プラントベースとは!?2019 年夏 第 1 回エキスポ開催!概要と出店ブース

2e32cd0c55c14388461b62aa23de5957_m

 

「プラントベース」と聞いたことありますか。ひと昔前、ベジタリアン、マクロビなどという食のスタイルも知られるようになりましたが、いま「プラントベース」という新たな言葉が注目されています。

プラントベース とは


この投稿をInstagramで見る

ベジ部(オーガニック/有機野菜/無農薬野菜)さん(@vege_bu)がシェアした投稿

「プラントベース(Plant Based)」とは、「植物性の食品をベースにした」という意味で、野菜中心の食事スタイルのことをさします。野菜や全粒粉をはじめ、果物、ナッツ類などの食材をベースにしながら、肉や魚などの動物性の食事も少し食べるというスタイルです。もちろん、全く食べない人もいます。

動物性食品を排除するわけではなく、プラントベースを基本に、肉や魚、たまご、乳製品などを取り入れる食生活をおくっている人が多いといされています。その際、無添加、ナチュラルでオーガニックな食品を選ぶように心掛けている人が多いようです。

プラントベースが誕生した背景には、「ビーガン」を巡って問題が発生しておりビーガンによるとみられる肉屋の襲撃事件、食肉解体場の放火による従業員の失業などで死活問題とされ、ビーガンに対する一般市民の不信感が高まっているといいます。ですので、アメリカでは「プラントベース」という言葉を多く使用されるようになっています。

プラントベース ダイエット

簡単にいえば、植物性の食品を多く取り入れて、肉や魚、乳製品を減らし、野菜や果物、豆類などをより増やした食のスタイルのことをさします。また、添加物や甘味料にも気を使う必要があります。

これだけ聞いて、えっ!?私には無理と思う人も少なくないかと思います。しかし、普段の食生活をみてみると、意外と植物性の食品は多くお肉の代替えの商品も多く出回っています。とはいえ、今日から「プラントベースダイエットを始めます」と、肉、魚、乳製品などを食べない急な食生活の方向転換は、心身追いつかずストレスになりかねません。

焼肉、お寿司大好き!朝はトーストにヨーグルトで、ランチはパスタやオムライスにラーメン、夜はとんかつとデザートはアイスクリーム!などという食生活の人であれば尚更です。まずは、自分の普段の食生活を見直すところから始めることが大切です。

プラントベース 美味しい代替え食品


この投稿をInstagramで見る

大類直己/Naoki Oruiさん(@naoki_vegan_fit)がシェアした投稿

「プラントベース」は菜食中心の食事ですが、良質なタンパク質が摂取できる代替え食品はたくさんあります。お肉の代わりに、テンペ、車麩、大豆ミート、牛乳の代わりに、アーモンドミルク、豆乳、オートミルク、マヨネーズの代わりにソイマヨネーズ、

また、既に、ハンバーグやうなぎなど、”もどき”に作られている食品も多く見かけるようになりました。これは、食のスタイルにも大きく活躍するとともにコストも抑えられ

プラントベース 以外の食のスタイル

動物愛護や宗教的・環境的理由、食安全上の理由、健康志向背景など人それぞれです。どれが良いとか、良くないとかということではありません。健康であることがいちばん大切です。

ヴィーガン
絶対菜食主義者。肉や魚はもちろん、たまご、乳製品、バター類、はちみつ、ゼラチンなども一切口にしません。あらゆる動物性食品を排除する食生活のことです。ウールや毛皮も着ません。

ベジタリアン
菜食主義者。肉や魚は排除し、たまご、乳製品は食べる場合もあります。
国民の30%以上がベジタリアンであるインドでも、多くは乳製品を摂取しているといわれています。

ペスキタリアン
魚菜食主義者。牛・豚・鶏などを排除し、魚介類・卵・乳製品は食べます。

ラクト・ベジタリアン
乳菜食者乳製品は食べる。肉、魚、卵を排除します。

フルータリアン
果実食主義。果物常食者。フルーツと野菜をメインに、ナッツや種を少し食べます。木に実り植物の生命に関わらない食品のみを食べます。

 

 

プラントベース エキスポ


この投稿をInstagramで見る

Vegan Gourmet Festivalさん(@veganfestoffice)がシェアした投稿

2019年夏、国内初の植物性商材専門の展示会が初めて開催されます。植物性代替食の技術から商品、化粧品・衣服など、完全植物性で代替された展示ブースが数多く展開されます。プラントベースワールドが体験でき、知るチャンスです。

「プラントベースExpo」概要

イベント名:第 1 回プラントベースExpo
開催日:2019年7月20日(土)開催時間:10:00〜16:00
開催場所:新宿アイランドタワーB1 アクアプラザ会場
入場料:500円(税込)

出店ブース(一部)

ナチュラルファーマーズ&自然栽培の仲間たち

マヨネーズをはじめ大豆製品、自然栽培野菜など、ココロとカラダにやさしい食品が並びます。

筑波乳業株式会社

一切の食品添加物と砂糖を使用せず、アーモンドと水のみで作り上げた新発売のアーモンドミルクも楽しみです。

神楽坂地蔵屋

お煎餅を味付けせずにただ焼いただけの「素焼き煎餅」、小麦アレルギーやグルテンフリー向けの「素焼せんべい粉」が展示予定です。

『プラントベースExpo会場』の場所

まとめ

いろいろな理由で、動物性食品を食さない人は多くいます。聞くところによれば、世界の人口の大部分は植物を中心とした食生活を送っているとのことです。

完全無欠はとても難しいことです。肉や魚、乳製品が悪いのではありません。食べて元気が出て健康を保てている人も多くいます。やる、やらないの最終ジャッジは自分ですが、「プラントベース」は、今の食生活を見直すきっかけになるのかもしれません。