生乾きの臭いを消すのにも重曹は使える!部屋干し洗濯術を公開!

ef97f35e5cb07bddbc32fcc8af524121_s

『重曹』・・・今は常備しているご家庭も多いのではないでしょうか。

『重曹』は、細かい粒子で、食器洗い機の庫内、台所シンク、お風呂や洗面台など掃除用、竹の子のアク抜き、野菜の発色を良くするなど、マルチに活躍するアイテムです。今は、たくさんのメーカーより発売され、スーパーなどでは以前より目立つ存在になりました。

雨の多い季節、洗濯物を部屋干しする人も多いと思います。生乾きには不快な臭いがつきもので、あの『生乾きの臭い』は、「重曹」で消すことができと話題です。

もちろん、専用の洗剤もありますが、リーズナブルな『重曹』で嫌な臭いが解消されれば嬉しいですよね。

 

生乾きの臭いの原因

臭いの原因は汚れと雑菌!

生乾きの嫌な臭いの経験は誰しもあるはずです。あの不快な臭いの原因は「雑菌」なのです!

「部屋干し」をすれば、雑菌が繁殖しやすい「湿度」、悪臭菌が繁殖する「温度」、栄養源である身体から出る「皮脂」が原因で、雑菌がどんどん増え続け悪臭をつくります。

菌は湿気が大好きですので、洗濯が濡れている状態であればその間、雑菌が増殖されもっと嫌な臭いを放つことになります。洗濯後は直ぐに干すことが基本です

また、洗濯物を翌日洗濯する場合は、洗濯機に入れず、洗濯カゴなどに保管しておくことで菌の繁殖が軽減されます。

 

生乾きを予防する洗濯の仕方

酸素系漂白剤を使用!

キレイにしたいからと洗剤を多くするのは NG です。かえって雑菌を繁殖する手助けをしていることになります。

また、洗濯には、お風呂の残り湯を使用するのも良くありません。残り湯には身体から出た皮脂や汚れなどの雑菌が多く含みます。洗いに残り湯を使用しても、すすぎには必ずキレイな水道水を使用するようにします。

洗濯機がパンパンにならないよう、一度に多い洗濯物の量は避け、洗剤は「部屋干し用洗剤」でも「酵素系漂白剤」を使用することが、生乾きの嫌な臭いを防ぐポイントでもあります。

また、40 度の熱めのお湯 10 リットルに、大さじ 1 杯の『重曹』を溶かし洗濯槽に入れ、あとは通常の洗濯剤を入れいつも通り洗濯するだけです。皮脂汚れを落とし、嫌な臭いも抑え、白物が蘇る効果も期待できます。

 

正しい部屋干しの知識

0889dca72817b897ce25e90d09c07271_s

洗濯が終われば直ぐに干すのが基本です。

長い間放っておくのは雑菌が繁殖し、ますます嫌な臭いの原因となります。また、乾くまでの時間が長いほど雑菌も繁殖されますので、扇風機などを使って早く乾かすこともポイントです。

部屋の広さや作りはそれぞれですので、生活スタイルにあった物干しを選び、普段の生活にストレスがないよう気を配ることも大切です。

目隠しになったり、障害物になって転んだりしないよう、特に小さなお子さんがいるご家庭は注意が必要です。洗濯物同士は 10 センチ程間隔を開けて、できるだけ風通し良い状態で干します。

厚手のタオルなどはハンガーで干さず、洗濯バサミで吊るし干しがおすすめです。エアコンの除湿機能やサーキュレーターを使うことも 上手な乾かし方です。

生乾きの臭いにも重曹は効果的

最近では、生乾き対策専用の洗剤もたくさん出ていますが、常備しているのであれば、専用の洗剤を、わざわざ買い足さなくても『重曹』を使用することで、生乾きの臭い解消ができます。

 

重曹とは


別名「炭酸水素ナトリウム」といい、粒子が細かく触っても、多少口に含んだとしても害はないとされており、安全なお掃除アイテムのひとつです。

アルカリ性の性質で、酸性と反応すると油脂を乳化し、たんぱく質を分解する働きがあり、臭いを解消し油汚れや皮脂汚に効果的です。また、『重曹』は、水を柔らかくする性質があり、洗濯物も柔らかく仕上がります。

準備するもの

水量 10 リットルに対し大さじ『重曹』大さじ 9 グラムが目安です。水 30 リットルであれば大さじ 27 グラムです。通常の洗濯剤と一緒に『重曹』を入れ洗濯します。いつもの洗剤を少なめにしても OK です。

重曹を使った消臭法

40 度程のお湯に『重曹』を溶かして洗濯槽に入れ洗うことで、生乾きの臭いを予防できます。雑菌が原因の臭いですので、『重曹』を使用することで、雑菌の繁殖を抑え嫌な臭いが抑えられます。

衣替えの季節【しまい洗い】はしていますか?重曹や柔軟剤の効果的な使い方とは?

洗濯機の除菌も重要

洗濯槽の汚れを除去!

「この黒い汚れはなに?」「洗っても臭う・・」「どうにか消したい」など、経験ある人も多いのではないでしょうか。

それは・・・洗濯槽の裏に付着した「黒カビ」が原因です!

洗濯の際に使用する洗剤の残り、衣類に付着している皮脂のタンパク質や汚れが、カビの栄養源となり、黒カビや悪臭の原因となります。黒カビは、環境により発生時期が異なりますが、白、黄色、茶褐色から黒色に変色するのが一般的といわれています。

まずは、洗濯槽に付着した黒カビを、洗濯槽クリーナーで除去することが重要です。『重曹』は、洗濯槽の酸性の汚れなどを落とす作用はありますが、雑菌やカビを落とす効力は期待できません。

また、重曹は水に溶けにくい性質ですので、洗濯槽では大量の『重曹』を使用することになりますので、詰まりを起こしトラブルの原因にもなりかねません。ですので、自宅の洗濯機にあった 洗濯槽クリーナーを使用することが好ましいといえます。

洗濯物をキレイにする洗濯機が汚れていては意味がありません。洗濯槽は見えない分掃除が疎かになってしまいがちです。洗濯槽と合わせて、ごみ取りネットや排水フィルター、ボディーなどの汚れをマメに掃除をし、臭いの素となる原因をシャットアウトしましょう

 

まとめ

お風呂上がりに生乾きの臭いがするのはガッカリです。生乾きの臭いは雑菌ですので、その雑菌を増やさないように、正しく洗濯し正しく干すことが大切です。

しかし、洗濯機が汚れていてはせっかくの洗濯も無駄なものとなりかねます。洗濯槽の掃除も定期的に行うよう心掛けましょう。

クエン酸を使って掃除を効率的におこなう注意点とは?重曹と混ぜることはできる?

セスキ炭酸ソーダと重曹って何が違う?風呂カビを激落ちさせるスプレーの作り方

スポンサー広告