淡路島ニジゲンノモリでクレヨンしんちゃん登場に大興奮!【アニメ好き必見】

c5b3ec9c4c88c12a1fe68c903c172a68_s

 

淡路島の兵庫県立淡路島公園の中に、突然現れる「ニジゲンノモリ」への案内表示。 漢字では二次元の森ということで、部屋の中で一人で楽しみがちなアニメの世界を、大人も子供も五感で体感できるよう、様々なアトラクションやイベントが考えられたテーマパークです。

昼はクレヨンしんちゃんに登場する遊具が楽しめるエリアや、人気アニメの期間限定参加型イベントで楽しめ、夜は最新技術で公園がプロジェクションマッピングされて幻想的に表情を変えます。親子で夏休みの一日いても楽しめる、知る人ぞ知るジャパニメーションの世界に浸れる施設です。


View this post on Instagram

@imiyukiがシェアした投稿

基本情報

施設名:ニジゲンノモリ
住所:兵庫県淡路島楠本2425番2号
電話:0799-64-7061

入場料:無料
期間限定アトラクションは、4,800円前後かかります。 公式HPなどで前売り券を入手しておくと、例えば現在開催中の火の鳥ナイトウォークでは、500円ほどお得になります。

パーク内にある53体のクレヨンしんちゃんの立像を全部撮影できると、ニジゲンノモリの売店などで特典がもらえます。撮影した立像とスマホ画面で会話を楽しめるアプリもあります。

駐車場

有料のAと、無料のF駐車場があります。Aはイベント(2019年春はナイトウォーク火の鳥)会場に最寄なので、乳幼児がいる人におすすめです。

3時間まで無料で、普通車は1日停めて500円、大型車は1,600円です。F駐車場はクレヨンしんちゃんエリアに最寄です。 その他、B~Gの無料駐車場があり、淡路サービスエリアと直結しているハイウェイオアシスの駐車場になり、ニジゲンノモリからは遠くになります。

アクセス

吹田ICから中国自動車道を走り、西宮山口JCT~布施畑JCTを経由し、神戸淡路鳴門自動車道を経て淡路ICへ。無料のシャトルバスで3分ほどでニジゲンノモリに到着します。 阪神高速からは西宮ICから垂水JCTを経て、40分ほどで着きます。

電車やバスからのアクセスは、高速路線バスが新神戸や三宮、神戸市営地下鉄学園都市、高速舞子から出ています。車で行くのが、ドライブインなども楽しめて便利です。

 

 

おすすめの楽しみ方


View this post on Instagram

Mihoさん(@m.h_berry)がシェアした投稿

ニジゲンノモリには、無料・有料のクレヨンしんちゃんのアトラクションがたくさんあります。有料だとアクション仮面になりきってジップラインにつかまり、ターザンのように大きな池の上を渡るアトラクションが、2,000円で体験できます。安全ハーネスをつけて飛行するので安心ですが、身長110cm以上必要です。

無料エリア

パーク内の各ポイントに点在している53体の色々な表情をしているクレヨンしんちゃんの立像や、主要キャラクターの立像と無料で写真撮影ができます。

行って良かった

クレヨンしんちゃんエリア内にある滑り台です。年齢制限がかかっている大きなものから、乳幼児を抱っこしていっしょにすべれる距離の短いものまであります。 生後半年ほどの息子を抱いて、初めての滑り台を体験させられました。

イベント・ショー

昨年の夏には、クレヨンしんちゃんに登場するアクション仮面が時間限定でパーク内に登場するイベントがありました。また、人気漫画「弱虫ペダル」のオリジナルリストバンド販売や、リアル謎解きゲームエリアも開催されました。

レストラン

ニジゲンノモリのパーク内には、「モリノテラス」というレストランなどがあります。イベントにコラボした限定スイーツやドリンクが販売されたりしますが、おすすめなのは淡路島ハイウェイオアシスで食べていくことです。淡路島産の玉ねぎスープが無料で飲めたり、スイーツやお土産もあって食べ物のバリエーションも多かったです。

アドバイス


View this post on Instagram

RuNさん(@pikachu0214724)がシェアした投稿

トラムカーに乗車がおススメ

すぐに徒歩で各アトラクションに回れるわけではありません。 公園内はとても広く、各アトラクションが離れているので、回るには園内を一日巡回しているトラムカーに乗った方が良いです。1日乗ったり下りたりが自由になるチケットが、500円でニジゲンノモリの入口や、園内のお店で販売されています。 特に小さな子供連れの方や年配の方は、トラムカーに乗らないと目的のアトラクションを回れないと思います。

駐車場は事前にチェック

ハイウェイオアシスにもあり、停車できないことはありません。ただし各駐車場によってはアトラクションから遠くなってしまうので、事前にどこに停めると一番近いか、HPやニジゲンノモリの受付で確認すると良いでしょう。

名物淡路島のオニオンスープ

食べておいしかったのは、ハイウェイオアシスで無料でサービスされていた、淡路島のオニオンスープです。蛇口から温かいスープが出てきて、紙コップで何杯でもおかわりできます。とても玉ねぎのコクがあり、アトラクションで疲れたをいやしてくれます。 また、お土産としては淡路島限定のうまい棒30本セットです。 300円ほどととてもリーズナブルで、お土産に最適です。

さいごに


View this post on Instagram

YUMIKOさん(@388yumi)がシェアした投稿

ニジゲンノモリはアニメ好きでなくても楽しめます。トラムカーに乗らないと移動が難しいですが、足に自信のある人は各アトラクション間も歩くと良い運動になります。 春休みや夏休みは特に混雑するので、早めの時間に到着して、目当てのアトラクションを楽しんでしまうと良いでしょう。

道の駅あわじをレポート!舌と目で味わう生シラス丼と絶景スポット!

FREEDOM aozora2018 淡路島「明石海峡公園芝生広場 野外フェス」レビュー

道の駅あわじでおススメのお土産はとっても甘い「淡路島のたまねぎ」

スポンサー広告