【さくらんぼ狩り】長野県おすすめの農園と美味しく保存する方法

957a48f23bc1a17b7ef75cdf043cdfa0_s

『さくらんぼ狩り』ができる場所は、全国でも 50 件程しかなくフルーツ狩りとしてはとても貴重です。西日本も県民からすれば、『さくらんぼ』自体が貴重であり、「さくらんぼ狩りで食べ放題」なんて言われたら、テンション上がりっぱなしかもしれません。

普段そんなに食べない果物でも、ついついあれもこれもって、欲張りになってしまうのがフルーツ狩りマジックです。種類も様々であり、日本の『さくらんぼ』の歴史が約150年です。今回は、長野県の『さくらんぼ狩』りが楽しめる、おすすめ農園をピックアップしてみました。

 

長野県はフルーツ王国

『さくらんぼ』は長野?山形じゃないの!?」と思う人も多いのではないでしょうか。ワサビ、蕎麦、ワイン、野沢菜などなど、長野県は美味しいものがいっぱいで、イチゴ、りんご、ブルーベリー、プルーン、ぶどう、桃、そして『さくらんぼ』栽培が盛んなフルーツ王国です。

長野県は、高冷地で寒暖の差が大きく、また、年間降雨量が少なく晴天日も多く、特有の気候に恵まれていますので、一年を通して色々なフルーツが楽しめます。

さくらんぼの品種

7fe6ed83543fe37784a9cd1389c3471f_s

種類はとても多く世界では 1000 種類を超える『さくらんぼ』が栽培されています。国内だけでも 100 種類程あるいわれています。主な『さくらんぼ』の品種を紹介いたします。

