道の駅新潟ふるさと村「バザール館」で新潟の食をとことん味わう。

fab0b72c573a18e10e05204142e1b9f1_s

「新潟の美味しいが揃う道の駅!新潟ふるさと村」

新潟にある道の駅の中でも大きな規模を誇る道の駅が「新潟ふるさと村」です。キャッチフレーズは、「新潟の旬を食べて!見て!遊ぶ!何度訪れても楽しい新潟ふるさと村」となっています。このキャッチフレーズにある通り、この道の駅は何度訪れても楽しいことを発見することができます。

特に食に関しては、新潟の美味しいものが揃っているのでその場で食べるもよし、お土産にするもよしの品揃えです。まるでテーマパークのような充実した道です。新潟に引っ越してきてまだ日が浅い私たち夫婦は、新天地である新潟散策を兼ねてこの道の駅新潟ふるさと村を訪れました。新潟ビギナーならではの視点でご紹介しています。

車中泊をする際のポイント

今回、私たちは地元民のため車中泊をしませんでしたが車中泊の経験を踏まえてポイントをご紹介します。新潟ふるさと村の駐車場面積は広いためなるべくトイレに近い位置に駐車することをお勧めします。

また、土日祭日はイベントを開催していることが多く、多くの来場者が見込まれます。車中泊をしようと考えている日が休日の場合は早めの時間帯か金曜日のうちに駐車場に入っておくことをお勧めします。

イベント時は、誘導の係員が数名動員されて交通整備を行なっています。食事などは、新潟ふるさと村に軽食からレストランまであるので心配ありません。すぐ近くには銭湯はありませんが、車で30分程度移動すると新津温泉や湯ったり苑という銭湯があります。

施設情報

施設名 :道の駅 新潟ふるさと村

住所  :新潟県新潟市西区山田2307

電話  :0250-230-3030

営業時間:バザール館 9:30~17:30(大型連休中は延長する場合あり)

アピール館 9:00~17:00(7/20~8/31は1時間延長で9:00~18:00)

定休日 :年中無休

駐車場 :あり 無料

アクセス:関東・関西方面から関越・北陸自動車を利用する場合

新潟西インター料金所を降り、黒崎インター経由

黒崎インターから国道8号線沿い、長岡方面に向かって左手

バスを利用する場合

新潟駅前からBRT萬代橋青山ラインに乗車

青山で下車し、大野・白根線・味方線に乗車し、「新潟ふるさと村」バス停にて下車

新潟ふるさと村は3つのエリアでできている道の駅

新潟ふるさと村は、3つのエリアから構成されてる道の駅です。グルメや特産品に興味がある方はまずバザール館へ行って見ましょう。アピール館では、四季折々の新潟を紹介する情報発信をしているので新潟についてきになる方はこちらへ足を運んで見ましょう。

3つ目のエリアは、花畑・ふるさと庭園・グリーンハウスという植物をメインとしたエリアです。新潟県を代表する花々など四季折々の新潟の美しい姿を見ることができます。ガーデニングやお花好きな方にお勧めです。

お腹が空いたらバザール館

DHC 酒造さん(@dhc_shuzou)がシェアした投稿


バザール館には新潟の美味しいが揃っています。こうご紹介するのも、このバザール感では県内30市町村から集められた酒や米、魚などの自慢の特産名産品が取り揃えられているからなのです。まるでデパートの物産展に来たかのような取り揃えです。

akihiroさん(@akiaki1496)がシェアした投稿

新潟といえば、水が美味しい、酒が美味しい、米が美味しいというイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。中でも、このバザール館では米菓の品揃えがとても豊富です。

新潟が誇る定番米菓から、ちょっと珍しい味の米菓まであります。しかも、嬉しいことに試食できる米菓がたくさん用意されています。いろんな種類の米菓を食べ比べて、一番お気に入りの商品を購入できるのはお得で嬉しい心配りです。

他にも、新潟の自慢の新鮮な魚を販売している鮮魚センター「マリーン」や農産直売所の「わくわくファーム」もあり、ご当地の旬の美味しさを見つけることができます。

nana-kotohakukodoさん(@torakohakodo)がシェアした投稿

名店コーナーでは、新潟代表的な和菓子である笹団子のお店も入っています。このお店では、店頭で笹団子の実演販売も行なっています。熟練したスタッフがものすごいスピードと丁寧さで笹団子を包んでいく姿はとても面白いです。ここでは、作り立ての暖かい笹団子を食べることもできます。

遠方の方のお土産には、持ち帰ったあと蒸してから食べるタイプの笹団子も用意されています。2階にはレストラン街がありご当地の味を楽しむことができます。B級グルメが集められたレストランもあり、ここでは新潟で特に人気のある5種類のラーメンを食べることができます。

新潟の今昔を知るならアピール館

アピール館には、新潟の歴史と最新を知ることができる情報コンテンツが揃っています。1階にはパンフレットや検索コーナーがあります。私のお気に入りは2階の新潟の暮らしについて紹介しているコーナーです。大正時代の街並みが再現されており、資料館に来たかのようです。

また、雪国新潟ならではの雪と触れ合えるコーナーもあります。このコーナーでは、人工降雪機によって一年中雪を体験することができるんです。この体験は、10:30~15:30まで実施されています。暖かい館内で雪を体験するのはなんだか不思議な体験です。

昭和の新潟を紹介するコーナーでは、3Dで紹介してくれるシアターがあるのですが、これがまた不思議で面白いです。登場人物は3Dなのですが、街並みはジオラマのように作ってあるのです。これは「ファンタビュージオラマ」というそうです。子どもはもちろんのこと大人でも楽しめます。

花盛りの季節はお勧め!花畑・ふるさと庭園・グリーンハウス

ようこさん(@koppunofuchino)がシェアした投稿


新潟の県の花にも指定されているチューリップから春の訪れを感じさせ、夏から秋にかけて美しく咲くダリアなどの花々が来た人の目を楽しませてくれます。思わず深呼吸をしたくなる花の楽園です。

ふるさと庭園では、新潟県の特産である錦鯉が優雅に泳いでいます。春から秋にかけては、餌やり体験も実施されていて子ども達に大人気です。

Manu Galliさん(@galli.bidulgi)がシェアした投稿

グリーンハウスでは、木製の大きなアスレチックがあります。このグリーンハウスは屋内型なので雨でも気にせず遊びまわれますし、大人は、近くに用意されたスペースで休憩することができます。お弁当持参の方やバザール館でおやつを購入された方はこちらの休憩スペースでは飲食が可能なので、ゆっくり休息をとることができます。

まとめ

新潟ふるさと村は、新潟の中でも大きな規模を誇る道の駅です。ここでは、食べて!見て!遊ぶ!の三拍子が揃った道の駅です。中でも、食べて!がお勧めです。新潟の美味しいが揃うバザール館で新潟の食を楽しんでいってください。お土産には、沢山試食をしてお気に入りの米菓を購入されることをお勧めします。

加茂山公園リス園のエサやり体験は雨の日は中止に?子供は150mの滑り台に夢中

越後妻有雪花火の開催時期と大地の芸術祭レポ/宿泊ツアーで冬雪の花火を

蒲原祭り日本一の屋台でコスパ最強!新潟名物ぽっぽ焼きを実食!

道の駅「花夢里にいつ」お土産は新鮮組のなんばん味噌/夫とドライブデート

スポンサー広告