那覇ハーリーに行ったら5歳から乗れる爬龍船(はりゅうせん)体験乗船に!

image (3)

ハーリーとは海の安全と豊漁を祈願する海のお祭りです。沖縄各地でハーリーが開催されます。那覇ハーリーは沖縄県内で最大です。那覇ハーリーについて、ご紹介いたします。

本来、ハーリーは旧暦の5月4日に開催されていました。那覇ハーリーは多くの人に参加して欲しいとの思いから、毎年5月3日~5日に開催されます。


View this post on Instagram

hoiさん(@tobukana11)がシェアした投稿

基本情報

イベント名:那覇ハーリー
会場:那覇港新港ふ頭
住所:那覇市港町1丁目
開催期間:毎年5月3日、4日、5日
開催時間:10:00~21:00
入場料:無料

アクセス

58号線を那覇空港方面から北上し、泊交差点を左折します。
その先、左側が那覇新港です。国際通りから車で10分くらいです。

会場には駐車場がありません。泊交差点近くの「とまりん」の駐車場が一番近いですが、混雑します。となりの「泊いゆまち」の駐車場は使えませんのでご注意ください

バス

泊高橋下車、徒歩約10分

トイレは臨時のトイレがたくさんあります。思っている以上にきれいです。
子どものおむつ替えのコーナーもあります。

みどころ

海上のイベント

ハーリ2

日にちによって、イベントの内容が異なります。
5月3日:中学校対抗ハーリー競漕、一般の競漕
5月4日:ハーリーの船の体験乗船、海上保安庁の船公開
5月5日:本バーリー、御願(うがん)バーリー

3日間通して行われるのは、音楽ライブ、お笑いライブ、夜の花火屋台、移動遊園地です。

那覇ハーリーを楽しむコツを体験から伝授!プログラム日程2019

 

沖縄のお祭りはスタートが遅く、のんびり始まることが多いのですが、中学校対抗の競漕は朝から始まります。ハーリーの船の体験乗船、海上保安庁の船の開放も2:00頃には終了してしまうので、早めの来場がオススメです。

全てのイベントを見ることは出来ないので、スケジュールを確認して参加する日にちや時間を調整すると良いでしょう。中には朝から夜までずっといる方や、3日間通う方もいます。

ハーリーの船の体験乗船が楽しい


View this post on Instagram

詩子さん(@uta.920)がシェアした投稿

ハーリーの船のことを爬龍船(はりゅうせん)と言います。へさきとともに龍の彫刻が施されたかっこいい船です。こちらの船に無料で乗船することが出来ます。身長の基準がありますが、だいたい、5、6歳から乗船できます。受付をしたら、救命胴衣を借ります。

乗り場へのハシゴはちょっと怖いですが、子どもなどには手を貸してくれます。荷物を置いて、いざ乗船しましょう。長さ約15mもある大きな船です。ひとりひとり櫂を持って、漕ぎ方を教えてもらいます。湾内を一周するだけですが、写真を撮ってくれたり、カネを叩かせてくれたりと、サービスも満点です。無料で、当日受付なので、是非体験してみてください。

メインのイベントは本バーリー、御願バーリーです

那覇、久米、泊の3隻の船が競漕をします。練習を重ねた力自慢の若者が力を合わせて漕ぐ様はとても勇壮です。テレビでも放送されるくらいです。

那覇ハーリーのグルメ


View this post on Instagram

yukawa_chihiroさん(@yukawa_chihiro)がシェアした投稿

屋台がびっしりと並んでいます。沖縄の屋台の特徴は1つの屋台でなんでも売っていることです。ポテト、焼き鳥、たこ焼き、ジュース、かき氷などなど。

沖縄らしく、沖縄そばや牛汁、やぎ汁もあります。お勧めはぜんざいです。沖縄のぜんざいは、金時豆を甘く煮てかき氷をのせた「氷あずぎ」のようなものです。沖縄県民はアイスクリームより、ぜんざいの方が好きな人が多いです。

面白いのが、移動遊園地があることです。沖縄には遊園地がありませんので、子どもは目を輝かせて、ゴーカートやくるくる回る遊具、トランポリン、メリーゴーラウンド、汽車などに釘付けになります。だんだん、海上のイベントがそっちのけになってしまうので、先にハーリーの体験乗船、海上保安庁の船を見学しておきましょう。

 

 

ステージイベントが楽しい

ステージが2つあります。音楽ライブやお笑いライブがあります。沖縄県民は恥ずかしがり屋が多いなんて聞きますが、エンターテイメントは盛んで、地元で活動しているバンドやお笑いタレントさんがたくさんいて、お祭りを盛り上げます。

夜の花火


View this post on Instagram

Chan Ching-Dongさん(@chingdongchan)がシェアした投稿

3日間を通して、21:00前に花火が打ち上げられます。15分くらいですし、そう大きなものではありませんが、那覇市内では夏に花火大会がないので貴重と言えます。ただ、会場で見ていると帰り道がとても混雑してしまうので、花火の前に会場を後にして、他から見ても良いでしょう。

那覇ハーリー参加の時の注意点


View this post on Instagram

aaaa.junkoさん(@anren_junko)がシェアした投稿

毎年沖縄の梅雨入りはGW明けなので、梅雨の心配はあまりいりません。晴れればとても暑いので、帽子、日焼け止めは事前に用意してください。熱中症予防のために、水分補給はしっかり行ってください。あまり日陰がないので、無理をしないほうがいいでしょう。動きやすい服装と歩きやすいくつを選びます。ヒール、サンダルはNGです。タオルがあるとなにかと便利です。

さいごに


View this post on Instagram

chiiitoooさん(@chiiitooo41)がシェアした投稿

那覇市民はGWのお約束のようなイベントです。沖縄県民も旅行者も楽しめます。子ども連れでも大人同士でも楽しめます。勇壮なハーリーをぜひ見てください。

4月3日はシーサーの日/壺屋やちむん通りでのイベント開催!「まーい」って何の意味?

那覇ハーリーを楽しむコツを体験から伝授!プログラム日程2019

島ぜんぶでおーきな祭で困るトイレ複数あるのはここ!場所取りなどの注意点

ビオスの丘は水牛・やぎ・チャーンを身近に感じる!3つの見どころを紹介

スポンサー広告