【佐藤錦】

果肉は比較的軟らかく、果肉は乳白色で、果肉、果汁ともに多く、日本を代表する品種で『さくらんぼ』の王様ともいえます。

【豊錦】

【紅秀峰(べにしゅうほう)】

まだ新しい品種であり、果肉は黄白色で硬く日持ちも良く、酸味も控えめで佐藤錦に比べるとやや大きめです。

【花駒】

果実は大きく 7 ~ 8グラムです。果皮は濃紅色に着色し、果肉は佐藤錦よりやや軟らかくジューシーで糖度高く酸味も有り濃厚な味わいです。

【紅さやか】

ほどよい硬さがあり、果汁は多くジューシーです。薄い朱色のような果実が特徴で、アメリカンチェリーのような色の果実へと変わります。

【紅ゆたか】

果実は 10 グラムとさくらんぼの中ではやや大きめです。硬い果肉で日持ちは良く、糖度は 20 度以上で甘く果汁も多めです。

【紅きらり】

鮮やかな色のさくらんぼで、果実は 9 グラムとやや大きく、果肉の張りがあって糖度は約 19 度程度と高く、さっぱりとした甘さです。

【香夏錦】

果実は 6 ~ 7 グラムの中玉です。果肉は緻密でやわらかく、甘味が強く、店頭では、黄色みが少し残っているものもあれば、真っ赤なものも見られます。

【サミット】

日本一ともいわれており、ほとんど出回らない希少価値の高い品種です。果実は肉厚でやわらかく、酸味が少なめの品種です。贈答品として利用されています。

【紅夢鷹(べにむたか)】

大きさ 8 グラム程とやや大きく、果肉もやや硬く、甘味も強く酸味も少なく食べやすいさくらんぼです。

【マドンナの瞳(ひとみ)】

果実は大きめで果肉は軟らかく、果汁は多く、甘味は中で酸味は少ないので食べやすいさくらんぼです。

【南陽(なんよう)】

果実は 8 グラムから 10 グラムの大玉で食べ応えがあります。酸味は少なく甘味が多くて果肉は緻密でしっかりとしていてジューシーです。

【正光錦(せいこうにしき)】

福島県生まれのサクランボです。7 ~ 8 グラムほどとやや大きめの果実で、果肉は少しやわらかくてジューシーで甘味の強い品種です。

【香夏錦(こうかにしき)】

果肉はやわらかめで、6 グラム程のサイズです。糖度は高めでほのかな酸味があります。早生品種ですので市場に出回るのは 5 月から 6 月です。

【高砂(たかさご)】

アメリカのオハイオ州で育成されたさくらんぼです。日本には明治 5 年に導入された歴史ある品種です。糖度も高く酸味のバランスがとれた少し柔らかめの果実です。

【ナポレオン】

甘味と酸味のバランスがよく濃厚な味わいで、ヨーロッパでは古くから愛されているさくらんぼで、大きめのハート形をした果肉です。

【静御前(しずかごぜん)】

果実は佐藤錦よりも大きく8 〜 9グラムでやや硬く、甘味が強く、酸味が少ない濃厚でジューシーな品種です。

【月山錦(がっさんにしき】

中国の大連市で誕生した黄色いさくらんぼで、糖度が高く果皮が黄色で粒が 10 ~ 15グラムと大きいのが特徴です。

【北光(ほっこう)】

明治時代に北海道小樽市の農園で発見されました。果肉はやわらかめで糖度が高く濃厚な味わいと、黄色い地色に濃い赤色の果実が特徴です。

【大将錦(たいしょうにしき)】

果肉はとても硬く10グラム程の大玉で、糖度が 20 度以上もあり果汁も多汁が多いのが特徴です。

【紅てまり】

サイズが大きく果実は 10 グラム以上にもなります。甘味と酸味のバランスも良く果汁が多いのが特徴です。7 月上旬頃に収穫時期を迎えます。

 

長野県でおすすめのさくらんぼ狩り農園(値段とシステム)

おすすめの『さくらんぼ狩り』が楽しめる農園をご紹介します。料金やシステムは変更される場合もありますので、公式ホームページでチェックすることをおすすめします。

 

信州なかの観光協会

858897a1e889d728d2aba56f835f2386

中野市は、長野県の中でハウスさくらんぼの生産量はトップで、30分食べ放題が人気です。毎年6月中旬には「さくらんぼ狩りまつり」を開催されています。

・料金【大人】 2,000円 【小人(3~5才)】500円

・システム: 30 分食べ放題

・住所:長野県中野市中央2-2-6

 

代田農園

83e4aae2e77ee447c524aa59219e408a

土壌管理と、減農薬栽培にこだわり、広大な農園に 8 種類、100 品種以上のフルーツが栽培されています。大型ビニルハウスで雨天でも安心で快適に楽しめます。

・料金【大人(小学生以上)】2,300円 【小人(小学生未満)】1,200 円

・システム: 30 分間食べ放題

・住所:長野県下伊那郡松川町大島1054

 

小野りんご園

ccb23a50ad5f10324056bd851eb4a5b3

化学肥料や除草剤を使わず減農薬栽培にこだわり安心の『さくらんぼ狩り』は、6月上旬から楽しめます。その他、ぶどうやリンゴ狩りもできるフルーツ農園です。

・料金【大人】1,800 円【小学生】 1,400 円【幼児】 1,000円【 2 歳以下】無料

・システム: 30 分間食べ放題

・住所:長野県中野市吉田1223

 

山崎農園

1d027375bdc2b83d46e77b96ac082e32-jpg

たくさんの種類のさくらんぼを栽培されてあり量も豊富です。さくらんぼ狩りがしやすいよう低い木で栽培しているのも特徴で、6 月の上旬から 7 月の上旬に楽しめます。

・料金【一般(小学生以上)】1,600 円 【小人(小学生未満)】1,000円

【3歳以下】無料

・システム: 30 分間食べ放題

・住所:長野県上高井郡小布施町小布施2051

 

ささ園

2f530dc9fe98e2860f3ae825667460f6

山形県から苗を取り寄せ栽培しているさくらんぼです。入園無料で時間制限もありませんので、ゆっくりさくらんぼ狩りを楽しみたい人におすすめです。

・料金:入園料無料

・システム:時間制限なしで摘みとった分量り売り。100 グラムあたり 378 円〜

・住所:長野県東筑摩郡山形村3487-1

 

