那須りんどう湖レイクビューは前売りチケットで乳搾り・チーズ作り・アイス作りをお得に体験!

6baf1f008df5975746cdea0f973b7762_s

 

りんどう湖を囲む自然の遊び場で楽しんでみませんか 首都圏から車で約2時間、那須岳の麓にある自然いっぱいの遊園施設です。

子供は元より大人も楽しめるアトラクションがたくさんあり、一日居ても飽きません。宿泊施設も隣接しており2日間に亘って楽しむ方もいらっしゃるほどです。都会の喧騒から離れ心も体もリフレッシュしてみましょう。


View this post on Instagram

eri nakaoさん(@eringo0416)がシェアした投稿

基本情報

那須りんどう湖レイクビュー 
住所:栃木県那須郡那須町高久丙414-2
電話番号:0287-76-3111
E-mail:nasu@rindo.co.jp
営業時間:9:00~17:00
休園日:時期により営業時間も変わるためHPにて営業カレンダーをご確認ください。

入園料

大人(中学生以上):1,600 円、冬季 1,200 円
小人(3歳~小学生):800円、冬季 600 円
幼児(3歳未満):無料
シニア(60歳以上) 1,100円、冬季 800 円
※乗り物券は別売り

とくとく乗り物券

2,800円で乗物(一部を除く)が、3,500円分利用できるお得な乗り物チケット

レイクビュー公式前売

クレジットカードにてオンライン購入することが出来ますが、入園料が一人 200 円引きになります。 一般的な方法ですが、そのまま入場できますので、窓口が混雑しているなど並びなくない場合に有効です。

なお、公式サイトにて期間限定の割引クーポンが出ていることがありますので、チェックしてみるといいでしょう。 割引率も大きいクーポンも出ているので、利用する価値ありです。

会員クーポン

イオンカード、JAF会員などの会員特典として、会員証などの提示で割引になります。

HISやJTBなどが扱っているチケットで、割引価格になっている場合があります。 個人でチケットを購入するより、旅行会社に頼んだ方がかなり割引になることもありますので、確認してみるといいでしょう。

アクセス

電車

東北新幹線もしくは在来線にて「那須塩原駅」下車、西口広場にてタクシーを利用し約20~30分

バス

無料シャトル、路線バス、周遊観光バスの3つがありますが、周遊バスが予約などの制約等ありませんので便利でしょう。

周遊観光キュービー号になりますが、那須周辺の観光スポットを一周約45分で回っており、運行時間は9時から16時、1回乗車券は500円(1日乗り放題もあります)

東北自動車道「那須IC」下車 県道17号線右折 ⇒ 看板に沿って進み約10分ほど(那須トリックアートピア、那須ワールドモンキーパークが道沿いにあります) もしくは、那須スマートIC ⇒ 国道4号線右折(南下)⇒ 看板に沿って進む もしくは桜久保信号右折 ⇒ 道なりで約5分

駐車場

自家用車 2,000台、バス 200 台(敷地内と道を挟んだゲート前にあり)となっています。 なお、駐車場は開場前から開いていますが、GWなどは開場時でもすでに一杯になっている可能性もあります。

施設の特色


View this post on Instagram

haruka 하루카さん(@haru.o)がシェアした投稿

元々はりんどう湖ファミリー牧場と呼ばれており、その名の通り牧場をメインの売りとした場所でした。 近年では、それだけでは観光地としての魅力が無いと言う事から、いろいろ開発されるようになりましたが、動物関連とアトラクションが半々と言った感じになっています。 以下に代表的な施設を書いて行きますので、各利用者の目的で楽しむといいでしょう。

動物へのえさやり

正面ゲートから入場し、湖の対岸へ移動すると牧場を中心とした、自然が楽しめるエリアになっています。 ウサギやアルパカなどへのえさやりが出来るとともに、直接触れ合えるので子供にも大人気です。 意外なことに毎日触れ合っているせいか、人に慣れており触っても逃げないので、動物の体温が感じられる貴重な体験が出来ます。

牧場

牧場としての本来の姿も残っており、小高い山の上に牛や馬、ヤギなどが牧畜されており、ここで取れた乳製品なども販売されています。 乳搾り体験も可能ですので、子ども達と体験してみるのもいいですよ。因みに、歩いて上る以外にも、トロッコ列車が運行されていますので利用することが出来ます。

