新潟まつり/盛大な花火と圧巻の大民謡流しは必見!歴史と意味は?

f9e89b078c69e6222b08e9af01f1c8e6_s

 

火の上がる有名な新潟のお祭りといえば、長岡まつり花火大会です。花火の盛大さには負けてしまいますが、新潟まつりで行われる地域住民参加の大民謡流しが持つインパクトと迫力は長岡まつり花火大会とも引けを取らない魅力を持っています。新潟にあるもうひとつの大きなお祭り、新潟まつりに足を運んでみましょう。


View this post on Instagram

satokoさん(@satoko1230)がシェアした投稿

基本情報

新潟まつり
場所:新潟県新潟市中央区信濃川河畔 萬代橋から昭和大橋西詰
電話:025-290-4411(新潟商工会議所) 、025-226-2608(新潟市役所 観光政策課)
開催時期:毎年8月初旬の金・土・日曜日
駐車場:会場付近にコインパーキングあり

アクセス

電車

JR新潟駅から徒歩15分

各地域からのアクセスはこちらでご確認いただけます。

新潟まつりのルーツ

新潟まつりは、住吉祭り、商工祭、川開き、開港記念祭りという4つのお祭りをルーツに持ちます。昭和30年頃に4つのお祭りを1つにまとめた新潟まつりとなりました。

このため、お祭りが開催されている3日間はみんなで民謡を踊ったり、川にも陸にもお神輿が出たりと盛り沢山の催しがあります。特に会場付近は町のシンボルと言える萬代橋と信濃川があるため、より水の都と呼ばれる新潟らしさを感じられると思います。

 

 

みどころ


View this post on Instagram

島名由美さん(@yumisora17)がシェアした投稿

初日は日本最大級の大民謡流し

大民謡流しは、新潟に住んでいる人がみんな踊っているのではないかと思ってしまうほどの大人数で行われます。大民謡流しでは、「新潟甚句」という民謡が用いられ、普段の地元のお祭りと違う雰囲気を感じられると思います。

大民謡流しでは、新潟の大小様々な地元企業から病院職員、幼稚園、ダンススクールの子供達などが参加しています。その人数だけでも約1万5千人ほどいるそうです。

それぞれの企業や宣伝を使った浴衣で参加してくれるので、どんどん流れてくる踊り子を見ているだけで楽しくなります。もちろん、当日の途中参加も大歓迎です。簡単な振り付けなので、初心者でもすぐに踊ることができます。

ちょっとそれは恥ずかしいという方でも、沿道で手を打つタイミングを真似するだけでもとても楽しいですよ。企業によっては新潟まつりが開催される前から一般参加者を募集しているところもあるので、ホームページで確認して見てください。

交通規制に注意

お祭り開催期間中は、大規模な交通規制に注意が必要です。まず、金曜日に行われる大民謡流しでは、西堀通から萬代橋、昭和大橋までの車両規制区域となります。

次に、土曜日に新潟キラキラパレード、住吉行列の水上みこし渡御、市民みこし等が実施されるため細かな交通規制が実施されます。神輿の出発時間が違うため、土曜日の交通規制は複雑になっているので特に注意が必要です。

金曜日 大民謡流し
開始時間:19:00~20:30
交通規制:18:30~21:00 土曜日 キラキラパレード(ブラスバンド演奏)

住吉行列(午前)
開始時間:10:00~11:30
交通規制:9:45~11:45

住吉行列(午後)、市民みこし
開始時間:14:40〜
交通規制:行列、みこし通過30分前から通過まで

港町の繁栄を祈る住吉行列

その昔、湊町として繁栄を願って始められた住吉行列は水の都新潟ならではのお祭りです。この行列は、白山神社を出発した神輿を船に乗せて、海上の安全・湊の発展を祈願する「水上みこし御渡り」から始まります。

神輿は船で信濃川から海上を回って対岸へと渡ります。この神輿が乗った船に大漁旗を掲げた漁船が伴奏するのですが、それはもう美しく賑やかです。

陸の上に神輿があげられると、今度は御座船と呼ばれる船をかたどった引き物に神輿を乗せてまた白山神社へ進んでいきます。その際に、天狗や可愛くお化粧をしたお稚児様、馬に乗った宮司、獅子舞などが行列の中に登場します。とても特徴があるので、思わず海上から陸へと行列を追いかけて行ってしまいます。

屋台で見つけたら食べてみよう ぽっぽ焼き


View this post on Instagram

新潟直送計画さん(@niigata_shop)がシェアした投稿

新潟のご当地屋台の定番菓子といえば、ぽっぽ焼きです。地域によっては蒸気パンと呼ばれているこのぽっぽ焼きは、一見するとベビーカステラに似ています。ひと口入れると、蒸気でふわふわ!そして噛むとモチモチ!の食感は癖になり、優しい黒糖の甘味が口いっぱいに広がっていきます。

新潟県民は他の地方のお祭りに行ってぽっぽ焼きが無いと、少し寂しい気持ちになってしまうほどです。その人気は、屋台の行列からも知ることができます。ぜひ新潟まつりに来たらぽっぽ焼きを味わって見てください。

フィナーレは信濃川に打ち上がる花火


View this post on Instagram

@zemaitis1935がシェアした投稿


新潟まつりを楽しんだら、川開きとして行われるフィナーレの花火で締めましょう。

この新潟まつりでは、日本一の大河と言われて名高い信濃川に打ち上げられます。信濃川周辺はやすらぎ堤と称され、とても綺麗に整備されています。

芝生の上でレジャーシートを広げてゆっくり鑑賞するのがオススメです。川によって発展して来た水の都新潟を感じることができます。他にも萬代橋の上からも見ることができるので、花火打ち上げ時間になったら訪れて見てください。

演目には、人気のスターマインやナイヤガラの滝もあり盛大に打ち上げられます。

さいごに


View this post on Instagram

yopyさん(@yoopy_11)がシェアした投稿

水の都として発展した新潟を感じられる、とても素晴らしいお祭りです。夏の素敵な思い出作りに、ぜひ新潟まつりに足を運んで見てください。

上越市立水族博物館うみがたりで飼育数世界一位を誇るマゼランペンギンを

フジロックフェスティバルのベテランの子連れ主婦がみどころをご紹介!

越後妻有雪花火の開催時期と大地の芸術祭レポ/宿泊ツアーで冬雪の花火を

蒲原祭り日本一の屋台でコスパ最強!新潟名物ぽっぽ焼きを実食!

スポンサー広告