大石農園

46adfb08c1181f774564514817243352-jpg

果樹栽培 100 年を超え、エコファーマーにも認定されている農園です。桜桃、佐藤錦、山形美人、紅秀峰などが栽培されており、30 分で食べ比べができます。ネット予約もできます。

・料金【大人・小人(小学生以上)】2,300 円【幼稚園・保育園児】1,200円

【未満児】無料

・システム: 30 分 園内食べ放題

・住所:長野県下伊那郡松川町大島2494

 

武六園

e6d8ab14358c2d0fdebcb3f50880713c-jpg

北信五岳を眺めることができ、ビニルハウス内で雨の日でも安心して楽しむことができます。メールか電話の事前予約で大人のみ 2 割引となるうれしいサービスがあります。

・料金:【大人(小学生以上)】2,000 円【小人( 3 歳以上小学生未満)】500円

・システム: 30 分間食べ放題

・住所:長野県中野市竹原1060

 

まるもと大場農園

e0f9d85e54d99b4c1cb51ed5228eac7d

さくらんぼの他に、リンゴやプルーンも栽培されている大農園です。化学肥料をおさえ、有機質の肥料を使って育てられたフルーツが堪能できます。

・料金【大人(小学生以上)】2,300 円 【園児】1,200 円

・システム:30 分間食べ放題

・住所:長野県松川町元大島5049-1

 

香山農園

50b4f3f1cdecf6b28099fabb9751702a

長野県認定のエコファーマーを取得し、安心安全の栽培にこだわった農園です。電話のみでの完全予約制です。

・料金【大人(小学生以上)】2,300 円【子供(園児)】1,200 円

・システム:完全予約制 30 分間食べ放題

・住所:長野県下伊那郡松川町元大島5101-3

 

信州フルーツランド 信州中野インター店

fcbd59ba3561b458e3131948b59426e8-jpg

さくらんぼ、桃、リンゴ、ぶどうなどのフルーツ狩りを楽しむ他、食事処も併設されています。フルーツはお土産として購入もできます。

・料金:【大人(小学生以上)】1,620 円【未就学児(3~5歳)】810 円【1~2歳】無料

・システム: 30 分間食べ放題

・住所:長野県中野市草間安源寺境1356-1

 

持ち帰ったさくらんぼを美味しく保存する方法は?

f337160ef281762c64cb13bd4074ca36_s

『さくらんぼ』は、小さくて皮も薄く傷つきやすくてデリケートですので、とても気を遣う果物です。高級品ですし、少しでも長く保たせたいし、美味しくいただきたいものです。

『さくらんぼ狩り』に行って持ち帰り、その日にうちに食べたらいいのですが、もう少しとっておきたいですよね。しかし、『さくらんぼ』は、収穫してから 3 日までが美味しくいただける期間です。

持ち帰った『さくらんぼ』を、冷たくして食べたいからと、冷蔵庫に保存するのは NG です!常温または、通気性のいい器に入れ濡れ布巾などをかぶせて乾燥から守ります。

たくさんいただいた、買い過ぎたなど、3日以内で食せない場合は冷凍保存でもベターです。通常の『さくらんぼ』の食感とは違いますが、アイスさくらんぼとして楽しめます。また、ジャムやソース、アイスクリームやお菓子の材料として利用するのも OK です。

 

まとめ

『さくらんぼ狩り』が楽しめる期間は約 1ヶ月と短く、長野県では初夏の風物詩でもあります。また、高価で貴重ですので、『さくらんぼ狩り』ができるとは、羨ましがられるはずです。しかも食べ放題が体験できるとは!大自然の中で食べる『さくらんぼ』はまた格別ではないでしょうか。

【イチゴ狩り】おすすめの神奈川県ランキング|穴場スポット2019

【いちご狩り】静岡県久能山のおすすめスポットを紹介|時期や料金は?

いちご狩り栃木県ランキング/おすすめ穴場スポット2019

マザー牧場で夏休みイベント「ブルーベリー狩り」の後はジンギスカンの食べ放題