オイスターリーフ 購入方法と価格。濃厚な生カキのような味のする野菜

f26656a5361a4e3e2e23451ab976425b_m

 

オイスターっていうくらいだから、きっと牡蠣の味。
でも野菜を食べて牡蠣の味とはイマイチ想像が・・・
そんな人も多いかもしれません。

オイスターリーフ とは


この投稿をInstagramで見る

吉富いずみさん(@izumifive)がシェアした投稿

見た目は小さめの葉野菜ですが、濃厚で生牡蠣のような味がする不思議な野菜で初めて食べてビックリ!人によっては、アンチョビとかマッシュルームの味に似ているとかいう人も多いようです。

原産国は、アラスカ州・アメリカで、ムラサ科ハマベンケイソウ属、多年草です。

日本ではまだ馴染みがなく、市場に出回っておらずなかなか見かけることがありません。高級レストランなどの料理に使われていることもあるようです。

オイスターリーフ 使い方・食べ方

小さめの葉野菜ですのでそれだけを食べるというより、火を通さず生食がおススメで、他の野菜と一緒にサラダとして、飾りや添え物として活躍できそうです。牡蠣の味がするので、苦手な人も多いかもしれません。

オリーブオイルや魚介類と相性が良いともいわれています。

オイスターリーフ 購入方法

通常の野菜のように出回りが少なく手に入り難いのが現状のようです。確実なのはオンラインショップです。年間を通して販売しているショップもありますので、通信販売が手に入りやすいといえます。また、通信販売では、ポット苗の方を販売している店舗の方が多いようです。

村上農園
参考価格:オイスターリーフ(葉30枚入)1,620円

 

 

オイスターリーフ 販売店と価格

まだまだ生産している農園が少なく、デパートなどでは、10枚で1500円ほどの値段です。高級野菜といえます。

ポット苗で販売されていることの方が多く、ホームセンターや花苗専門店でも区乳可能です。家庭菜園で育ててみてもいいのではないでしょうか。メジャーな野菜ではありませんので、 苗でも 1 ポット1,000円近くします。安くはありませんので、栽培は慎重に大切に育てたいものです。様子がおかしいな?と感じたら直ぐに、調べて早めに対処してあげましょう。また、購入先に相談することもいいかもしれません。

株式会社ITANSE オイスターリーフ
内容:9cmポット3個セット
参考価格:3,980円

花ひろば オイスターリーフ
内容:3号ポット苗
参考価格:961円

オイスターリーフ 栽培と育て方


この投稿をInstagramで見る

Le Jardin des Cerfsさん(@lejardindescerfs)がシェアした投稿

水はけの良い土壌、日当たりの良い場所、風通しの良い場所を好みます。ブルベーリー用の土との相性がよいともいわれています。肥料は様子をみながら暖効性肥料等を控えめに施してください。与えすぎは注意です。

水は、土の表面が乾いたらたっぷりとあげます。夏場の高温多湿に弱いですので、葉が湿った土に触れるとそこから腐れたり枯れたりする場合があります。高植えにして涼しい場所で乾燥気味に管理することがベターです。

収穫期は9月〜12月が目安で、随時収穫が可能です。5月〜7月頃に、青紫のリンドウのような形のかわいい花を咲かせます。
真冬時期は寒さがしのげる場所で管理がベストです。暖かくなり始める3月頃から新しい芽が展開してきます。

オイスターリーフ VS ベビーリーフ

野菜の幼葉の総称をベビーリーフといい、いろいろなベビーリーフを合わせてセットにして販売されているミックスパックが人気です。

季節を問わず販売されており、ささっと洗って水を切るだけで簡単に使用できます。他の野菜と合わせるもよし、また、色も美しいのでサラダとしてもメイン料理の脇役としても映えて主婦の味方です。どんな野菜が入っているのでしょうか。

ビート:あの赤いビーツの葉っぱです。葉脈が赤いのでアクセントにOK。

ルッコラ:ゴマのような風味と少しの辛味が特徴。家庭菜園もgood。

ピノグリーン:小松菜の仲間。クセがなく栄養価も高い緑黄色野菜。

スピナッチ:ほうれん草のことです。ピザやパスタのトッピングに。

レッドケール:柔らかな葉でギザギザフリルが賑やかにテーブルを飾ります。

ミズナ:大人はシャキシャキしていて鍋の具の王道。

グリーンロメイン:葉先は丸くほのかな甘みと歯ごたえもあり。

グリーンハリヤー:リーフレタスの幼葉でシャキシャキとした食感。

レッドロメイン:ほのかな苦みとやわらかな口当たりが特徴。葉の赤色が映えます。

オーク: ナッツのような風味が特徴。クセがなくやわらかい食感。

オイスターリーフ まだあるめずらしい野菜

最近カラフルな野菜が増えました。トマトもナスビも人参も!黒いトマト白いナスビ、紫の人参!!食卓が華やかになり料理が上手になったような気がしてありがたい。オイスターリーフのように、めずらしい野菜はまだまだあります。

おかわかめ

朝顔の葉のような形で必須ミネラルが含まれ栄養豊富なスーパー野菜です。コリコリした食感でおひたしや、さっと茹でフレッシュ野菜と一緒にドレッシングで。また、しゃぶしゃぶもいいかもしれません。

カーボロネロ

イタリアの野菜で黒キャベツともいわれているケールの仲間です。キャベツといっても丸く巻いているのではなく、形はほうれん草タイプです。煮くずれがしにくいので煮込み料理やさっと炒めてもgoodです。

コリンキー

生でも食べられるかぼちゃです。実が柔らかいので扱いやすく皮もむかずにOK。色も大きめにカットしサラダに、スライスして和えたり、黄色い色が料理にとても映えます。

 

スポンサー広告