陵南の森お話し会のイベント開催時期と見どころ/周辺おすすめランチ

7ac9b7f17ff377c670d4d0917e717c31_s

 

大阪府羽曳野市と藤井寺市の間に位置する、大きな図書館、陵南の森。隣接する公民館は年配の方々のサークル活動や憩いの場になっており、図書館内では子どもたちに向けて、ほぼ毎週末30分ほど絵本の読み聞かせが行われています。

月に一度、小さな子から小学生、その保護者などの大人も聞ける少し長めの読み聞かせの会が開催されています。子どもたちと絵本の世界に触れて、優しい気持ちになって帰れるイベントです。

56e81fe238d83e03e2c89382c8e61b74_s

基本情報

イベントの名:陵南の森お話し会
住所:大阪府羽曳野市島泉8丁目8番1号
電話:072-952-2750
開閉時間:10時〜18時
休館日:毎月末日・年末年始・特別資料整理期間

アクセス

電車

近鉄南大阪線「高鷲(たかわし)駅」下車徒歩10分

平日は羽曳野市が運営する無料の循環バスが数本走っていて、陵南の森前で停車するものもあるのでおすすめです。

陵南の森お話し会とは

8c2c364d30d6009010571cd0668401cc_s

お話し会はいつから始まったか定かではないですが、読み聞かせをしてくださっているボランティアの方のなかには、もう30年も羽曳野市や藤井寺市の小中学校や図書館を中心に、子どもたちにお話をしてくださっている大ベテランの方もいます。

とてもやさしい声で、長年読み聞かせされているからか、子どもたちが食いつくポイントや月齢、年齢、四季折々に合わせた絵本を厳選してくださいます。

絵本に触れるすばらしさを話して聞かせてくれることもあり、夏休みには「こわ~いお話し会」として、お化けが出てくるお話などを表情豊かにしてくれて、大人も退屈せず絵本の世界にひたれます。

陵南の森図書館自体、羽曳野市では古市図書館に次いで2番目くらいに古い図書館だそうです。17万冊所蔵しており、中央図書館よりも歴史が古くラインナップも豊富な印象です。

お話し会などのイベントの頻度も、羽曳野市内では一番多いです。 紙芝居や、お話し会の終盤で折り紙でこいのぼりを作ったり、季節に合った制作もさせてくれることがあり、子どもと作ったものをちょっとしたお土産にできたりします。

イベントの開催時期

d30192069c09fdfa3c7a975233938f2c_s

月に1度、第3日曜日の11時から12時のことが多いです。 11時からの30分間は「小さなお友達向け」として、ハイハイの赤ちゃん~3歳くらいの子向けの絵本を主に読んでくれます。

12時までの30分間は、小学生くらいまでや大人も楽しめる、季節に合った絵本など中心です。みどころは普段のお話し会(30分間の短めもの)は、じゅうたんが敷いてある絵本コーナーの一角で行われますが、月に一度の会では図書館奥の広めの視聴覚室で、子どもは座って、大人はパイプいすなどに腰かけて聞けることです。

常連の子どもたちもいるようで、お話し会に参加するとスタンプラリーがあり、スタンプが6個たまると可愛いマグネットや鉛筆、しおりなど、好みのプレゼントがもらえます。

お話し会の鑑賞スポット

d798da76543790810007528809b9adb0_s

スバリ一番前、お話を読んでくれる人の正面です。読み手の表情も良く見えるし、絵本も小さい子向けのものでは小型のものもあるので、絵が良く見える方が赤ちゃんも退屈しません。

じっとできない子は、子どもたちの後ろで椅子に腰かけている、保護者の膝の上に座っていたりします。ベビーカーのまま入場し聞くこともできます。

イベント

お話し会の日限定の他のイベントなどはありませんが、日曜日に開催されるので、隣接する綾南の森公民館で、時々サークル活動している方々の発表会や写真展示などが行われます。

 

 

図書館周辺ランチ

18aab0c546569671f41edc5fe1feffac_s

お話し会が開かれる視聴覚室では、小さな子が多いこともあり、お茶などは飲んでもいいようです 陵南の森周辺には少し歩けば、美味しい食べ物屋さんが多いです。

「ベビーフェイスプラネット」は、1,000円前後で洋食ランチとドリンクバーが楽しめ、カップルや家族連れで土日を中心ににぎわっています。その横の「てつたろう」という、夜はお魚料理の居酒屋のお店では、ランチでは880円でお魚などのてんぷら乗せ放題で、年配の方から子どもまで人気でお得です。

ご飯も好きなだけ盛れるので、てんぷらがこぼれ落ちないように気をつけながら山盛りにする人もいます。最初に好きなだけ(一種類の天ぷら2つまで)乗せられますが、追加で天ぷらを乗せにいくことはできないので注意です。

駐車場について

陵南の森図書館で、駐車場が満杯だったり交通規制があったことはありません。年に一度の秋のお祭りと重なると、もしかしたら停められないかもしれません。

イベント会場の視聴覚室も、座る場所がない程混雑することはありません。大体3~5組の親子が聞きに来ていて、夏休みは多少増える傾向があります。子どもが騒いでもお互い様といった雰囲気で、図書館の出口も近いので、気分転換に連れ出して再度参加するのも簡単です。

さいごに

c99bde43df2d83f0a2cc51dd94db8a70_s

陵南の森図書館には、結婚して羽曳野市周辺に引っ越してきてから、毎週のように通っていましたが、子どもが生まれるまでお話し会があることに気付きませんでした。図書館の奥の一角の絵本コーナーや視聴覚室で行われていて、子連れでない大人は気付きにくいイベントです。

お話を聞かせてくれる方いわく、絵本は音の響きなどを考え文字が厳選されていて、詩のようになっているので、大人にもリラックス効果があるそうです。お話し会の始まりでは、お話のロウソクに火をともします。

会の最後にはみんなでそれぞれ心の中でお願い事をしながら吹き消します。 優しい気持ちになれるので、子どもだけではなく、ぜひ大人も楽しんでほしいイベントです。

信貴山寺 朝護孫子寺に臨月予定日の二日前に登頂成功!意外とハード

コロコロふれあいパーク南側にあるブドウ園で子供達とブドウ狩り初体験!

子育て支援センターふるいちで「子育て講座~子育てを楽しむ〜」を体験しました!

万博記念公園で10歳の子とニフレルへ!駐車場代を無料にする裏ワザとは

スポンサー広告