乃が美社長の思いと高級生食パンの誕生秘話とは!?おすすめの食べ方はやっぱり…

9ed2a5406d585bd677db6fd24c326ab7_m

 

はじめに

私が一押しする高級食パンは、日本全国で多い日には一日55,000本以上も売れていると言われている「乃が美(のがみ)」の高級生食パンです。

高級食パンとなると、あまり何度も購入することができず、お土産やご褒美などに購入することもあるかと思いますが、「乃が美」の生食パンは普段毎朝食べる用でついつい買ってしまいたくなる食パンです。

「乃が美」のおすすめ理由


この投稿をInstagramで見る

YUKARI.Sさん(@mymrt5)がシェアした投稿

食パンと聞くと、バターやジャムをつけたり、トーストにするイメージがありますが、「乃が美」の食パンは、何もつけずにそのまま食べても、とても甘みがあり食べごたえがあります。

一度食べるとやみつきになってしまうぐらいしっとりもちもちの食感がとてもです。スーパーなどで安い食パンを購入してお腹を満たすための朝ごはんなのであれば、絶対に「乃が美」の生食パンを朝ごはんとして食べることをおすすめします。

値段

1本(1斤) :432円(税込)、1本(2斤): 864円(税込)となっています。
※ハーフサイズにつきましては、一部店舗では取り扱いがないところもあるそうなので、ハーフサイズをお求めの方に関しては、事前に確認していただいてからご利用ください。

「乃が美」の誕生と社長のおもい


この投稿をInstagramで見る

takuyunomamaさん(@takko_mi)がシェアした投稿

卵を一切使わないのに、そのままちぎって食べられるほど柔らかく、ほんのり甘いです。

この味に行き着いたきっかけは、社長の「どうせなら多くの人に愛されて、歴史に残る日本一のものをつくりたい」という思いから、ライフワークとして続けている老人ホームへの慰問中に、おじいちゃんやおばあちゃんが「食べているときと笑っているときが一番幸せ。でも、朝食に出るパンは耳が固くて食べられない」と言った言葉だといわれています。

それから、卵アレルギーで食べるものに制約がある我が子が食べていたパサパサのパンだったそうです。そんな思いを持ちながら、粉の種類から材料の配合や、ミキシングのタイミング、焼く温度と時間を何度も変更し、試行錯誤を繰り返しながら2年が経ち、「柔らかさ」「キメの細やかさ」「甘味」「香り」このすべてにおいて納得のいくパンが完成しました。

ミキシングされた生地は、トロトロになったお餅のようなテクスチャーで、焼き上がりは腰折れに近いギリギリの柔らかさとなっています。

どちらも、パンづくりの常識では到底考えられないことでしたが、これまでにない食パン(生食パン)が生まれました。

「乃が美」の生食パンを生み出せたのは、作った方がパンに対して先入観のない素人だったから、ここまでの味へたどり着いたのかもしれないです。こうして実現したのが、今の「乃が美」の生食パンです。

「乃が美」のパン以外の逸品

こだわりの果物をまるごと使用し、生食パンに絶妙に合うように仕上げたストロベリー、マーマレード、ブルーベリーの3種類のジャムがあります。もちろん、どちらも食べていただきたいですが、やっぱり私のおすすめは生食パンです。


この投稿をInstagramで見る

乃が美はなれ岸和田店さん(@nogami_kishiwada)がシェアした投稿

「乃が美」のお店の雰囲気

紙袋にすでに梱包されている生食パンとジャムしか置いていないので、普通のパン屋さんをイメージするととても殺風景だなと感じるかと思います。

店のスタッフの方は、特に問題なく笑顔で親切かつ丁寧で、気持ちの良い接客をしてくださいます。 自宅の近所や旅行先などで「乃が美」の各店舗へ行かれると購入はできるのですが、数に限りもありますので、売り切れないように開店時間から行かれることをおすすめします。

まだ食べられたことがない方は、今すぐにでも「乃が美」の店舗へ足を運んでみてください。ちなみに、イートインできるスペースはないので、自宅でゆっくりと生食パンを味わってください。

 

 

「乃が美」の生食パンの保存方法

常温(20~25度)を超えるような季節には、購入後、保存期限に関係なくできるだけ早めに食べてください。もしくは、冷凍保存していただいて、少しでも長く「乃が美」の生食パンをお楽しみいただけるよう、保存方法にはくれぐれも注意していただくことをおすすめします。

「乃が美」の生食パンを食べた父

私が買いに行くときは、たまに父と一緒に行くことがあります。父はパンがとても好きで、「乃が美」の生食パンのことを説明したことがきっかけで、生食パンを食べてくれ、その味を好んでくれました。

父はよく食パンにバターをつけたり、ポールウィンナーを乗せ、さらにマヨネーズをかけて食べたりしていたのですが、「乃が美」の生食パンと出会ってからは、何もつけなくても美味しく食べられるパンだと言うことが何よりも衝撃だったようで、今はそのまま食べています。


この投稿をInstagramで見る

taiyoさん(@taiyo_imazu)がシェアした投稿

さいごに

金額だけ見ると、驚かれる方はたくさんいらっしゃるかと思いますが、その分満足できる味だということははっきりと言い切れます。始めて購入される方は、半信半疑のままでも構わないので、一度「乃が美」の生食パンを食べてみてください。きっとあなたも虜になることは間違いないと思います。