パワーサラダ お弁当にもってこい!必須食材と節約術

28752488ed002841b040b95a3b13699b_m

 

流行りというのは、とかく国外からやってくることが多い。今回の注目の「パワーサラダ」という代物もアメリカニューヨークや西海岸で親しまれているといわれています。しかし、なぜパワー?力がみなぎる??パワーとするサラダはいったいどんなものなのでしょうか。

パワーサラダ とは


この投稿をInstagramで見る

Mitsuhiro (Mitch)さん(@mizukudasai)がシェアした投稿

サラダと聞くと、ほぼほぼ野菜ばかりが盛られたイメージですが、「パワーサラダ」とは、野菜だけでなく、果物、肉、魚、ナッツなど良質なタンパク質を具材とした見た目も食べてもボリューム満点のサラダです。

ボリュームだけではなく、一皿で効率良く栄養も摂取でき、メインディッシュとしも充分活躍します。

パワーサラダ 食材


この投稿をInstagramで見る

SMART SALAD FACTORYさん(@smartsaladfac)がシェアした投稿

サラダだからといって、野菜だけでは「パワーサラダ」とはいえません。野菜&フルーツ、タンパク質、トッピング、ドレッシングを取り入れるようにします。

五穀米などを少々加えることで、ご飯サラダになります。4つを基本と量を守り食材はバランス良く好きなもの。毎日同じものではなく、日替わりで楽しむ方がパワーが出やすいのではないでしょうか。

① 野菜&フルーツ

キャベツ、レタス、かぶ、カリフラワーなどの淡色野菜、トマト、ニンジン、ブロッコリー、パプリカなどの緑黄色野菜をバランス良く170 〜 180gを目安に用意します。フルーツは 100g が目安です。ボリュームと合わせて見た目も美しくを心がけると good です。芋類も茹でず蒸した方が栄養も逃げにくいです。

②タンパク質

タマゴ、鶏肉のささ身、ハム、ベーコン、お豆腐類などタンパク質は必須です。茹でたり蒸したり、ローストしたり調理方法も幅広く活躍できる食材です。50gを目安に日々工夫して用意しましょう。パリパリに焼いたアゲもおすすめです。

③トッピング

ナッツ類や豆類などのトッピングは欠かせません。また、キアヌやチアシードなどスーパーフードと呼ばれているものも多く出回っています。食感も楽しめるうえに、見た目にも食欲を増進します。ドライフルーツなど、トッピング用として小袋や小瓶で販売されていますので、ひとつあれば便利です。

④ドレッシング

味の決め手になるドレッシングは、良質なオイルとビネガーがベストです。もちろん、市販のブランドドレッシングでも OK ですが、ドレッシングを手作りすることで飽きることも避けられます。ニンジンやリンゴ、をすりつぶしビネガーと合わせた甘めのドレッシングや、食材にもよりますが、エゴマオイルがおすすめです。

パワーサラダ お弁当にもってこい


この投稿をInstagramで見る

Tomoko Yoshikawaさん(@tomoben24)がシェアした投稿

野菜、果物足りていますか?厚生労働省が推奨している 1 日の野菜摂取目標量は350gです。特に20代の若い人に野菜不足が多く、現代人は忙しく食事さえもままならないといわれています。

お弁当を「パワーサラダ」にして、野菜不足を解消しませんか。通常のお弁当を作るよりは簡単ですのでランチにはもってこいです。

前夜に野菜をカットし完全密封容器に用意し翌朝お弁当箱に詰めるだけ。チキンや魚介類など加熱しなければいけない食材も用意しておきましょう。

ドレッシングやナッツ類は別に持って行き、食べる前にかけたほうが good。暑い季節には保冷剤をつけて持ち運びまた、雨の多い季節の食中毒には注意し、職場でも冷蔵庫に入れておくことを忘れずに。

香りの強い食材は避けたほうが無難です。続けることが大切ですので、週に 2 回でも 1 回でもできるところからスタートしてみましょう。

パワーサラダ チキン& 豚肉

タマゴやささ身肉など、タンパク質は必須です。50 gを目安に準備しましょう。

チキンであれば、ささ身をチンすれば簡単ですし、皮付きの胸肉をこんがりローストし、ひと口大にカットしそのままでも、軽く塩胡椒したり照り焼き風にしたりでひと工夫で味のバリエーションも増えます。

また、豚肉も部位によって、焼き豚風、ベーコン風など、オーブンレンジや圧力鍋で時短簡単に調理が可能ですし、調理しておくことで2、3 日は日持ちがします。

薄切りの豚バラは冷しゃぶにすれば、野菜とよくあいます。ごまドレッシングにラー油を混ぜると、パンチが効き夏メニューとしておすすめです。

 

 

パワーサラダ 節約術

野菜は旬のものを選びましょう。直売所など大量で安く販売しているお店もあります。多めに購入できた日は、ピクルスを作ることもおすすめです。

レッドキャベツ、レッドオニオン、キュウリ、セロリ、ニンジン、ズッキーニ、トマトなどピクルスにすることで日持ちしますし、既に味もついていますのでとても食べやすいです。

特に緑黄色野菜は色がとてもキレイですし、瓶詰めのピクルスが並ぶとそれだけでも心豊かになります。また、おつとめ品・見切り品も狙い目です。アボカドなど熟し過ぎたら、アボカドマヨネーズを作りましょう。

パワーサラダ 食べられるお店

今、サラダ専門店がオープンし続けています。意外な食材を発見できるかも!?参考のために足を運んでみるのもいいですよ。

ハイファイブ

東京・奥神楽坂店が第 1 号店とし 3 店舗を展開しています。「鮮度」「おいしさ」「安全・安心」「楽しさ」を提案され、ボリューム満点のサラダが楽しめます。

奥神楽坂店
住所:東京都新宿区山吹町261 トリオタワーサウス1F
電話:03-6265-3039
営業時間:11:00 〜 21:00

アロハサラダ

ハワイの大人気店が日本に初上陸して話題となっています。生産者の顔が見える野菜、最新ビオロジカル栽培「アクアポニクス農法」の野菜などをベースにスーパーフード、グルテンフリーパスタ、グレインズなども用意されています。

アロハサラダ原宿店
東京都渋谷区神宮前4-31-5
営業時間/8時~21時、日祝11時~

Mr.FARMER

全国約 50 軒の契約農家から届く野菜たちをふんだんに使い、良質なたんぱく質が摂れる「パワープロテインメニュー」を豊富に揃っています。オープンサンド、スープ、オリジナルのベジスムージーやハンドドリップのコーヒーも人気です。

Mr.FARMER 表参道本店
東京都渋谷区神宮前4-5-12 セピア原宿1階
03-5413-4215
営業時間:9時~20時

デニーズ

フレッシュ国産野菜、五種豆や五穀、ポテトサラダ、ナッツ、ローストビーフやローストチキン、生ハムなど20種類以上の品目が盛られたボリューム満点なごちそうサラダ。さらに、4種類のドレッシングから選ぶパワーサラダです

デニーズ南青山店
住所:東京都港区南青山1-12-28
電話:03-3423-1660
営業時間:24時間

まとめ

野菜だけではなく、果物、肉・魚、必須脂肪酸などがひとつのボウルに詰まったサラダは忙しい現代人にマッチしたメニューともいえます。普段野菜ジュースだけで済ませている人、さっそくパワーサラダを始めてみませんか。