相模川ふれあい科学館「アクアリウムさがみはら」は無料の水遊びで!イベントは?

e5e863b92406f426d2863487d9854191_s

 

夏休みはどこ行こう!?楽しく学べる「アクアリウムさがみはら」
子どもと遊ぶのは大変ですよね。夏休みの1ヶ月の期間は長いですし遊びに行く場所も尽きてしまいますね。でも子どもには楽しい夏の思い出を作って欲しいですし!親もなかなか大変です。

今回は相模川に住む生態系が学べる上に安価で涼しく過ごせるアクアリウムさがみはらについてご紹介します!子どもの知的好奇心もくすぐることが出来るので大変オススメですよ。


View this post on Instagram

Shimono Futaba🌱さん(@futabashimono)がシェアした投稿

基本情報

相模川ふれあい科学館・アクアリウムさがみはら
住所:神奈川県相模原市中央区水郷田名1-5-1
TEL:042-762-2110
営業時間:9:30 ~ 16:30
休館日:月曜日(月曜が祝日の場合は営業しています)

入館料

大人 390 円、子供 130 円、幼児 無料(未就学児まで)
年間3回以上入館される方はフリーパスを購入された方がお得です。

フリーパス

大人 1,170円 、子供 390 円
入館料はすごく安く設定されています。我が家は家族四人なので全員で行っても約千円で済みます。ちょっとしたテーマパークにいくと一万円近くかかってしまいますよね。出費の多い夏休みですので入館料が安いのは凄く助かります!

クーポン情報

残念ながら現在クーポンは発行されていないようです。JAF 会員はオリジナルのステッカーが進呈されます。

アクセス

国道 16 号線より約 5.5 km、圏央道相模原愛川 IC より約 6 km
駅からは少し遠いいので、マイカーをお持ちの方でしたら車で行くことをオススメします。

電車

JR 相模原線「相模原駅南口」下車
「水郷田名」行きのバス乗車「ふれあい科学館前」下車徒歩 0 分

駐車場 95 台

お子様連れには便利ですが、無料ですので混雑することが多いです。開館時間を狙えば比較的空いています。

 

 

おすすめポイント


View this post on Instagram

つる子さん(@tsuruki2001)がシェアした投稿

猛暑でも雨の日でもOK

屋内がメインなのがおおきなメリットだと思います。

4つのゾーンにエリアが分かれており、「川ゾーン」は、名前の通り相模川をそのまま水槽にいれたゾーンです。「人ゾーン」は川と人とのつながりについて学べるエリアです。「生命ゾーン」では、ぬりえができたり小さな子供が喜ぶ配慮もしてあります。

そして最後に「情報・交流ゾーン」というエリアがあります。こちらではワークショップを行なっています。身近なアイテムで工作が楽しめます。たった今見てきた魚を創造する!子どもの頭にとても good です!

夏場は水遊びも!頭も体も使えます!

夏場は水遊びができるのも大きなメリットです。こちらに行く際は是非水遊びグッズを持っていかれることをオススメします。小学生が浮き輪をして入れるほどの深さのエリアもありますし、乳幼児の足首までしかない、せせらぎのエリアもあります。

水遊びは全て無料です。水着の子もいますし、洋服のまま入っている子もいます。オムツをして水に入っている赤ちゃんも見かけますし、ルールを示している看板や監視員さんなどもいないので、マナーの範囲で割と自由に遊べます。

湘南台文化センターで大型ドームプラネタリウム体験!混雑と入館料は?

体験談


View this post on Instagram

chieさん(@chie_mush)がシェアした投稿

水鉄砲とバケツを持っていけば我が家の子どもは、2 時間は無心で遊んでいます。蛇口やトイレはすぐ近くにありますがシャワー室などはありません。タオルをちょっと買いに行けそうなコンビニやスーパーも近くにありませんので、タオルや着替えも必ず持って行ってくださいね。

イベント

毎日 10:30 から「おさかなのブランチ」というイベントを開催しています。参加費は無料です。展示している生き物にスタッフが餌やりをし、餌を食べているところを見ながら様々な解説をして頂けるイベントです。あげる餌の種類やあげ方なども学べるため相模川で生き物をとって遊びたい方は予習に聞いてみるのもいいでしょう。

食事

館内には、残念ながら食事できるスペースはありません。周辺には車で 10 分ほどの場所にファミリーレストランがありますが、基本的にはなにもないエリアです。相模川に面した住宅街の中に位置していますので、お弁当持参されることをオススメします。

アクアリウムさがみはらの外は遊具はありませんが、広大な芝生の敷地がありますので、レジャーシートや簡易テントでお弁当を食べてる方が沢山います。

ひとことアドバイス

こちらの施設は小規模なので軽食を食べられるエリアすらありません。特に小さい子どもさんは急にお腹が減ってぐずったりすると思うので、お弁当や小さなスナックなどを携帯しておくと良いと思います。自動販売機は所々ありますし値段も良心的なので飲み物には困らないでしょう。授乳室やバリアフリーのトイレなど設備も充実していてきれいです。

夏休みは混雑を覚悟してください

夏休みは混雑しています。なぜなら、先ほども述べましたが、こちらの科学館の前では水遊びができるエリアがあります。水遊びスポットとして定着しているようで、科学館をみて、ついでに水遊びをするという流れで夏利用する方がとても多いです。

そういうわけで、夏はとても混んでいますが、時間帯によってはそう混んでいない時間もあります。それはお昼時です。12 時から 13 時頃は皆さんお昼に出るので比較的空いています。ゆっくり見たい方は上記の時間に訪れて見てください。

ショップ・グッズ

館内にミュージアムショップがあります。アクアリウム相模原オリジナルのイラストが書いてあるキーホルダーや定番のぬいぐるみ、クッキーなどのお菓子がおいてあります。価格帯はテーマパークよりは安いのでお財布に余裕がある方は、「アクアリウムさがみはら」の限定グッズをゲットしてください!

周辺情報

食事処はありませんが、「アクアリウムさがみはら」から徒歩 3 分ほどの場所に駄菓子屋さん「マミー」があります。昔ながらの珍しい駄菓子屋さんなので大人も大興奮します。また、水遊びに必要なバケツや水鉄砲、広場で遊べるボールや凧などの調達にもいいかもしれません。

まとめ


View this post on Instagram

Sayaka.Kさん(@sayaka98)がシェアした投稿

小さなお子さんを持つご家族にはおすすめの施設です。子どもだけでなく、大人も一緒になって学んだり遊んだりできることで、いつまでも記憶に残るものとなるのではないでしょうか。入館料もリーズナブルですし、お財布にもやさしい夏休をぜひ。

ナイトズーラシア2019お得なチケット割引・駐車場料金と混雑状況口コミ!

箱根小涌園ユネッサンへ行ってみた!お得なチケット情報と子供連れママの口コミ体験談

ソレイユの丘でおすすめは無料のじゃぶじゃぶ池!温泉浸かって癒し旅

スポンサー広告