ネクタイの保管・収納 & お手入れ方法 〜 出張に便利なケース 〜

be06c80a9e03ef0662e34d35c1fffe19_m

 

仕事柄に限らず、ネクタイはしめないという人も多い現代社会ですが、冠婚葬祭をはじめ、ココぞという時には必要であり、ネクタイを持っていないという人はいないはずです。また、逆に持ち過ぎてクローゼットの中で乱れた状態になっているという人も多いかもしれません。

久しぶりに使用したいと思って出してみたところ、残念な状態になっている経験した人いませんか。
そんなことにならないよう、ネクタイの保管・保存、収納方法を知っておけばイザという時に困りません。

ネクタイ 保管方法

e6b2976246d9651144044146c4b08028_m

ネクタイの締め方や持ち数も人様々です。毎日必ずネクタイをしめる人であれば、スーツや季節に合わせて日々変えているでしょうし、ネクタイの本数も増えるのも必然です。一日つけたネクタイは疲れています。

外したら必ずお手入れをした後に保管することが大切です。また、しばらく使わないのであればプロのクリーニングにお願いすることがベストです。

ネクタイの保管・保存方法は主に 3パターンがありますが、絹やニットなど、生地の素材によって保管方法も変えることでより良い状態を保つことができます。

吊るして保管

ネクタイの本数が多い場合はこの方法がおススメです。

ハンガーやクローゼットに備え付けのパイプに下げてしまうと落ちたり、他のネクタイと重なったりしますので、ネクタイ専用のハンガーは狭いスペースでも効率よく収納できてベストです。

また、吊るすことで結び目やディンプルなどについたシワが自然に伸びます。
ただし、ネクタイの重みで生地が伸びる可能性がありますので、ニット素材のネクタイには不向きです。

クローゼットの中は意外とホコリがたまる場所でもありますので、たまに出して確認することも忘れずに。

丸めて保管

見た目も美しく、コンパクトに収まりパッと見つけやすく取りやすい。探す時間が省けストレスもありません。

丸めて保管する場合は、仕切りがついた専用ボックスを使うことで簡単に収納ができます。丸める際は、剣先が外側になるようにして真ん中で軽く二つ折りにして、小剣の方からゆるめにふわっとクルクル巻いていきます。

色、柄、素材別など自分なりのルールを作っておくとさらに選びやすくなります。

平らにして保管

ショップでは平らにして陳列されている姿を見るかと思いますが、スペースは必要ですが、家庭でもいちばんダメージも少なくおススメされる収納方法です。

二つ折りにしてケースに余裕を持って並べて置き保管しますが、フタのあるケースであればホコリから守られます。
長期収納する場合はシワがつく可能性もありますので、時々出して吊るし陰干しなどするといいでしょう。

ネクタイ 収納ケース

b0ea1cd6e7f94ab0eb2c9e18910c9c0f_m

保管のスタイルによってケースも変わってきます。基本はクローゼットでの収納かと思いますが、スペースやネクタイの本数などによって変わってきます。

今は、便利な収納ケースがありますので、ネクタイとクローゼットと相談して購入するようにしましょう。
収納ケースがあることで、ネクタイも長持ちですし、選ぶにあたりストレスもなくなります。

コレクションとして見せる収納もアリですが、日焼けに注意が必要です。

木製 ネクタイハンガー
ネクタイ24本が収納ですべり落ち防止付きで狭い場所でも安心です。使わない場合はフックを折りたたんで収納。ネクタイ以外にもベルトやスカーフもOK。1本あれば重宝します。
参考価格:1,382円

スムーズネクタイハンガー
掛けるのも抜き取るのも片手で簡単、最大20本まで収納可能です。フックは回転式でコンパクトで場所をとりません。
参考価格:2,700円

ネクタイ収納桐ケース
防虫、調湿などの優れた特性を持っている16マスに仕切られた桐のケースは大切なネクタイの保管にぴったり。オシャレですので贈り物にもおススメです。
参考価格:2,800円

ネクタイ 手入れ方法

96885598d371efe138c82f588a0d3605_m

毎日使用するものであれば、収納前は必ずお手入れをしておくことが大切です。思い入れのあるネクタイもあるでしょうし、価格に限らず手入れ次第でネクタイの寿命も変わってきます。

1 日中使ったネクタイは、汗やホコリもつきクタクタです。
帰宅しネクタイを外したらハンガーに吊るして 1 日陰干しをします。そうすることでシワや結び目も自然に改善され、また気になるシワは手で軽く叩いて伸ばします。

毎日、専用のブラシでブラッシングをしてあげ目に見えないホコリを取り除きます。消臭・除菌スプレーは色落ちやシミの原因となりますので使う場合は注意が必要です。無理にしてしまって大切なネクタイが残念な結果にならないよう、汚れやニオイが気になる場合はクリーニングにお願いするのがベストです。

汗も放っておくとシミやカビになりますし、その日は良かったけれど後日見たら汚れが・・・という事も多いにあります。
早めにクリーニングにお願いするのがいちばんです。

仕事でネクタイが必要は絶対という人は、毎日同じものを使用しないでいいようにいくつか用意しておくことがベストです。

ネクタイ 出張に便利な収納ケース

5472be5683a1ac4ee47983a0c4758e6e_m

デキるビジネスマンは出張も多いでしょうし、スーツやネクタイも必須アイテムです。年に約1/3出張だという人もザラです。

ネクタイは軽く平たくて一見嵩張らないアイテムですが、デリケートですので取り扱いを怠ってしまうとシワになり翌日使えない・・・なんてことになりかねません。そうならないよう、ネクタイケースが便利です。

ブルックスブラザーズ ブランド ネクタイ入れ
おしゃれで上品、レザー素材ですので高級感もあり長く使える製品です。
参考価格:12,800円

PHILIPPI社 Giorgio
丸めて収納するボックスタイプの収納ケースです。プレゼントにもおススメです。
参考価格:5,940円

ワイシャツネクタイケース
ワイシャツも一緒にコーディネートも考えた収納が可能です。撥水仕様で軽くて長期出張にも便利です。
参考価格:1,148円

さいごに

5d2dbb74d8dd41e41972d33ebb795c31_m

クールビズの昨今とはいえ、素敵なネクタイに女性は弱いものです。
商談、お祝い事など大切な日にはネクタイは必須です。
シワになっていたり、汚れていたりではNGです。
普段のちょっとのお手入れを怠らなければ、ネクタイも長持ちします
クリーニングに出したから大丈夫と思わず、必要とする事前に確認して準備をしておくことも大切です。

スポンサー広告