その前の週に同じ場所で、中日花火大会も開催されますので、2週連続で花火が見ることができるのも岐阜の花火大会な魅力的なところです。

中日花火大会も同じ3万発を打ち上げるので、2週連続して3万発の花火大会が見られるのは岐阜だけではないでしょうか。スターマインやオーソドックスな打ち上げ花火もとても魅力的ですし、ファイナルの連続打ち上げ花火に関しましては、とても感動的な花火です。

有料観覧席にはなってしまいますが、打ち上げ場所にとても近い絶好の場所で見ることも可能となります。長良川の堤防の両岸から見ることもできますし、また近くの金華山の山頂からみる花火、岐阜駅近くの展望タワー(岐阜シティータワー43)からみる花火、近くのショッピングセンター(マーサ21)からみる花火、それぞれ見る場所が違えばまた変わった角度から見る事も出来ますね。

「長良川全国花火大会」の露店・屋台はある?


View this post on Instagram

貴仁 渡邊さん(@takato39)がシェアした投稿

毎年、長良川の両岸にびっしりと並んでいる為とても魅力的ですよ。また長良川の河川敷だけでなく、近くでも屋台が並んでいる為とても数多くの屋台が出店しています。

花火大会や夏といえば、カキ氷、ベビーカステラ、チョコバナナ、焼きそば、イカ焼き、からあげなど、それぞれあると思いますが、「長良川全国花火大会」や、中日花火大会では同じ店舗に関して数多くの出店がある事も特徴の一つです。露店には苦労しませんよ。また、近くにコンビニもありますので、飲み物などはそちらで買って現地に向かうことをお勧めします。

「長良川全国花火大会」終了後の混雑・交通は?

花火大会は、19時30分から開始され、21時までには終わります。そのあとには一斉に帰り始めますので、臨時駐車場へ向かうバスや岐阜駅へ向かうバスは大変込み合います。込む具合にもよりますが、歩いて岐阜駅へ向かう方が早いという方も見えます。歩くと、おおよそ30分から40分ぐらいは掛かります。

さいごに


View this post on Instagram

yamakさん(@yamaa0416)がシェアした投稿

長良川全国花火大会は、ナイアガラの滝が見どころですし、フィナーレの連続打ち上げ花火もとても見応えあります。今年の花火は「長良川全国花火大会」にお越しください!

 

スポンサー広告