離乳食の初期・中期に役立つ「おかゆ」の具材炊き込みアレンジレシピ!

ea8d714675901ab1ea292971b89ede2e_s

 

離乳食のスタートは、「おかゆ」が基本といわれています。とはいえ、初めての赤ちゃんであれば、どんな「おかゆ」がいいのか、悩むママも多いはずです。大人もたまには食べますが、もちろん、同じものでは NG です。赤ちゃんにやさしい「おかゆ」の作り方や具材をご紹介します。

21adbc8097df353940ae99a463ac86d0_s

 

離乳食初期

生後 5 〜 6ヶ月頃から離乳食を始めるのが一般的です。

離乳食をスタートさせたからといって、母乳やミルクは続けることも忘れてはいけません。初期の頃は、飲み込むことを練習する時期ですので、なめらかにした「おかゆ」や、クセのない野菜果物を 1 日 1 品を小さじ1 杯食べさせることからスタートです。

時間は、午前中の授乳前が良いとされており、毎日決まった時間に食べさせるのがベストです。慣れてきたら、豆腐や白身魚などの食材も試してみて、赤ちゃんの様子を伺いましょう。

離乳食初期の食材

何をどう食べさせたらいいのか?赤ちゃんは何が喜ぶだろうか?赤ちゃんのお腹にいい食べ物って?初めて離乳少食作りは悩むママも多いはずです。

今は、買えば何でもある時代ですが、できるだけママ手作りの離乳食を食べさせたいものです。さて、離乳食にはどんな食材がいいのでしょうか。

カボチャ、ニンジン、カブ、ダイコンなどを柔らかく茹で上げすりつぶして、お湯やだし汁などでゆるめ舌触りがいいように仕上げます。豆腐は茹でてつぶしてなめらかにします。タラなど白身魚も茹でて骨や皮を取り除き、ペースト状にし、おかゆと合わせて食べると栄養も摂取することができます。

離乳食初期のおかゆレシピ

離乳食をスタートしてからといって、完全に母乳やミルクを止めることではありません。

離乳食は、他の食物からの栄養を取り入れ、母乳・ミルクから幼児食へと移行する過程の食事です。月齢に応じて、食材の大きさや硬さを変えて、赤ちゃん自身で、だんだんと噛む力も養っていくという大きな役目を果たす離乳食でもあります。

生後 5 〜 6ヶ月から始める初期の離乳食は、いったいどんな「おかゆ」がよいのでしょうか。

・基本のおかゆの作り方

大さじ 2 のお米を洗い、お鍋に水 300ccを一緒に入れ、30 分程漬けた後、最初は強火で、沸騰してきたら弱火にして 20 分程炊き、火を止めて 10 〜 15 分程蒸らします。裏ごしをして、舌触り柔らかく喉越しなめらかにして出来上がりです。

出来上がって見て、硬いようでしたらさらに炊くか、お湯でのばすなどして、トロトロに柔らかくします。

ブレンダーを使えば時間も取らず便利です。「おかゆ」を作るのはレンジや炊飯器で作っても OK です。炊飯器で作ると、焦げたり、吹きこぼれたりがありませんので安心です。

家庭によってキッチンアイテムは様々ですので、ママのやりやすいように作りましょう。多めに作って、冷凍しておくと時間のない時はあたためるだけですので重宝します。

離乳食 初期の量の増やし方

b7b38f88d3d9ebdf4f36ed4d0b201817_s

 

生後 5 〜 6ヶ月の初期の離乳食は、 1 日 1 回、小さじ 1 杯からスタートします

3 日目辺りから小さじ 2 杯に増やし、7 日目辺りからおかゆ 4 + 野菜果物 1 杯に増やします。11 日目辺りから、おかゆ 5 杯+野菜果物 2 杯 + 豆腐・魚 1 杯というように、赤ちゃんの体調と様子を確認しながら、段々と増やしていきます。
決めた時間に食べさせることも大切です。あくまでも目安ですので、食べなくない素振りを見せたら、無理強いさせないでゆっくり離乳食生活を進めましょう。

