ぽっぽ焼きの別名は蒸気パン?名前の由来は?【新潟ご当地グルメ】

a06f0d59d835fe42294d779e3c6557ab_s

ご当地グルメにもお食事系と甘味系がありますが、今回ご紹介するぽっぽ焼きは甘味系のご当地グルメです。新潟県民にはお祭りの屋台でおなじみのほっこり優しい味のするお菓子です。

お祭りに行ってみると、唐揚げや焼きそば、りんご飴に最近流行りの最新お祭りグルメなど様々な屋台が軒を連ねていますが、必ずぽっぽ焼きの屋台には行列ができている人気ぶりです。そんな長年新潟で愛されているぽっぽ焼きについてご紹介していきます。

ぽっぽ焼きは黒砂糖の優しい甘味のするご当地グルメ

新潟直送計画さん(@niigata_shop)がシェアした投稿

ぽっぽ焼きは、新潟県で長年愛されているご当地グルメです。見た目は、黒砂糖が入っているため茶色っぽく、長細い形をしています。もっちりとしたパンのようなお菓子で、発祥元とされている新潟県新発田市では蒸気パンとも呼ばれているようです。

ぽっぽ焼きは、蒸気で蒸したお菓子ではないのですが、専用の焼き型で焼き上げる際に蒸気が出るため蒸気パンとも呼ばれています。できあがったぽっぽ焼きは、もっちりしていてとても柔らかい焼き菓子です。黒砂糖の素朴な甘さで、懐かしさを感じるような味わいです。味わいや香りはベビーカステラに少し似ているかもしれません。黒砂糖が使用されているので、ベビーカステラよりも和風テイストです。

ぽっぽ焼きの屋台の前は、黒砂糖の甘い香りが広がっているので思わず足を止めてしまいます。このぽっぽ焼きは、小さい子どもからお年寄りまで幅広い年齢層から愛されているご当地グルメです。他県のお祭りに行ってぽっぽ焼きが無いと知った時の寂しさは言いようもありません。

ぽっぽ焼きの由来は諸説あり

コズ(kozue)さん(@kozue.yoshi)がシェアした投稿

名前に「ぽっぽ」とつくとなんだか可愛らしい印象です。このぽっぽに関しては諸説あります。焼きあげる際に出てくる蒸気のところに笛をつけて客寄せをしていたことからというものや、この蒸気が出るところが蒸気機関車に似ていることから「汽車ポッポ」を連想したことからというものまであります。

また、黒砂糖を使用している点で関係のある沖縄が由来ではないかという説もあります。なんと沖縄にも、似たような駄菓子でポーポーというものがあるそうです。新潟でぽっぽ焼きを楽しんだら、沖縄のポーポーも味わってみたいですね。

ぽっぽ焼き自体は、生まれは明治の終盤です。城下町であった新発田市では、町民向けの焼きねり菓子として考案されたものが始まりのようです。明治から何世代にも渡って愛されているとは感慨深いお菓子です。

ぽっぽ焼きの発祥と由来/おすすめの食べ方と自宅で作る方法【新潟ソウルフード】

意外と新潟県民でも全員は知らないご当地グルメ

RiNAさん(@rinauuum)がシェアした投稿

ぽっぽ焼きは、これまでご紹介してきた通り、老若男女問わず長年愛されてきたご当地グルメであることは間違いありません。しかし、新潟県は縦に細長く広がる県なので同じ県民でも知らないご当地グルメがまだ数多く潜んでいるのです。

このぽっぽ焼きは、新潟県の新発田市が発祥とされており、そこから燕・三条市までは知られているようですが、上越の方では知られていないのです。ぽっぽ焼きは、新潟県の下越地方のご当地グルメということになります。同じ新潟県民でも食べたことが無い方にはぜひ同じ県民として愛するご当地グルメを食べていただきたいです。

ぽっぽ焼きは専用の焼き型がないと難しそう

ぽっぽ焼きは、お祭りの屋台で愛されてきたご当地グルメというだけあって、材料はいたってシンプルです。ぽっぽ焼きは、薄力粉に黒砂糖、水、炭酸、ミョウバンでできあがっています。おそらく、この材料さえ手にはいればぽっぽ焼きは作れてしまうのですが、専用の焼き型で蒸気たっぷりに焼き上げることで生まれる食感を家で再現するのは少し難しそうです。

工夫している方は、生地をアルミホイルで長細く作った容器に流し入れて作たり、炊飯器を使って作っているようですが、やはりぽっぽ焼きを気軽に楽しむにはお祭り屋台での購入が良さそうです。

しかし、お祭り以外の時に新潟に訪れてしまったという方もご安心ください。新潟では、お祭り屋台が主流ですがあまりの愛され具合に地元のお菓子屋さんでも販売している場合があります。

ぽっぽ焼きというのぼり旗を見つけたらぜひお店に入って見てください。最近ではネット販売も行われているので、新潟に行けないけれどぽっぽ焼きがどうしても気になっているという方はそちらを試して見てください。

ぽっぽ焼きは手軽に食べられるお値段

pandaさん(@pa.nda1027)がシェアした投稿

ぽっぽ焼きは、屋台などによってそれぞれ値段に差が出てくる場合がありますが、決して高くありません。だいたい3本100円から9本300円で販売されていることが多いです。子供のお小遣いでもぽっぽ焼きが十分楽しめます。9本以上の複数セットで販売している場合も多いです。

新潟県民は、お祭りのお土産に家族に買って帰る場合もあるので、9本でもペロリと食べきってしまいます。ぽっぽ焼の一番美味しい食べ方は、もちろん熱々の出来立てです。しかし、2日目も少し工夫するだけで美味しく食べることができます。ポイントはトースターでぽっぽ焼きがカリカリになるまで焼き上げることです。

ご家庭で使用されているトースターにもよりますが、だいたい3分~5分くらい焼くと表面がカリッとして美味しくいただけます。もっちり感を蘇らせたい方は、少し水にくぐらせるか、霧吹きをしてあげてからトースターで焼いてもらうと水分が加わって程よいもっちり感が蘇ります。

まとめ

ぽっぽ焼きは、新潟県民でも下越地方の県民が愛するお祭りのご当地グルメです。ひと口食べれば、もっちりして黒砂糖の優しい甘味が広がります。ぜひ新潟のお祭りにお越しになった際は食べてみてください。新潟県民だけど食べたことのない上越の方にもお勧めしたいご当地グルメです。

寺泊で「魚のアメ横」サバ1本焼きがおすすめ!釣り・海水浴子連れ体験

国営越後丘陵公園のナイトイルミネーションがおススメ!屋台・音楽イベントまとめ

いくとぴあ食花では乳児エリアもあって助かる!こども創造センター

上越市立水族博物館うみがたりで飼育数世界一位を誇るマゼランペンギンを

スポンサー広告