レモン鍋の具材は何が合う?苦みを消すための工夫と超簡単!カルディの素を紹介 

lemons-2294530_640

 

鍋が美味しい季節になってきました。鍋にはとんこつしょうゆ鍋キムチ鍋カレー鍋豚肉と白菜のミルフィーユ鍋などたくさんの種類があり、身近な材料で手軽に作れる鍋は、寒い季節にぴったりな定番人気の料理です。

そんな鍋の味の中でも、「レモン鍋」が今話題になっています。

レモン鍋とは?

レモン鍋はどんな味?

鍋というと濃い味付けが多いですが、さっぱりとしていそうなレモン鍋というものは鍋に合うのでしょうか?しょっぱかったりすっぱくないのでしょうか?

レモン鍋はチキンベースのスープに爽やかなレモンの風味が漂う鍋です。レモンの酸っぱさもちょうど良くレモンの香りも良いので、あっさりと食べられ鍋として特に女性に人気があります。

あっさりしてるので女性に大人気!

シンプルな味付けなので、どのような食材にも合わせやすく、具材の素材の味も引き出してくれます。あっさりとした味は、自分の好みにアレンジもしやすいです。

レモン鍋はおいしいだけではありません。体に嬉しい効果がたくさんあります。美容効果が期待されているビタミンCが豊富にふくまれているレモン。レモンには疲労回復・リラックス効果・殺菌効果・発刊作用・風邪の予防など、美容効果だけでなく、今は健康食材としても注目されています。

 

レモン鍋の簡単なつくり方

今回はシンプルなレモン鍋のレシピを1つご紹介します。

材料(2人分)

  • レモン…1個
  • 豚薄切り肉…200g
  • 水菜…70g
  • 水…2カップ
  • 塩…小さじ1/2
  • 鶏ガラスープの素…大さじ1

作り方

  • 水菜は5cmくらいに切り揃え、レモンは薄い輪切りにしましょう。
  • 鍋に水・塩・鶏ガラスープの素を入れて沸騰させます。
  • 沸騰したら鍋に豚肉を入れ、お肉の色が変わるまで煮ます。
  • 肉を煮込んだ後に水菜を入れ、1番上にレモンの輪切りを並べます。

この時、レモンの端など余っていたらレモンを鍋に絞りましょう。

⑤ 軽く煮込んだら完成です。

レモン鍋はあっさりした味なので基本的にはどのような食材との相性は良いです。あっさりとした味わいをそのまま生かすには、鶏肉や海鮮類など比較的にさっぱりとした味のものの方が良いようです。

レモン鍋に合う具材としては、こちらがおすすめ!

白菜・キャベツ・しいたけ・長ネギ・もやし・豆腐・にんじん

豚薄切り肉・鶏もも肉・牡蠣・ウインナー・エビ・餃子

あっさりとした味で物足りないと感じた人は、こしょうを入れてみましょう。こしょうのぴりっとした辛さがアクセントになり、味を引き締めてくれます。

苦みを消すためには

ここではレモン鍋を美味しく作れるポイントをいくつかご紹介します。

レモン鍋を作る時のポイント

      • レモンは皮ごと入れましょう。豚肉や牡蠣などの臭みを取ることができます。
      • レモンは薄く切ること。薄い方が食べやすいです。
      • レモンは煮たまま置いておくと皮から苦味が出てしまい、鍋が苦くなります。

レモンを入れるタイミングは1番最後にして、食べる分だけ少量ずつ足しましょう。レモンの煮すぎで鍋が苦くなってしまった…そんな時の簡単な解決方法は、鍋にカレーのルウを入れることで苦味が消え、その後も美味しく食べられます。

レモンを使う時の準備は、

 

タワシでレモンの表面をよく洗う

表面の汚れが浮いて落ちやすくなるので、レモンを熱湯で2~3分つけてから洗う

ことが大切です。

誰でも簡単カルディで売ってるレモン鍋の素

コーヒーや輸入食品などのお店として大人気なカルディ。実はカルディでレモン鍋の素を購入でできるのです。

話題のものやブームになりそうなものをいち早くチェックして販売しているカルディで、このレモン鍋の素が今では定番人気商品の1つとなりました。レモンの煮すぎで苦味が出てしまう心配もなく、具材を入れるだけで簡単にレモン鍋が作れるのは嬉しいですよね。

お値段は約300円程です。ストレートタイプのつゆなので味の調整もすることなく簡単です。また、1人分の分量で個包装された鍋の素もあるので、人数に応じて作れるのもいいですね。

冨貴食研 塩レモン鍋の素(150g)

 

レモン鍋のしめはなにがいい?

レモン鍋のしめはなにが合うのでしょうか?TwitterなどのSNSで検索してみると、いろいろな組み合わせがおすすめされています。

レモン鍋のしめで特に人気のあったのは、カルディでおすすめされている「ご飯とチーズを入れてリゾットにする」というしめ。余ったつゆにご飯を入れてチーズを散らし火にかけるだけ。チーズのしょっぱさが味付けになり、まろやかさも加わります。

 

また、シンプルにうどんを入れるのもつるっと食べれて人気があります。うどんの場合は冷凍のうどんを使うことがポイントのようです。

 

まとめ

鍋の味として人気が定着してきた「レモン鍋」をご紹介しましたが、いかがでしたか?ちょうどいい酸味のレモンと鶏だしのさっぱりとしたスープは、飽きることなく最後まで美味しく食べられます。定番のしっかりとした濃い味の鍋もいいですが、自分の好みの具材と爽やかなレモンで食べてみてはいかがでしょうか。

柑橘系といえば周防大島ご当地鍋みかん鍋もお試しあれ。気になる方は「みかん鍋の発祥【周防大島】ってどこ?効果と作り方を紹介」ご覧ください!

 

スポンサー広告