離乳食を食べない場合の対処法

「おかゆ」やなめらかにした野菜や果物が基本ですが、食材によっては好き嫌いもあるかもしれません。他の食材に変えて試してみると食べてくれるかもしれません。また、口から出してしまう場合は、下唇の上に少しのせてあげると上手に食べてくれるかもしれません。母乳やミルクは欲しがるだけ与えることも忘れずに。

 

 

離乳食中期

1b42d2890c3252f8a7cdc4d7099fa407_s

生後 7、8ヶ月頃からは、1 日 2 回、舌でつぶれるくらいの固さを食べてくれる時期です。少し、もぐもぐと口を動かすこともしてくれるのではないでしょうか。
食材の味や食事をすることの楽しみも覚えてくれる、栄養のバランスも考えてあげながら食べさせることが大切です。

離乳食中期はいつから

生後 7、8ヶ月頃から中期に入り、1 日 2 回、舌でつぶせる硬さの離乳食が基本です。もちろん、成長や体調で変わってきますので、赤ちゃんの様子を伺いながら食べさせるようにしましょう。

離乳食中期の食材

「おかゆ」と合わせて、ジャガイモやサツマイモの穀物類、ニンジン、カボチャ、トマト、ブロッコリーなどを蒸したり茹でたりして粗くつぶします。

魚や豆腐、ささみ、タマゴ、ヨーグルトなど良質なタンパク質もと組み合わせ、栄養のバランスを摂取するように心掛けましょう。1日にあげる量は、おかゆであれば 50 〜 80 グラム、野菜は 20 〜 30、 ジャガイモは 40 ~ 70 グラム、豆腐は 40 ~ 50 グラムが目安です。
食事の味や舌触りも楽しめるように種類を増やしていきます。

 

a75aa6b1ba061a48f8d148a435f1361a_s

 

具材を混ぜ込むおかゆレシピ

野菜、豆腐、魚など、具の入った「おかゆ」にアレンジすることで、栄養とバランスもとれるようになります。

・しらすと海苔のシーフードおかゆ
7 分粥を作り、軽く塩抜きした、しらすと焼き海苔を入れ、とろとろに煮込んだら完成です。しらすは大きいようでしたら細かくカットします。

・タラとニンジンのおかゆ
昆布やかつお出しを作っておきます。身だけにして茹ですりつぶしたタラと、細かく切って茹でたニンジンを、出汁で炊いた7 分粥に混ぜ合わせたら完成です。彩りもきれいです。

・お芋とブロッコリーのおかゆ
サツマイモまたは里芋は、細かくカットしてやわらかく茹でるか、またはペースト状にします。ブロッコリーもやわらかく茹で小さくカットし、7 分粥にトッピングすれば完成です。お芋の量が多ければ、「おかゆ」を減らすようにします。

おかゆの味付けについて

毎日のことですので、味気ない「おかゆ」ではマンネリしてしまいます。具材にも甘みがありますが、昆布やかつおで出汁をとり、「おかゆ」を炊くことで栄養価値もアップします。出汁をとったお味噌汁に合わせると栄養たっぷりです。しかし、味の濃さには注意が必要です。また、アレルギーのない赤ちゃんには、トマトを入れた「おかゆ」に粉チーズをかけてリゾット風にするのもおすすめです。赤ちゃんが食べてくれることがいちばんですので、いろいろ試しで作ってみて好きな離乳食を見つけましょう。

まとめ

8179bee028e3f1ee50145b9ce0126c78_s

離乳食は、生後 5ヶ月頃から始まり、1 歳半頃に終えるのが一般的です。離乳食も買えばある時代ですが、自宅で過ごす時は、できるだけママの手作りを食べさせてあげましょう。食べてくれた時の喜びはきっと嬉しいはずです。最初は食べない時も多々あると思いますが、無理強いはせず、次回の課題にしましょう。また、食べないことでママのストレスになってもいけませんので、神経質になり過ぎず、赤ちゃんと楽しくご飯時間を過ごし、赤ちゃんとともに成長していくことが大切です。

 

スポンサー広告