たのしみどころ


View this post on Instagram

@io_is_mがシェアした投稿

子どもにおすすめ

えさやりエリアの近くに、ちびっこ広場があり、迷路や乗馬などが楽しめます。 GWなどには、射的や滑り台などのアトラクションが増設されますので、小さなこども向けになっています。

ちょっと大きくなった小学生などには、アスレチックやパターゴルフ、バンジートランポリンなどもありますので、冒険心をくすぐられます。

大人におすすめ


View this post on Instagram

Minettyの旅とグルメさん(@fuekitty)がシェアした投稿

デートでも家族連れでも楽しめると言う事で、大人の方が楽しめそうな物としては以下の物があります。 代表的なのがジップラインですが、湖の対岸同士にワイヤーが張られているので、非常に興味を引きます。 実際に乗ってみると、スピードこそそんなに出ないものの、予想以上に高いため見晴らしがよく気分爽快です。

ゆったりしたい方は、遊覧船やボートなどに乗って景色を眺めるのも、落ち着くことができいいでしょう。

 

 

口コミ〜体験参加〜

いつも子供連れで行くのですが、普段できないことをさせたいということで、体験コーナーに行くようにしています。 山の上の牧場で開催されていますが、乳搾り、チーズ作り、アイス作り、などに参加しています。 こどもも買って食べるだけでなく、どうやって作られているのかが分かり、興味津々で楽しめます。

GWなどは毎日、それ以外には週末などにテレビの戦隊ヒーローや女の子アニメのキャラクターのショーが開催されるようになります。 一日に2回程度上演されますが、数百席の座席が埋まるほどの人気ですが、上演後には握手会や写真会が開催されるため子ども達は大喜びです。

子どもはヒーローが悪を倒すのを見て喜びますが、意外に悪役のマイクパフォーマンスが面白く、私は悪役の方に興味がありますが。 別の視点から見て見ると、意外に大人でも楽しめるでしょう。

食事・グルメ


View this post on Instagram

栃木タビジョ会さん(@tocigi_tabijyo)がシェアした投稿

会場内の至る所に、食事コーナーや軽食コーナーがあり、ちょっと小腹が空いたときにはいいでしょう。 ただ、きちんとした食事をしたい人にとっては、少し物足りない感じがするので不満が出るかもしれません。

そんな時には、数年前に出来た正面ゲート隣のブッフェMekke!、もしくは対岸の時計台のレストランがおすすめです。
一般的な定食や洋食が食べられ、テーブル席が用意されているためゆっくりすることが出来ます。

Mekke!の方はシェフが在籍しているということで、本格的な料理が楽しめ、景色を楽しみながら食事ができるとあって人気が高いです。 きちんとした食事が楽しめるという反面、GWなどはお昼前でも列を作るほど混雑しますので、時間をズラすなど早めに行って食事をとることをお勧めします。

牧場内で取れた乳によって作られる、洋菓子もおいしいので一度味わってみてはいかがでしょうか。

アドバイス

トイレやおむつの交換場所などは、子どもが来る場所であるため充実しており、清潔感があります。 食事に関しては、混雑に対して売店などの数が少ないですので、混雑が嫌な方は弁当を持参するなどした方がストレスが溜まらないでしょう。

それに、子どもからご老人まで幅広い年齢層が利用するのですが、身障者などが難なく利用する環境が少々不足している感じがしました。

さいごに


View this post on Instagram

Yuko Ogiharaさん(@yagiyagiza)がシェアした投稿

広大な敷地に、乗り物、遊具、牧場などがあり子供から大人まで楽しむことが出来ます。 自然いっぱいの環境で、気分も落ち着けることが出来、ストレス解消にも効果があります。

那須という土地柄、温泉や別荘がありますので、昼間は遊んで疲れたらゆったりとした時間を過ごすことも可能です。なお、周辺には多数観光スポットが点在していますので、それらを数日かけて巡るのも楽しいでしょう。

子連れで行く2019年GW(ゴールデンウィーク)混雑知らずの関東おすすめ穴場スポット

道の駅もてぎの米粉バームクーヘンとゆず塩ラーメンがうますぎる!

ツインリンクもてぎで中学生の娘とジップラインに!口コミレビュー

那須どうぶつ王国は期間限定イベント割引やWEB割引・誕生日割引を使ってお得に!

スポンサー広告